スポンサーリンク

毎日更新を経て1000記事達成!ブログ継続のコツと成果感想とサイトの今後

スポンサーリンク

毎日更新を経て1000記事達成!ブログ継続のコツと成果感想とサイトの今後

スポンサーリンク

ブログ継続の結果1000記事達成

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

私がブログを始めたのは2018年2月で、それから今年で当サイトも4年目に突入しました。

当初は無料ブログで始めましたが、今後の事も考えて無料ブログから有料サーバー契約&独自ドメイン契約をしてワードプレスにてお引越しして本格的にブログを日々書き始めました。

最初は軽い気持ちで始めたブログですが、いつの間にか本格的にサイト運営としての生活になり動いて今まできました。

40代で私は独学で0からブログを始め、文章を書くのが大の苦手で学生の頃は400文字の作文用紙を書くのでさえ相当嫌で、文才の能力は0に近かったですが、そんな私が今まで記事を外注に出す事も無く全部自分でコツコツと記事を書いてきました。

ワードプレス ダッシュボード画面 投稿数 参照

そして今回の記事で1000記事達成しました。

その1000記事の達成の間には、企業様の企業用ホームページの立ち上げ制作と毎月の継続管理を請け負う事もできるようになり、私の生活も40代の無職(介護離職)で親の介護をしながら在宅でも出来る事が増えて、生きていく上での生活も良い方向へと大きく変わりました。

今回で記事で1000記事になったので【ブログ継続のコツのお話】や、前回の記事でもお話した【サイトのリニューアルの情報】や、【1000記事書いた時のトータルの成果】など皆さんへシェアしていこうと思います。

200万文字の積み重ね1文字1円なら200万円!?ブログは財産

今の社会の流れは副業という流行りもあり「副業をブログでスタート」「取り合えず100記事目標」「ブログで月〇万円稼ぐ」などの情報の元、ブログを始めた方も多いと思います。

私は本格的にブログを始めてから毎日午後18:05にブログの更新を続けていき、塵も積もれば山となり1000記事になりました。

例えば単純計算で、もしこの記事数を私が外部から請け負った場合、1日1記事書いて1000日かかり、私の記事数は1500文字~2000文字位が1記事の平均文字数なので単純に1000記事書いたという事は全文字数で、1,500,000~2,000,000文字(150万文字~200万文字)にもなります。

外注の文字単価の相場で初心者で1円としても200万文字=200万円分の積み重ねをしてた事になります。(記事単価は「ピンキリ」で0.1円~20円と幅はあります。)

もし私が外注でブログ記事の仕事を請け負っていたら結構な額になり、ブログ記事を書く事は財産となりますよね。

また最近ではサイトのM&Aも話題になり、個人のブログサイトの売買も始まっていますね。

【〇〇系】個人運営のブログサイト

希望価格:130万円
売上  :○○○○円
PV数  :○○○○○PV

のような形で自分のブログを売る事もできますね。

自身で有料のサーバーを契約し独自ドメインを取得する事で、こういった成果が生まれるのも大きな事の一つですね。

1000記事書いたブログ継続・毎日更新のコツ

副業などでブログを始める方は、最初自分のブログ記事をグーグル検索上位狙いたい所で、一番気になるのはPV数(ページビュー)でこ、のPV数を増やすには毎日更新が良いとされていますね。

「リピーターが居ない」「グーグル検索での上位表示記事が無い」など最初の方はこの毎日更新をするというのは私もSEO対策で必要だと思っていて、毎日更新をする事でサイトの鮮度も上がり、毎日更新する事で日々のリピーターも増加し良い事です。

なので私も毎日更新をしてきました。

とは言ってもこの毎日更新というのは、私はかなりハードルは高いと思います。

ましては副業として本業を昼間やって、それからブログを毎日制作するのは相当大変だと思います。

当サイト【うぇすてりあの田舎への移住計画】 アーカイブ 全投稿数 参照

上記の図は当サイトのアーカイブの投稿数を、わかりやすくまとめた投稿数1000記事の証になります。

ではなぜ?そのハードルが高いとされた私が毎日更新を継続できたかというと、一番の大きなコツは「ブログ制作の習慣化」になります。

習慣化する事で「今日も絶対1記事!ブログを書くぞ!!」という大きな決意と意気込みも無く、無心で「さてとブログ書こう」とういう気になり頭の負担は相当少なくなります。

