スポンサーリンク

中高年でもわかる節約車検を安くする方法の立ち合い1日車検とは

スポンサーリンク

【2021車検を安くする方法!楽天車検で立ち合い1日車検】

スポンサーリンク

車検にもいろいろあります。

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

私も毎度の事ながら【車検】の時期がやって参りました。

車検というのは、車を公道で走らせる場合【絶対に受けないといけない検査】です。

さて【車検】というと自分で整備して持ち込みで受ける人、何もわからないから買った所【ディーラー】【カーショップ】【ガソリンスタンド】【車検】を任せてる人もいるでしょう。

そうすると「車検時にいろんな箇所の部品を古くなっているので交換してください」など言われるでしょう。

タイヤの溝が・・・バッテリーが・・・〇〇オイルが・・・ブレーキパッドが・・・

もちろん新しい物に交換するのは良いことです。

ただ通常の車検においてそこまで【緊急】でもないもの含まれてます。

でも車検をする側のあちらも「商売」なので車検を機に色々交換して、新しい物を交換して利益を出してます。

そこで通常のお任せ車検の時に値段が上がるわけです。

車検の費用を安くするには?

その中で車検は少しでも安く済ませたい人もいると思います。

私もその中の一人です。

一番安いのは自ら車整備して事務手続きして、陸運局に行き車検を受けるのが一番安いです。

でもこれだと整備知識も必要だし、陸運局に持ち込みしないといけないし、必要書類も揃えないといけません。

これを自分で行うには、かなりハードルが高いと思います。

【ユーザー車検】とは自動車のユーザー(所有者)自分自身が点検して、国の検査場に車検(継続検査)を受けに行く事です。

そこで車検を安く簡単に出来る方法が私が20年以上利用してる【立ち合い1日車検】をおすすめします。

【立ち合い1日車検】とは何か?

ここでポイント!立ち合い1日車検とは?

車検にはいろいろなやり方があります。

ユーザー=ユーザー車検業者という【委任できる】システムがあるのです。

そこで委任された第3者(ユーザー車検業者)が検査を受ける事ができます。

ユーザー(自分自身)=ユーザー車検業者が代理をしていることになります。

このシステムが【立ち合い1日車検】なのです。

点検整備を業者がやってくれて、その工場で陸運局と同じ検査を行い、その後の書類手続きもやってくれるので、実際【私自身は車検に立ち会うだけ】その車検場で1時間待っていれば一日で車検完了になります。

基本、【立ち合い1日車検】の工場は【民間車検工場】と呼ばれ法律で定められた設備や技術の一定基準を満たして国から指定を受け、国の検査場と同じ自動車検査のできる民間の整備工場です。

つまり【国からちゃんと認定】を受けてる工場になるので安心です。

楽天車検を利用するとポイントも付く

そして楽天車検を利用すると楽天ポイントも付くので、もし車検を受けるなら楽天車検を利用する事をおすすめします。




車検の費用が安いお店、クレジットカードが使えるお店、近くて夜までやっているお店
など、各種条件で車検のお店を検索&予約ができます【楽天車検】

立ち合い1日車検の受け方

それでは実際の立ち合い1日車検の流れを説明します。

【持っていく物】

・車両本体
・印鑑(認め印OK)
・納税証明書(4月に払う自動車税)
・車検証
・自動車損害賠償責任保険証明書
(自賠責)
・車検費用

立ち合い1日車検を安くするためのポイント

ここで立ち合い1日車検において安くできるポイントになります。

基本【立ち合い1日車検】をやってる業者にあらかじめ電話して【予約】を取ってください。

この予約する事も立ち合い1日車検の安くなるポイントです。

そして【立ち合い1日車検】のポイントは、その日の1時間程度で終わるので代車費用もいらないので安くなります。

予約も取れ、持ち物チェックも終わったら後は当日に車に乗っていき受付です。

立ち合い車検は何をする?当日の流れ

予約の日になったら、車検の予約を取った所に行きます。

受付にて持ってきた書類などを確認してもらって、鍵を渡して後は呼ばれるまで待ちます。

数分後呼ばれ実際の車を見ながら交換箇所など説明してくれます。

これがよく聞く【立ち合い車検】とも言われるものです。

基本何もなければそのまま説明を受けて、また待合室に戻って待つだけです。

もし交換が必要で車検が通らない箇所はその場で直してもらいましょう。

基本交換するのはあまりないのでエンジンオイル、フィルター位です。

私の所は大体サービスでやってくれます。




車検の費用が安いお店、クレジットカードが使えるお店、近くて夜までやっているお店
など、各種条件で車検のお店を検索&予約ができます【楽天車検】

車検での交換部品

なにも交換しないのは気が引けるので、毎回ブレーキオイルは交換してもらってます。

ほんと交換するものあまりありません。

たとえバッテリーが弱っていて交換時期が来ててもその工場で交換しなくても安いカーショップで交換してもいいのです。

交換箇所などは整備士の方が教えてくれるので遠慮なく

「じゃぁカーショップで後で交換しておきます^^」

と言っても大丈夫です。

大体交換が多いのはバッテリーとかタイヤとかブレーキパッドとかなので、他のカーショップの方が安いですからね。

ただし【ランプ切れ】【ワイパーのゴム不良】などは車検が通らないのでそこら辺は整備士の人と話し合って交換してください。

私の所は勝手に整備士の方が交換することはないので安心です。

そして1時間後お金を払って車検終了です。

合わせて読みたい【図解付解説で簡単!楽天車検の予約方法お得に車検をする】

立ち合い車検の金額は?

今回私が受けたのは軽自動車になります。

私は昔3ナンバーや4WD車や5ナンバー車も乗っていた経験があり、これらの車検もお世話になっており価格はやはりディーラーより安いです。

■立ち合い1日車検 軽自動車の車検料金

公的費用:【32,770円】

車検費用&交換費用&手数料:【24,732円】

総支払合計税込:【57,502円】でした。

これでも今回ワイパーのゴムが切れていたので、その場で交換してもらいました。

あとブレーキオイルの2か所のみの交換でこの料金になります。

もちろん交換箇所がなければもう少し安くなります。

車検代と手数料と公的費用のみになりますからね。

タイヤはそろそろ溝が浅くなってるので交換時期は近いと言われました。

タイヤは後日カーショップにて安い所を探して交換しようと思います。

立ち合い1日車検はあっという間に終了!?実際どの位時間がかかったのか?

今回私の場合は【AM9:30】に受付をして、終わったのは【AM10:40】位なのでかなり早いし、安いし、大満足です。

車検に合格すれば、その場で【保安基準適合標章】をフロントガラスに貼ってくれます。

【車検証】は後日郵便で送られてきます。

なのでその場から車に乗って家に帰る事ができます。

私はこの方法で車検を20年以上前の昔からやってきました。

通常のディーラーやガソリンスタンドの車検では味わえないスピードと安さを実感できると思います。

まずはネット検索で【立ち合い1日車検】と打って近所の整備工場に電話してみて相談してみてくださいね。

そして楽天車検を利用すると楽天ポイントも付くので、もし車検を受けるなら楽天車検を利用する事をおすすめします。




車検の費用が安いお店、クレジットカードが使えるお店、近くて夜までやっているお店
など、各種条件で車検のお店を検索&予約ができます【楽天車検】

そして後日・・・

無事【車検証】も郵便で自宅に送られきてすべての車検が完了しました。

それでは安全運転で良いカーライフを!

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!