スポンサーリンク

田舎暮らし東京観光ダイバシティーお台場のユニコーンガンダム実物大

スポンサーリンク

実物大のユニコーンガンダムと写真撮影

田舎暮らしデーターベース東京お台場

「田舎暮らし」とはいえ東京都の西側の山奥に移住した場合、バスや電車を利用すれば行けるのが、東京都に住みながら田舎と都会の両方を味わえる立地です。

その中今回はお台場の「機動戦士ガンダムUC」で有名なユニコーンガンダムの実物大と写真を撮ってきました。

このユニコーンガンダムの実物大は以前2017年3月にファーストガンダムRX-78-2(アムロが搭乗してた一番有名なガンダム)の後継の建物になります。

ファーストガンダムは全高約18メートルにたいして、ユニコーンガンダムは全高約22メートルと大きく、圧巻の大きさに驚きます。

ユニコーンガンダムとは

【機動戦士ガンダム】から続く「宇宙世紀」を舞台とした物語の新章が【機動戦士ガンダムUC】でその物語の代表機がユニコーンガンダムです。

このユニコーンガンダムは変形(デストロイモード)をすることでも知られていて、夜のライトアップ時にもいい演出をしてくれます。

ユニコーンガンダム ユニコーンモードのスペック

型式番号 RX-0

英語表記 UNICORN GUNDAM(UNICORN MODE)

全高   19.7メートル

本体重量 23.7t

ユニコーンガンダム デストロイモードのスペック

型式番号 RX-0

英語表記 UNICORN GUNDAM(DESTROY MODE)

全高   21.7メートル

本体重量 23.7t

行った時のフォトグラフ

行ったのは夕方だったのでいい感じに西日に照らされております。

この状態が通常のユニコンモードです。

機体はかなり精巧に作られていてどこから見てもクオリティーの高さを感じられます。

こうやって他に建物が見えないとより、リアルに今にでもこの森の中を動きそうな感じに見れますね。

実際私のカメラの後ろには近代的な建物があり、撮り方次第でこのような感じに見えます。

しかも下の方は人が多くて、人が被写体に入ると雰囲気がが薄れるので、あえて下の部分をカットしてます。

時間によってデストロイモード変形します。

夜だともっと映えるんですが、この後予定が有るため、このギリギリの撮影だけしてこの場は離れました。今度は夜にきて撮影してみようかと思います。

ビルと一緒に撮ると市街戦みたいにかっこいいですね。

「実際ガンダムがこんな感じで市街地を動きまわったらと…」勝手に妄想してしまいます。

こちらも後ろまで作りに凝っていますね。

バックパックからの噴射口も光っており、リアル感が出てます。

あえての逆光で撮ってみました。

ガンダムはおっさんになってもテンション上がるコンテンツの1つですね。





ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】

アクセス

住所 東京都江東区青海1-1-10ダイバーシティ東京プラザ内2Fフェスティバル広場

電車

りんかい線 東京テレポート駅 徒歩5分

ゆりかもめ   台場駅 徒歩5分

田舎暮らし&移住ランキング上位まとめ住みやすさデータベース



<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!