そうする事で継続しやすくなります。

私の場合は在宅でサイト運営しているので、朝起きたらまずメールチェックや他の作業は全部後回しにして、一番最初に必ずブログを書くように習慣化してきました。

そしてブログを書き終えた後、メールチェックや他の好きな作業やブログ執筆後にたっぷりと休憩など、自分の好きな時間の使い方をしてきました。

そうする事で必ず1日1記事は書いていけるようになり、気が付くと自然に習慣化していけます。

本業をしながらの人も昼休憩にブログの下書きをし、家に帰宅後に一気にブログを仕上げるなど隙間時間を自分で確保し、人それぞれの生活に合った習慣化をする事が良いと思います。

このブログの継続のコツも詳しく書いていくと膨大な量になってしまうので、近々特集を組んでより詳しい記事にしていこうと思いますので楽しみにしていてください。

当サイト「うぇすてりあの田舎への移住計画」の今後

1000記事も書いているとサイトの情報量も多くなり、当サイトを訪れた方に対して閲覧し辛い環境になってきているので、1000記事達成を機に明日以降から当サイトはリニューアルをしていきます。

■リニューアルポイント

・この「うぇすてりあ」サイトを分割し複数のサイト運営

・第1弾として「親の介護カテゴリー」を分別し、専門のサイト【家族の在宅介護 てぷゆブログ】を制作(サイトは制作済み)

・当サイトのテーマ変更「Simplicity2」から「cocoon」へ変更

・プラグインを削除スリム化

・過去の記事の削除とリトライをして記事を違うサイトへお引越し

上記の事を行い大規模なサイトリニューアルと細かい変更をしていきます。

なので今後「毎日更新は終わり」になり、これからは毎日サイトのリニューアルをしていきます。

過去の記事は消えるモノもあれば、リライトして再アップしていく記事も予定しております。

なのでこれからは記事数にこだわるよりも、記事の質にもこだわっていきたいと思っています。

もちろん間に伝えたい事や気になるニュースなどの記事がある場合は、いつものように記事を制作し公開していきますので、サイト自体が全く動かなくなるわけではありません。

その中でリニューアル中に当サイトが「見辛くなったりする場合」もあると思いますがご了承ください。

親の在宅介護のカテゴリーは新サイトへ「家族の在宅介護 てぷゆブログ」

知ってる人はご存知の通り、私は現在40代で親の介護を行いながらサイト運営をしています。

その中でずっと書き上げてきた「介護のカテゴリー」をより分かりやすく、伝えやすくする為にも特化したサイトを制作し、そちらに明日以降徐々に移動して新しい運営をしていきます。

これにより「うぇすてりあの田舎への移住計画」のサイトのスリム化に繋がり、「家族の在宅介護 てぷゆブログ」に引っ越しする事で、より親の介護の記事もしっかり管理する事ができます。

「老後2000万円問題」自身の老後も気にしないといけませんが、まずは親や家族の介護は訪れます。

これからは超高齢化社会に突入している時代で「7040問題」「8050問題」「引きこもりの高齢化」など、社会的にも大変な時代が到来しています。

そして介護は思ってる程楽では無く、自分の想像を絶する程大変です。

当初は親の介護が必要になったら「親も私も施設入れてもらって、家族には負担のないように」と話早い段階でこの話をしていましたが、やはり介護はそう簡単にはいきませんでした。

もっと早く親と「親の老後の奥深い話し合い」をしておけばよかったと、今は後悔してる位です。

そんななぜ介護は大変なのか?や奥深い話は何なのか?などの記事は引っ越し先の「家族の在宅介護 てぷゆブログ」で公開予定です。

「うぇすてりあの田舎への移住計画」サイトの介護の分野をチェックしている方、そろそろ親の介護に対して気になる方は、新しい「家族の在宅介護 てぷゆブログ」もブックマークしておくと便利になります。

「家族の在宅介護 てぷゆブログ」はこちら↓から移動できます。

家族の在宅介護 てぷゆブログ

https://tepuyu.wisteria-room.com/

これから引き続き「うぇすてりあ」のブログをよろしくお願いいたします。

そしてこの場を借りて・・・

「当サイトを訪れてくださってありがとうございます。」

今後も当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

ブログの情報はもちろん、生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

うぇすてりあのブログ関係の一覧記事へ

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!