スポンサーリンク

中高年でもわかる【車検を安くする方立ち合い1日車検とは】#1

スポンサーリンク

【2020車検を安くする方法!楽天車検で立ち合い1日車検】

スポンサーリンク

車検にもいろいろあります。

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

私も【車検】の時期がやって参りました。

車を公道で走らせる場合絶対に受けないといけない検査です。

さて【車検】というと自分で整備して持ち込みで受ける人、何もわからないから買った所ディーラー】【カーショップ】【ガソリンスタンド】【車検】を任せてる人もいるでしょう。

そうすると「いろんな物を交換してください」と言われるでしょう。

タイヤの溝が・・・バッテリーが・・・〇〇オイルが・・・ブレーキパッドが・・・と言われるでしょう。

もちろん新しい物に交換するのは良いことです。

ただそこまで【緊急】でもないもの含まれてます。

でもあちらも【商売】色々交換して、新しい物を交換して利益を出してます。

そこで車検の値段が上がるわけです。

車検の費用を安くするには?

その中で少しでも安く車検を済ませたい人もいると思います。

一番安いのは自ら車整備して事務手続きして、陸運局に行き車検を受けるのが一番安いです。

でもこれだと整備知識も必要だし、陸運局に持ち込みしないといけないし、必要書類も揃えないといけません。

かなりハードルが高いと思います。

【ユーザー車検】とは自動車のユーザー(所有者)自分自身が点検して、国の検査場に車検(継続検査)を受けに行く事です。

そこで私が20年以上利用してる【立ち合い1日車検】をおすすめします。

そもそも【立ち合い1日車検】とはなにかというと

ここでポイント!立ち合い1日車検とは?

ユーザー=ユーザー車検業者とういう【委任できる】システムがあるのです。

そこで委任された第3者(ユーザー車検業者)が検査を受ける事ができます。

ユーザー(自分自身)=ユーザー車検業者が代理をしていることになります。

このシステムが【立ち合い1日車検】なのです。

点検整備を業者がやってくれて、その工場で陸運局と同じ検査を行い、その後の書類手続きもやってくれるので、実際私自身は車検に立ち会うだけでその工場で1時間待っていれば車検完了になります。

楽天車検を利用するとポイントも付く

そして楽天車検を利用すると楽天ポイントも付くので、もし車検を受けるなら楽天車検を利用する事をおすすめします。




車検の費用が安いお店、クレジットカードが使えるお店、近くて夜までやっているお店
など、各種条件で車検のお店を検索&予約ができます【楽天車検】

次に続きます

合わせて読みたい記事

次へ>

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!