スポンサーリンク

#3【車検を安くする方法 気になる費用の紹介】

スポンサーリンク

中高年でもできる!車検を安くする方法

スポンサーリンク

【ユーザー車検の受け方】

無事業者のお店で整備士さんと立ち会って説明を受けるだけで車検終了です。

基本、【ユーザー車検】の工場は【民間車検工場】と呼ばれ法律で定められた設備や技術の一定基準を満たして国から指定を受け、国の検査場と同じ自動車検査のできる民間の整備工場です。

つまり【国からちゃんと認定】を受けてる工場になるので安心です。

【そして気になる金額です。】

今回は軽自動車になります。

私は昔3ナンバーや4WD車や5ナンバー車も乗っていた経験があり、これらの車検もお世話になっており価格はやはりディーラーより安いです。

公的費用が32,770円

車検費用&交換費用&手数料が

24,732円

総支払合計税込み57,502円でした。

今回ワイパーのゴムが切れていたのでその場で交換してもらいました。

あとブレーキオイルの2か所のみの交換です。

もちろん交換箇所がなければもう少し安くなります。

車検代と手数料と公的費用のみになりますからね。

タイヤはそろそろ溝が浅くなってるので交換時期は近いと言われました。

あっという間に終了!?

今回AM9:30に予約をいれて、終わったのはAM10:40位なのでかなり

早いし、安いし、大満足です。

車検に合格すれば、その場で【保安基準適合標章】をフロントガラスに貼ってくれます。

車検証は後日郵便で送られてきます。

これで車検を20年以上前の昔からやってきました。

ディーラーやガソリンスタンドでは味わえないスピードと安さを実感できると思います。

まずはネット検索で【ユーザー車検】と打って近所の整備工場に電話してみて相談してみてくださいね。

そして後日・・・

無事車検証も郵便で送られきて完了しました。

それでは安全運転で良いカーライフを!

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!