スポンサーリンク

【天井照明・引掛シーリングにコンセント増設 WG4481PK】 

スポンサーリンク

便利コンセントの無い部屋にもコンセントが欲しい!

部屋にコンセントが無いけど、天井にシーリング照明(よくある照明)はある・・・

それならコンセントを増設できます!

コンセントの無い部屋に増設して生活快適

こんな時に天井付近にコンセントがあると便利です。

Wi-Fiの中継機を壁の隅の下部に置くよりも、天井に付ける事でより遮蔽物が少なくなりWi-Fi中継の効果を高める事が出来るので便利になります。

●コンセントに付けるリモコンアダプターなども天井に付ける事でリモコンの効きやすさやわざわざコンセントの低い所にリモコンの赤外線を照射しなくてもよく、天井のリモコンアダプターに向けるだけOK。

「Google Home」「Amazon Echo Dot」などのAI音声認識スピーカーなどを部屋の上部に設置する事で声の届きやすや、音楽を流した時により部屋全体に音が響きわたるので快適になります。

「eRemote mini」AI音声認識スピーカーの補助機にも、最適です。とにかく声が部屋の中で満遍なく届く所は、壁の下部のコンセントより天井付近の方が声が届きやすいですからね。

●古い家にLEDシーリングライトを付けたいけど照明のアダプターが合わないから付けれなかったけど天井にコンセントを付ける事でそこからLEDシーリングライトの電源を確保出来るので古いタイプの家の照明もLED化できます。

私の家には天井にシーリングライト(一般の電気照明)はあるけど、コンセントが無い小部屋(クローゼット)があります。

その小部屋にコンセントが欲しくなり増設を、考えていた所簡単にコンセントを追加できる商品があるのでそれの取り付けと商品紹介になります。

しかも電気工事もいらない、取り付けも誰でも簡単に取り付け出来る方法のご紹介になります。

合わせて読みたい記事

引掛シーリングWG4481PKの使い方

引掛シーリング照明の電源にコンセント増設

まず付けようとしてる所が取り付け可能か形状の確認をしましょう。

このようなよくある照明にコンセントを追加していきます。

照明を一旦外して形状を確認してみます。

このような形状なら増設は可能です。

天井コンセント増設で探して見つけたのがこの商品になります。

Panasonic パナソニック WG4481PK】

【引掛シーリング増改 アダプタ1型】の登場です。

裏の説明、注意書きの拡大画像載せておきますね。↓

内容物はこんな感じです。

WG4481PKの取り付け方

取り付けは至って簡単で!1分かかりません♪

先ほど外した所にこのWG4481PKを取り付けます。

挿して回すだけで取り付けられます。

工具も必要ありません。もちろん電気工事士の免許もいりません。

もうこれでコンセント増設完了です。実に簡単に増設できました。

このように天井にコンセントが付きました。ここにWi-Fi中継機リモコンアダプターを付けるだけで天井に赤外線の受けを作る事ができます。

後は照明器具を元に戻すだけで照明器具の根本にコンセントが増設できました。

これで私のコンセントが無い部屋にもコンセントが使えるようになったので、あとは延長コードを使って下の方に設置すれば完了です。

これを使っておしゃれに部屋の照明をカスタマイズ

やり方次第では普通の部屋の照明にも設置可能なので、この天井コンセントにUSBのアダプターを付けてUSB式のカラーのLEDライト買ってこれを照明代わりに天井の隅にでも配置して関節照明になるようにすればおしゃれな部屋にも大変身です。

実はこの天井コンセントを増設した理由はメルカリで激安の300円で購入できたACW-600ポータブル保冷温庫をこのクローゼット(小部屋)に設置したかったから取り付けしました。

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!