スポンサーリンク

【中高年】在宅ワークで必要な物は椅子!長時間座ってるとお尻が痛い!

スポンサーリンク

仕事でもゲーミングチェアのおすすめ

スポンサーリンク

在宅ワーク・テレワーク・リモートワーク

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近の騒動で働き方も大きく変わり、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークなどの新しい働きが本格的に広まってきました。

またこれから本格的に、在宅ワーク・テレワーク・リモートワークになる方もいると思います。

そこで何か新しい事を始める際に、必ず必要なモノが出てきます。

私はこのブログ運営を始めて3年目になり、ほぼ一日中パソコンの前で仕事をしています。

その中の経験で得た、いろいろな便利なモノや、必要なモノというのが出てきました。

そのノウハウを皆さんにシェア出来たらと思います。

今回紹介するのは「ゲーミングチェア」になります。

なぜ仕事で使うのゲーム用の椅子?この疑問も深堀していきます。

在宅ワークで必要な椅子の重要性

在宅ワーク・テレワーク・リモートワークで仕事する事にあたって、必要なモノの「ヘッドセット」「webカメラ」「パソコン」「パソコンデスク」など過去記事でも紹介してきました。

そして今回は椅子になります。

長時間座ってるいると、人間腰とお尻に負担がかかります。

しかもデスクワークに慣れていない方だと、その負担はすぐに身体に出てきます。

椅子に長時間座る時は、30~40分の間でいったん椅子から立ち上がったり、足を組み替えるなどして、荷重のかかる位置を変えるようにすると負担が和らぎます。

しかし仕事に集中してると、気付いたらあっという間に、1時間~2時間が過ぎていきます。

その蓄積がお尻や腰の負担につながります。

ゲームは長時間座りっぱなしが基本

ひと昔前にMMO(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)などのPCでのオンラインRPGゲームが大流行した時期がありました。

この時にMMOなどのゲームをしてる人は1時間~2時間程度のゲーム時間ではなく、半日、1日中ゲームをやる人が大半でした。

その中問題になっていたのが、お尻・腰の負担でした。

そして生まれたのが今回紹介している「ゲーミングチェア」になります。

その中でいろいろなノウハウが詰まった長時間座っても、負担が少なくなる椅子になります。

だからこそ、長時間座って仕事する椅子にも条件的が当てはまるので、今回おすすめになる理由です。

ゲーミングチェアは快適?

長時間座る事前提で制作してるので、実際私も使用していますが、ゲーミングチェアは快適です。

それまでは、従来の「いかにもパソコンチェア」っていうのを使用していましたが、やはりゲーミングチェアは違いますね。

椅子の昇降式はもちろん、車の椅子のような後ろに倒れるような、リクライニング機能なども備わっているモノもあるので、長時間座る方にはおすすめします。

やはり値段が上がれば機能はよくなり、クッション性や素材も良い物になります。

値段が下がればそれなりのモノになり、見た目だけがゲーミングチェア風なモノもあります。

機能や素材などで種類や値段もピンキリなので、自分にあったモノをチョイスする事をおすすめします。

カラー展開もいろいろあり、ピンクの可愛い色や蛍光色の差し色が入った、かっこいいモノもあります。

また、リクライニング時に足が置ける・あぐらがかけるように出来るモデルもあります。

気分転換に椅子に座りながらリクライニングを後ろに全部倒して、横になれる事も可能ですよ。

ちなみに私は、真っ黒をチョイスしています。

おすすめのゲーミングチェア

急遽始まった在宅ワーク

昨今の騒動で急に始まった在宅ワーク・テレワーク・リモートワークですが、かなり前から働き方改革の一環でこのような働き方も進んでいました。

なので、いずれこのような在宅ワーク・テレワーク・リモートワークの様な働き方は常用化すると思います。

そして今だからこそ、この変化についていかないと、新しい働き方に取り残されてしまいます。

これからも最新の情報を常に取り入れて、それに柔軟に慣れていかないといけないですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!