スポンサーリンク

ドアの下の隙間風に対策!ユーザーすきま風ストッパーU-P675

スポンサーリンク

最近の家の室内のドアの下には大きな隙間がありませんか?

スポンサーリンク

隙間から風と光と音漏れ

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近の家の室内ドアの下の部分に、このような隙間がありませんか?

この隙間がある為に、各部屋の冬場なら温めた暖かい空気、夏なら冷やした空気がこの隙間から廊下に逃げてしまい、そして廊下の風がこちらの部屋に入ってきてしまいます。

空気は暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと流れができるので、これだと冷暖房効果はかなり下がり電気代もロスしてますよね。

しかもこの隙間がある為に、室内の音も漏れています。

そしてどの位隙間があるのかもう少し拡大してみると…

約1.2cmも隙間が空いていました。

これじゃ相当な隙間風が入ってくるし、部屋の音も廊下に漏れるわけですね。

しかも夜部屋の電気を消して寝ても、廊下の電気の光は漏れてきます。(逆に部屋の光も廊下に漏れます。)

なのでこの隙間対策をしていこうと思います。

この隙間が埋まる良いアイテムを見つけて、実際に買って取り付けてみたので商品紹介しますね。

そもそもドアの下の隙間はなぜあるのか?

いろいろ調べてみると、このドアのタイプは隙間はバリアフリーの扉部分も段差が無いような作りをしてるドアに多く、シックハウス対策での空気の流れを作る為のものでもあるようです。

以前の24時間換気の時と同じく住んでるとデメリットでしかない状態です。

24時間換気も外の空気や土ホコリや音が部屋に入ってくる厄介なシステムでした。

過去の24時間換気対策の記事はこちら

つまり、シックハウスなど気にならなければこの隙間は必要ない形状ですね。

そこで冒頭でもお話した通りいいアイテムを見つけたので紹介します。

すきま風ストッパー U-P675

■メーカー:USER(ユーザー)

■商品名:すきま風ストッパー

■品番:U-P675

■サイズ:長さ/約85cm(ドア幅約84cmまで対応)

・幅/約9.5cm

・高さ/約0.2~3.0cm(中心部分の薄い所は約0.2cmで丸い部分の高さが約3cm)

■床面とドアの隙間:2~15mm用

■重さ:9g

■材質:発砲ポリエチレン 100%

注意事項

■一般家屋の室内ドア専用

・ドアの開口部に傾斜がある

・ドアの開口部に段差がある

・ドアの敷居に段差がある

・ドアと底面の隙間が2mm以下

・ドアの厚みが3.5cm以下

に該当する場合は注意が必要です。

まとめ

取り付け方は簡単でドアのサイズ合わせてハサミで切るだけ完了です。

効果としてまず光は漏れない、隙間が埋まり隙間風も無くなり、音も前よりは漏れなくなりました。

結果は取り付けて満足のいく結果になりました。

値段も安価で、簡単に取り付けられるので皆さんもお試しあれ!

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!