スポンサーリンク

メルカリで配送中に破損があった場合の方法と補償までのやり方

スポンサーリンク

何かと便利なメルカリですが配送トラブル

配送トラブルの対処方法

いまフリマアプリって便利ですよね。

新品を安く買えたり、いらない物を売れたりと、とても便利でお得なアプリですね。

そんな中、有名なメルカリにて破損トラブルの発生です。

この前ある物をメルカリで買って送ってもらったのですが…

到着してみてみると…なんと!外箱の角が盛大に凹んでいました。

もちろん出品の画像を見ると、その凹んでる所は綺麗になっているので、これは配送中に落として凹んだものだと思いました。

メルカリ便を利用すると配送時のトラブルの補償が受けられます。

そこでこの破損状態からメルカリ運営の補償までの流れを紹介したいと思います。

まず家に届いた時

こんな感じに商品の角が大きく凹んでおります…

これを見た瞬間悲しくなりました。

もちろん、このまま送られた訳では無く、外側は普通に梱包してありました。

最初はこのまま泣き寝入りをしようと思ったのですが、外箱も完品も状態で購入したのに、手元に届いたらこの始末に納得いかなかったので、運営に報告する事にしました。

配送時に破損があった場合の手続き

これは到着後、取引の受理手続きが終わってしまった時も(取引メッセージのやり取りができない)、まだ受け取りの受理確認をする前(取引メッセージのやり取りが可能)でも、手続きが可能な方法です。

※あくまで私の場合なので、その他の状況により運営の対応は変わると思います。

まずは出品してある写真と手元に届いた時の現物の再確認をしましょう。

もしかしたら出品時の段階ですでに傷がある時もあるので、自分の見落としてる部分がないか確認しましょう。

見比べて明らかに「出品時には無い傷」がある事を確認したら手続きに進みます。

そこで「受理手続き」をまだしていない場合は、相手方にまだ連絡がつくので、購入した相手方に取引メッセージにて、「発送時に傷は無かったか?」の確認をとっておくと、話は早く進みます。

受理してしまって、相手側に連絡が取れなく、後から破損に気付いた場合はこのまま進んでください。※メルカリ運営は「商品ID」がわかればすぐに取引内容はわかるようになってるようです。

最後に運営側に問い合わせするさいに、写真を添付する所があるので、証拠となる破損分の写真を撮っておきましょう。

添付写真は最大4枚送る事ができるので、破損具合がしっかり伝わる写真を撮って、あらかじめ4枚を考えておきましょう。

問い合わせの操作方法

1・この初期画面の「赤く囲った」所をタップしてください。

2・左からタブが出て来ますので、「お問い合わせ」をタップします。

3・タップしたあとこの画面の「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップします。

4・「取引中の商品について」をタップします。

5・現在トラブルになっている商品を探して該当する所をタップします。

6・選択した商品を確認したら、赤い囲いの「商品が届かない・配送中の破損」をタップします。

7・「お問い合わせ」をタップします。

8・「お問い合わせ内容」に今回のトラブルを書いていきます。

私の場合、「出品の画像を見ると綺麗な外箱ですが、家に届いたら凹んで届きました。配送中にできた傷ではないでしょうか?この場合どうしたらいいでしょうか?」

と内容を書きます。

9・最初に「破損具合がわかる写真」用意してもらってると思うので、現品の破損した箇所の写真を添付して下の赤い所の「送信する」をタップします。

写真の添付は最大4枚送る事ができますので、できるだけ破損具合がわかるように写真を撮って添付してください。

この写真があると運営側を状況を把握しやすく、手続きもすんなり進みます。

現物の写真が無いと、文字のみになってしまうと状況もわからなければ、証拠も無いため手続きに時間はかかります。

運営側の対応を待つ

問い合わせから、写真添付まで終わると数日中に運営側から連絡がきます。

重要ポイント!

この時に買った相手側に「発送した時に該当箇所に傷は無かったのか?」を聞いておかないといけません。

そこで相手方の反応がないと、このような感じで相手方の返事まちのメールがきます。

相手方が「発送時には傷は無かった」と、取引メッセージで確認が取れたら、この後運営は動いてくれますので、相手側の確認はとっておく方が話は早いです。

受理してしまって、連絡が取れない状況でも運営が代わりに相手側とやり取りをしてくれます。

相手側も「発送時は綺麗な状態で発送した」と確認がとれたらこのようなメールが来て完了です。

まとめ

このようにして「メルカリ便の補償」を受ける事ができましたが、せっかく状態がいい商品を買っても、配送中に落とされて傷物になってしまっては、買った意味がありません。

こんな荷物の扱われ方をされると手間もかかりますし、いい気分にはなりません。

なので外側の箱なども大切にしたい場合は、購入するさいに相手方に「四つ角の補強」のしっかりした梱包を、お願いするしかなさそうなので、このトラブルにならないように購入するさいは、一言「四つ角補強の梱包」のお願いをしておくといいかもしれません。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!