スポンサーリンク

セブンイレブン広がるコンビニのセルフレジ導入で変化していく買い物

スポンサーリンク

セブンイレブンの【お会計セルフレジ】を順次全国へ導入

スポンサーリンク

最近のレジの変化

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

結構前から小売店のレジの変化は、各企業目まぐるしく変化していきました。

最近ではスーパーやホームセンターなどでも、セルフレジを導入する所も多くなりましたね。

このセルフレジは、ある程度レジの会計作業を素早くこなせる人(お金の出し入れ、キャシュレス決済)や、商品が1点、2点と少なくすぐレジの会計が終わる人は最適で、並んでいてもすぐにレジを通過する事ができます。

そしてレジでの会計に不安がある方は、従来の方式の有人のやり取りできるレジもあるので、その住み分けが利用する側にも大変便利になっています。

そんな大変便利なセルフレジですが、コンビニエンスストア大手のセブンイレブン・ジャパンも「お会計セルフレジ」を導入するとい事で、今回はこの「セルフレジ」を私なりの解説と深掘りをしていきたいと思います。

セブンイレブンのセルフレジ

セブンイレブン・ジャパンは「お会計セルフレジ」を2020年9月移行順次導入を開始し、ゆくゆくは2021年8月までに全国のセブンイレブンの店舗に展開する目標掲げました。

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永松 文彦)は、レジ接客の時間を短縮する取り組みの一環として、お会計操作の部分をお客様に行っていただく新しいレジの仕組み「お会計セルフレジ」を、9月以降順次、全国のセブン‐イレブン店舗に導入いたします。

その後、2021年8月までに、全エリアへの導入を完了する見込みです。

出典:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン HPより

今回導入する「お会計セルフレジ」は、商品の読み取りまでは従来通りお店の方がスキャンをしてくれて、会計の所だけ私達が会計を行う「セミセルフレジ」タイプになります。

■作業効率化を目的とするセルフレジ

・従業員のレジ接客の時間短縮

・お客様がレジに並ぶ時間の短縮

に効果があり、1部テスト店舗での検証結果はなんと!約7時間分のレジ接客時間の短縮につながるという。

【セブンイレブンのセルフレジ対応決済方法】

・現金
・クレジット/デビット
・各種バーコード決済
・nanaco
・交通系電子マネー
・その他

流石に最近のコンビニの店員の仕事量は多くかなり大変だと聞くので、一刻も早くこのような簡素化のシステムが進んでくれる事はいいですね。

ゆくゆくは、商品の陳列なども「ロボットとAIで行えるようになる」というニュースも聞いていますで、コンビニの進化を見るのも楽しみですね。

最初は誰でも戸惑うセルフレジ

最初はセルフレジの操作がわからないの当たり前です。

セルフレジと言っても各社やり方はバラバラで、操作方法は違います。

一言でセルフレジと言っても、商品読み取りは今まで通りのお店の人がやってくれて、会計の時だけ自分が操作してやる【セミセルフレジ】。

商品の読み取りから会計まで一括でやる【セルフレジ】。

このようにいろんな種類があると思います。

なので、最初のお店の導入したてのセルフレジは、いろんな方式があるので私も戸惑い操作などで時間はかかったりもしますが、慣れると早くお会計が出来るようになります。

なのでまだセルフレジは体験してないとか、「なんか難しいそう」「面倒くさそう」などの考えはあると思いますが、ぜひ人が後ろにあまり居なかったら、セルフレジのチャレンジをしていっていいと思います。

そして、できれば支払い方法をキャシュレス決済に移行すると、支払いのスピードアップと現金の出し入れが無くなり大変便利になります。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!