スポンサーリンク

楽天市場送料無料スタート!39ショップとは?送料無料ラインとは?

スポンサーリンク

【2020年7月22日更新】2020年3月18日とうとう開始した「楽天市場送料無料」

スポンサーリンク

いろいろあった楽天送料無料問題

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

楽天はここ最近までこの送料無料に対して、既存の一部の出店舗の反対によりこの「送料無料」で揉めていました。

しかし!この前「2020年3月18日に送料無料のサービスはやる!」と言っていた楽天が、ついに一部の出店舗の反対と、公正取引委員会の調査も独占禁止法違反にあたるとして調査が入りながら、一時は緊急停止命令の申立てまで行われたが、それも取下げてもらい、楽天側に大きな動きがありました。

楽天側は「公正取引委員会の調査には全面的に協力する」と言っていたので、そこら辺もある程度クリアになったからなのか、この「送料無料」に踏み切れた理由ははわかりませんが、送料無料は2020年3月18日にスタートしました。

実際この送料無料は本格的に始まったので多少クリアになったのでしょう。

2020年7月22日(水)送料無料最新情報

楽天側は出店者に対して「送料無料化への参加は強制しない」という方針に変えたようです。

現在の楽天市場での3,980円以上での送料無料に参加しているのは、楽天市場の約5万店舗のうち8割にも達しているようで、参加してる店舗の売り上げが伸びているとの事です。

楽天市場の役員は「強引に進める必要はないと判断した」と語ったようです。

しかしこれから楽天市場に参入する店舗の場合は、送料無料は参入する条件につけるという。

とりあえずこの送料無料問題はこれで落ち着きそうですね。

では開始した送料無料の39ショップを解説していきます。

送料無料ラインとは?

【楽天市場3,980円以上(税込)送料無料詳細】

「送料無料ライン」とは

ちなみにこの楽天市場の送料無料対応のショップ内で、同一注文の購入合計金額が3,980円(税込)以上の場合に、送料無料になる事を「送料無料ライン」という事です。

同一の対応ショップで同一注文・同一配送先へのお買い物合計額が3,980円(税込)以上の時に送料無料になります。

(沖縄・離島・一部地域への配送は、9,800円(税込)以上で送料無料)

ショップによっては、独自に3,980円(税込)未満で送料無料ラインを設定している場合があり、その場合には、ショップの設定が優先されます。

詳しくは、ショップにお問い合わせください。

※国内への配送が対象です。

楽天市場 HPより

このように対応ショップにて買い物をすると、その金額が3,980円以上(税込)で送料無料になるという事になります。

これなら送料を気にせず金額が3,980円以上(税込)になっていれば、送料無料になるので買う側は、気兼ねなく買い物はできますね。

(もちろんこの送料分どこかでコストはかかってます)

39(サンキュー)ショップとは

これから先、楽天市場を利用してると「39(サンキュー)ショップ」というキーワードをみるようになると思います。

こちらが各ショップの商品欄にある「39ショップ(送料無料ライン対応)」の目印になっています。

これならわかりやすいですよね。

この39(サンキュー)ショップとは、送料無料ラインを3,980円以下に設定している対応ショップの総称が「39ショップ」という名前になっています。

上記のように39キャンペーンなど行う際にもこの呼び名は使われると思います。

この時のポイントアップも楽天経済圏で生活する上ではチェックしておきたいですね。

買い物の際の送料無料の確認方法

■単品購入

単品での送料無料の場合はこのような感じで確認が取れます。

■複数購入

複数で合計3980円になる時は、このように感じで確認することができます。

3,980円以上(税込)で送料無料でも対象外

このように金額が3,980円以上(税込)でも上記のような場合は送料無料対象外になるようです。

■クール便

■大型便

■単品配送

【単品配送とは】

商品の特性や出荷場所の関係上、他の商品と同梱ができず、単体で配送が必要な商品は「単品配送」と設定されている場合があります。
「単品配送」の商品は、その商品単体の価格が【送料無料ライン】以上の場合には、送料が無料になります。

「単品配送」設定がされている商品は、商品ページ、買い物かご、注文確認画面で「単品配送」と表示されています。

楽天市場 HPより

■特定送料

【特定送料とは】

2020年3月18日(水)より、準備の整ったショップから順次【送料無料ライン】への対応を開始いたしますが、対象外の商品もございます。

【送料無料ライン】の対象金額を超えても送料無料とはならず、ショップで設定している送料がかかります。

(特定送料に指定されている商品)
・【送料無料ライン】対応外ショップの商品
・一部のお酒類
・商品の発送元が、沖縄・離島・一部地域の商品
・本・CD

楽天市場 HPより

送料無料の対象外の確認方法

このように送料無料ライン対象外と書いてありますね。

注文する時はしっかり確認しましょう。

■対象外商品の注意点

買い物の合計が3,980円(税込)以上になっていても、その注文した中に「送料無料ライン対象外の商品が含まれている」場合は送料無料にはなりません。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!