スポンサーリンク

マウスのクリックが勝手に動いて選択やダブルクリックする原因と対処

スポンサーリンク

いきなりマウスの誤作動(チャタリング)が始まりました。

なんの前触れもなく

普段何気なく使ってるパソコンのマウスですが、ここ最近いきなりマウスの挙動がおかしくなりました。

前回ご紹介したメインで使ってるLogicoolのG300sではない無線マウスなんですが、突然普通にクリックしたと思ったら、ダブルクリックになっていて、いきなり画面にいろんなウィンドウが出てきてしまいました。

俗に言う「マウスチャタリング」というやつです。

また違う症状も出てきて、マウスのカーソルが違う所に飛んでいたりと、通常で使うのに大変になったので、いろいろ調べて解決したので、その原因と対策を紹介します。

いろんなマウスの誤作動(チャタリング)

■勝手にダブルクリックする。

勝手にダブルクリックがかなり厄介で、いきなり物事を決定してしまうため、かなり危険でした。

カーソルが指定した所から気付くと勝手に違う所に移動してる。

ふと気づくと違う所から文章を打ってしまう。

コピーペースト中のコーピーが上手く選択されず、勝手に違う所まで選択する。

上手くコピペができなくてイライラして作業が全然進みません。

などのいろんな誤作動が起こっているのですが、小さな誤作動も何回も積み重なるとかなりのストレスになりました。

もっと早く対処しておけばよかった(泣)

当初、この現象がマウスなのか?パソコンなのか?原因がわからずその原因を調べる事が面倒で後回しにしていました。

根本的な原因探し

■誤作動がマウスなのかパソコンなのか?

■マウスのドライバーが原因なのか?

・ドライバーの入れ直しで直る場合もあります。

■パソコンでのコントロールパネルでのマウスの設定が原因なのか?

・コントロールパネルの設定の確認で、デバイスのマウスのプロパティの設定を確認

■ノートパソコンの場合タッチパッドの不具合なのか?

・こちらもマウスのプロパティ設定から確認してON・OFF切り替えをしてみる。

■マウスの光学式のレンズが原因なのか?

・レンズの掃除などしてみる

■マウスその物の故障なのか?

・USBの抜き差しやマウス本体のON・OFF

などなど、原因を挙げたらキリがない状態だったので、なかなか原因を探るのが面倒でした。

そして重い腰をあげてみたら、根本てきな原因究明は簡単でした。

ただ誤作動になってるパソコンで、家にある「予備のマウスをつけ比べ」をするだけでした。

パソコン自体がおかしいならマウスを変えても、ダブルクリックの誤作動は起きますが、その誤作動が起きなければ、マウスの問題がわかります。

よく考えれば簡単な事なんだけど、こういうのを面倒くさがってしまいますね(泣)

しかしこれで解決したわけではありません。

原因がマウスなのでマウスをなんとかしなくてはいけません。

マウスの何が原因だったのか?

原因はマウスなので、マウスのトラブルで考えられる原因(チャタリング)を簡単な方から探っていきました。

ちなみに今回の調子が悪い、私のマウスは無線マウスです。

いろいろ考えられる原因を簡単な直しからやっていってましたが、なかなか症状が治らず…

なかなか改善されず…

とうとうドライバーの入れ直しなど、やるしか無いのかなと思っていた所、最初やった簡単な改善方法にもう一つ作業を加える事で直りました。

それは、電池の抜き差しです。

どうやら無線のマウスは電池を抜いても少しの間、静電気がマウス内部に残っておりその状態だとマウス側は電池が抜けてるとは認識していないようで、誤作動の状態を維持していたようです。

なので電池を抜いて、数回マウスを連打して数秒放置する事により、帯電していたマウス内の電気も放電して電池が抜けた状態になるというのです。

これでやると、マウスの誤作動(チャタリング)は直りました。

まさかこんなあっさり簡単に直るとは…もっと早く調べて解決しておけばよかったと後悔(泣)

他にもいろいろ原因がある場合は

あとはマウスのドライバーの入れ直しなどで、それがダメなら本体の寿命か基盤上での接触など本体の不具合の可能性ですね。

いろんな所を調べていたらこういう物も見つけたので、もし直らなかったら、試してみてはいかがでしょう。

パソコン関係の強い味方「窓の杜」でこいうものあったので載せておきます。

■「ChatteringCanceler(マウスチャタリングキャンセラ)」

古いマウスなどで起こる「チャタリング」と呼ばれるマウスの誤作動を、ソフトウェア的に修正できるという便利なソフトです。

本ソフトは、常駐してマウス入力を監視し、クリック間隔が極端に短いダブルクリックをシングルクリックとして自動修正する仕組み。マウスの各ボタンそれぞれについて、チャタリングと判定するクリック間隔をミリ秒単位で指定できる。監視の有無もボタンごとに指定可能だ。また、クリック間隔での判定方式ではマウスドラッグに支障が出るような場合に、クリック後のボタンの状態から判定する方式を3種類の中から選択できる。

窓の杜から抜粋

窓の森 「ChatteringCanceler」サイト

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/chattecancel/

まとめ

マウスは使い慣れると、なかなか新しいマウスに変える気に慣れないので、できれば慣れたやつを長く使いたいですね。

今回のマウスの静電気(帯電)はパソコン回線のモデムやルーターの誤作動の直し方に似てますね。まさかマウスにもこういった帯電での誤作動があるとは思いませんでした。

いい勉強になりました。

一般的なマウスは意外と初期の形(一部を除き)を保ってここまで来てますね。ある意味完成された造形って事ですよねぇ凄い凄い!

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!