【節約】ミニマリスト生活で美容院を手放しセルフカットで時間とお金がお得

スポンサーリンク
┣プチミニマリスト
スポンサーリンク

セルフカットのメリット&失敗しないようにするには?

シンプルな暮らし=節約して無理の無い自分らしい暮らし

スポンサーリンク

 

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!
 

セルフカット歴20年超え!

「ミニマリスト」の言葉や自分自身が「プチミニマリスト宣言」する前から髪を切る時はセルフカット(自分で髪を切る)をしていました。

昔の頃(学生時代)は当たり前のように床屋さんや美容院などは人並みに行ってました。

そんな私がなぜ?20年以上前からセルフカットをしてきて、その恩恵が大いにあるという実感の情報を皆様へシェアしたいと思います。

今は物価高騰や世界情勢不安の中先が見えない世の中になりました。

その中で重要なのは日々コツコツと積み上げていく【節約術】になります。

「セルフカット」するだけでも金銭面の節約以外にもメリットがたくさんあり、もう周りの目を気にしないと思えば「セルフカット」は良い行動の一つだと思いますよ。

なんでセルフカットをしたのか?

私が大人になるにつれカリスマ美容師という言葉や美容師という職業などが流行り、知り合いの周りにも美容師も多くいた頃でした。

その知り合いに営業終了後に練習(カットモデルのような感じ)がてら私の髪を切ってもらったり、髪を染めてもらったりしていて、その頃から「美容院に行く」という行動はしなくなりました。

この時にカットしてくれるのが知り合いなので、髪をカットするコツや毛の染め方など雑談を交えて話しながらカットしていたので、カットする流れは自然と知識としては頭に入っていました。

そして「これなら自分でも髪が切れるのではないか?」と思うようになりました。

この時はまだアパレル・小売りなどの接客のあるサービス業をしていたので、お洒落とか、周りの目も気にしていた時なので、それなりの身だしなみはしていました。

それでも、営業終了後に仕事の終わった知り合いに頼むのも、気が引けてきて「それなら自分で切っちゃえ」っていうのがきっかけでした。

今では恒例の行事のように自分で「セルフカット」をするようになり自分で髪を切っています。

慣れと他人の目は気にしない方法

いくら知り合いから切り方など教えてもらっても、いいざ自分で切ると最初から綺麗に切れるわけでもないですし、後頭部の見えない所も上手く切れませんでした。

最初はよくいろんな人から「自分で髪切った?」って気付かれる位周りから見てもわかるような出来上がりでした。

それでも気にせず自分で切っていきました。

そして、人間継続するとその作業は上達するものです(笑)

前までは、いろんな人に「自分で切った?」って言われる位だったのに、月日が経っていき何回もセルカットしていると、「自分で切った?」とは言われず「髪切ったんだ!どこのお店で切ったの?」って言われるようになりました。

さすがに美容師の人はすぐにセルフカットした事は1発でわかるようですが、一般の人は気づかないレベルまでセルフカットの腕前は上達しました。

美容師の知り合いに、お世辞無しに私のセルカットの見た感じの感想を聞いてみると、「良いじゃない!これなら普通の人は気づかないよ」って言ってもらう所まできました。

まさに慣れですね!そして人の目をそこまで気にしない事がポイントでした。

ちなみに「自分で切った?」っていう所で、恥ずかしがらずにあえて「うん!美容院いくの面倒くさいから自分で切ってるよ」って言ってしまう事で、周りからもセルフカットしてるんだと、認知されだして気にならなくなります。

セルフカットのメリット

■美容院の予約・行く手間の時間

・美容院に行くにはまず予約をしますよね、自分の予定と合わせてそして連絡する。

予約日が決まるとそこに時間を合わせて来店する。

【セルフカットだとこの手間がありません。】

・自分の好きな時間に切ればいいだけです。

髪を切るだけでなら30分もかかりません。

その時間も大幅に自分の時間を作れる為、その時間を有益に使う事ができます。

■美容師との会話

・よく美容師との会話が面倒くさいとか、あの会話もあるからこそ美容院は良い!とかあると思いますが、私は会話は面倒くさいと思うタイプなので、できれば無言で切ってもらいたい位です。

【当たり前ですがセルフカットだと無言で切ります(笑)】

・セルフカットなのでもちろん話し相手はいませんが、気兼ねなく好きなBGMを聴きながらのんびり切るのも良し、YouTubeなどの動画を見ながら切る事もできるので、気を遣う事はありません。

■美容院に払う代金

・プロに頼んで切ってもらうので、代金を払うのは当たり前の事ですね。

【セルフカットだと無料です】

・私が持ってる物だとスキバサミとハサミとクシとヘアーゴムだけなので、最初に髪を切る道具を揃えれば後は数年その道具だけで、髪を切る事ができます。

■人の目を気にしなくなる

・髪型一つで人のイメージは大きく変わるといわれていますね。

もちろん髪型は周りを気にする人なら重要なポイントです。

髪型も結局は自己満の部分が多い訳ですからね。

【周りを気にしなくなる】

・もちろんこれは、ボサボサの寝ぐせのような髪型とかは別として、自分で「この位の髪型ならいいかな」って思える位で納得できてるなら、「それで良いではないか」という位に周りの目は気にならなくなります。

セルフカットにチャレンジ!

私のように知り合いに美容師がいないのに「どうやってセルフカットのやり方を学べばいいのか?」と思うかもしれませんが、今はYouTubeで「セルカット」と検索をかけるといくらでも有益な情報が手に入ります。

私が若い時はこんな有益な情報は、簡単に調べる事はできませんでしたからね、良い時代です。

私の切る時の簡単なポイント!

●髪を軽くブラッシングして髪の毛を整えます。
●ヘアゴムやクリップなどで髪をブロッキング(区分け)してお好みの長さに切っていく。
・切るハサミも普通のハサミでもスキバサミでも良いです。
・慣れない内は少しずつ切っていくと失敗する確率は低くなります。
●あとは自分が重いと感じてる所をスキバサミで軽くして全体の形を整えていくだけです。

おすすめのスキバサミ

失敗しないようにするにはどうしたらいいのか?

もちろん失敗しない事が一番いいのですが、人間完璧にはいきません。

最初は自分の納得のいくような髪型にならないのは誰でもそうなのです。

プロの美容師の方も何年も勉強し実践を積むことをして、今プロとしてお客様から代金も貰えるわけです。

なので失敗を恐れず何回も回数をこなす事が失敗しない道へとつながります。

あとは道具を揃えて行動するのみです!

肩のチカラを抜いてまずは、スキバサミで髪の毛の全体を軽くする事から、始めるのもおすすめですよ。

下記のような簡単な「セルカットのセット」さえあればOKです!

合わせて読みたい記事

error: warning!Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました