スポンサーリンク

現金を持たないキャッシュレス化は広がりキャッシュレス派が多くなる

スポンサーリンク

現金に触らない事も理由の一つ

スポンサーリンク

キャッシュレス化は拡大傾向

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

2019年の消費税の増税により一気認知度、利用者が増えたキャッシュレス化ですが、最近のニュースによると、このキャッシュレス化の利用者は日々増えてるという。

そして最初は否定的な考えの人も、いざ利用・使用してみるとキャッシュレス化の便利さに気づき「もっと前からキャッシュレス化してれば良かった」という声も上がっているようです。

かなり広がりを見せてきたキャッシュレス化の波になってきてますね。

レジでも前の人がキャッシュレスで会計してくれると、レジに並ぶ時間もかなり短縮されてとてもいいですね。

実際私も使ってみた時は「なんて便利な支払い方法なんだ」と感心したのを覚えていいます。

昔から電子マネーの交通系の「Suica」は利用していましたが初期の頃は、電車を利用する時以外は一切使っていませんでした。(この時は現金派)

もちろん初期の頃は「Suica」はそこまで買い物で利用できる所もわずかで、利点もそんなになかったのですが、今ではあらゆる所で支払いも出来るようになって便利になっていますね。

今では買い物の支払いは主にPayやクレジットカードなどの、キャッシュレスでの支払いになっています。

凄く便利で楽です。

〇〇ペイの乱立

そしてよりキャッシュレス化での拡大に貢献してるのが、スマート決済の〇〇ペイの出現ですね。

これにより、キャッシュレス化は身近になり利用者の拡大につながりました。

ありとあらゆる〇〇ペイの乱立が目立ちましたが、今年に入って利用者の多くはある程度よく使う〇〇ペイに落ち着いたようです。

キャッシュレスを利用する事で、現金での支払いの手間が一気になくなりました。

財布に現金が無くなればATMに行き、現金を手数料払っておろしに行ったり、財布を小銭でパンパンにしたくない為に、1円単位の小銭の管理もしないといけないので面倒でした。

それがなくなり、レジにて一瞬で支払い完了です。

すばらしい!

現金もいろんな人が触れている

現金もよく考えるといろんな人が触れて流通しているモノの一つですね。

現金もいつ?どこで?だれが?どこで?今お財布に入ってる現金を触れていたかはわかりません。

そしてその現金をなにげなく触っていましたが、キャッシュレス化をする事で現金に触れ合う回数はグーンと減りました。

もちろん私は潔癖症ではないので、そこまで気にはしませんが気にはなる所でもありますよね。

レジでアプリを開くまでの隙間時間

〇〇ペイ関係は便利で速い事は速いのですが、やはり気になるのがレジでの支払いの際のレジの人にアプリを開いてバーコードなどの、見せる時の隙間時間は気になります。

どうしても電波状況で直ぐにアプリが開かなかったり、その店舗の会員カードのアプリを開いて読み取ってからの、〇〇ペイのアプリの開く時の隙間時間も気になる方もいるのではないでしょうか?

それでも現金よりは早い事は速いですが、支払いスピードはSuicaやnanacoなどのスピードには勝てませんね。

いろんな混雑状況や場所などに応じて支払い方法を選べるのいい所ですね。

まとめ

2019の消費税の増税で慌ただしかったキャッシュレス化の波でしたが、ある程度の人がこのキャッシュレス化が広まりより便利な世の中になったのは確かですね。

これから先もどんどんキャッシュレス化に対応する店舗や環境になるといいですね。

そして高齢者やクレジットカードが無い人でも簡単に分かりやすく支払いできるように、Suicaなどのチャージ型の情報やシステムの進化をしていってほしいですね。

しかし便利だからといって支払い方法を過信して1つ絞ると、アプリの方がシステムダウンしてしまったり、スマホの通信障害で支払いできなかったりで混乱する時もあるので、多種多様の支払いできる状況は考えておいた方がいいですね。

私も現金はほぼ使ってませんが、一応出かける時は多少持って出歩いてます。

万が一の備えは大事です!

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!