スポンサーリンク

中高年必見!2020住みたい田舎ベストランキング掲載本発売!

スポンサーリンク

2020年の「住みたい田舎」ベストランキング 宝島社様から発売!

スポンサーリンク

第8回2020年版田舎に住みたいランキング

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今年もやって参りました。

年明けと共に発売される「田舎暮らしの本」

この「田舎暮らしの本」は株式会社宝島社が、毎月発行している月刊誌になります。

そしてこの「田舎暮らしの本」は2013年の2月号から発表している、田舎に住みたいランキングで、あらゆるデータの集計によりまとめたランキングになります。

2019年のランキング記事はこちらになります。↓

集計内容

今年の「田舎暮らしの本」のランキングの方法は、移住定住に積極的な市町村を対象にしています。

そしてアンケートを230項目、就労支援(仕事)、移住支援策、子育て、医療、自然環境、移住者数など実施しました。

全国の有効回答の629自治体から回答を得て、その解答をもとにして、ランキング用に数値化したものになります。

細かいカテゴリー

田舎暮らしの移住にも、それぞれの考えやライフスタイルがあります。

年代によっても、家族で暮らし人や、夫婦2人だけで住みたい人や、1人で静かな大自然の中暮らしたい人などいますよね?

なので【若者世代部門】【子育て世代部門】【シニア世代部門】【前世代の総合部門】という部門別でも分かれています。

そして2つの大きなカテゴリーにも分けられています。

●自然もあり、近くに利便性もある人口10万人以上の【大きなまち】
●周りが人の少ない自然の多い、人口10万人未満の【小さなまち】

このようにわけてあるので、とても参考にしやすいデータになっています。

ランキング内容

当ブログでは順位は明かせませんが、このような感じのとても参考になる、結果データになっているで、とても興味深いモノになっております。

■小さなまちランキング■

【若者世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【子育て世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【シニア世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇 (シニア世代部門2年連続1位!仕事・婚活などの200の支援制度がある)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【総合部門】
第1位〇〇〇 (総合部門2年連続1位!子育て支援も充実し、手厚い支援の移住先進地。)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

■大きなまちランキング■

【若者世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇 (若手移住者も起業)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【子育て世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇  (官民と地域のワンチーム体制で支援)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【シニア世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇  (「生涯活躍のまち」の構想も推進)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【総合部門】
第1位〇〇〇 (全国で上位の医療環境)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2020年版 住みたい田舎ベストランキング」より

「田舎暮らしの本」2月号詳細

■品名

・田舎暮らしの本 2月号

■発売日

・2020年1月4日発売中

■価格

・定価:820円(税込)

■発行元

・株式会社宝島社

まとめ

今の時代の人口の流れは急速に大都市集中型になってきてます。

そして地方は限界集落になっていき、どんどん地方で住むには厳しい時代です。

しかし今の若い世代や私のような中高年の間ではフリーランスとして独立し、「ネット環境があれば全国どこでも仕事ができる」ような時代にもなってきています。

地方もそのような「移住者を受けいれる準備」をすれば、より違う地方未来になるかもしれません。

通信技術もこの先新しい通信システム世代の「5G」になり、よりインターネットのさらなる開発や、仕事が生まれてくるでしょう。

それを見越して今からインターネット関係を勉強し、ゆくゆくは田舎に暮らしながらも、仕事もしっかり安定してできるようになれば、移住者と移住先ともにWINWINの関係になりますね。

お金を得るには仕事をしなければいけません。

そこが田舎暮らしを妨げる難関だったりもします。

そこで昨今テレビでも紹介されている【地域おこし協力隊】もいいですね。

横のつながりも出来て困った時でも助け合う事ができる、場合によっては住む所の提供など、いろいろメリットがあります。

田舎移住を目指している私も、楽しみのある人生を迎える為に、日々勉強の毎日です。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!