スポンサーリンク

中高年でもわかるFAXが廃止できない理由とIT化への日本の未来

スポンサーリンク

未だになぜFAXが活躍しているのか?

スポンサーリンク

世の中はいろんなモノがIT化

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

現在の日本でもIT化の流れはどんどん迫っています。

そして今回の騒動でその特性からIT化の利便性が多い事から、一気にIT化が進んでいるのも、皆さんは肌でも感じてると思います。

「テレワーク」「web会議」「オンライン飲み会」「ハンコ廃止運動」「5G」「AI」「Iot」など当ブログでも、いろいろIT化系の記事も紹介してきました。

IT化のこの話題も、今回だいぶ前から言われているのが、当ブログの今回の記事でも紹介する「FAX」の文化になります。

この問題も世界目線で考えると、未だにFAXを使ってる日本の文化に驚く国もあるようです。

そして今回の騒動でもこの「FAX」が原因でデータの集計に手間取ってしまい、しっかりとしたデータの集計の、スピードと正確なやりとりが出来なかった事でも驚きです。

世の中はIT化

私も昔はあらゆる業種の仕事をしてきましたが、必ずという位FAXは必須なモノでした。

商品の受注や会社同士の諸連絡など、いろんな事で活躍していました。

しかし今の世の中はITのスピードの中で動いています。

なので、インターネットの環境やパソコンやを置いてない企業は今では、相当少ないと思います。

その中でこのFAXがなくても、十分やりとりできるのがパソコンであり、インターネット上でもできるFAXにかわるアプリになります。

しかし日本では、未だにFAXが現役で活躍していますね。

今現在でも世界IT大手の「GAFAM」と呼ばれてる5社はこんな世界状態でも、売り上げをあげています。

またTwitter社などは、全社員に対して恒久的に在宅勤務を採用などのニュースも出てきました。

もはや、会社の家賃や交通費などは過去のモノですね。

感染拡大に伴い、在宅勤務が世界的に広がる中、アメリカのツイッター社は、流行が終息したあとも、希望する社員には恒久的に在宅勤務を認める方針を示しました。

出典:NHK ニュースより

FAXがなぜ廃止にならないのか?

そこが過去記事でも紹介したハンコの文化も同じような内容で、どうしても改革がスピーディーにできないのも日本特有の感じだと思います。

建設・物流・製造・卸・宿泊施設・飲食などでも未だにFAXが活躍している企業も多いですね。

こういった「業界の上の層自体がシステム事変わらないと、下の層が変われない」という縦割り社会の影響も大きいですよね。

これが「デジタルトランスフォーメーション」「2025年の崖」問題や働き方改革でも問題になってる所でもあります。

下請けが新しいシステムを組んでも、元請けが「元請け用の専用用紙に書き込んで(手書き)FAXで送ってください」といわれれば、下請けはそうするしかありませんからね。

また似たような事案は社内の上司・部下の間でも同じような事が、起きてると容易に想像できますね。

下がいくら、新しく便利なシステムも構築しても、上がそのシステムを使わなければ、何も意味がなりませんからね。

この流れが未だに「FAXを使用してる要因の一つ」ですね。

設備改革には企業投資も多額に必要になるのですぐに、出来ないとしても早急に変えていく改革の一つですね。

国や自治体もFAX文化

今回の感染集計の正確性とスピードもFAXのやりとりで、目詰まりが起こっていたという事もニュースなどでも明るみになり、いよいよこのFAX文化もIT化していった方がいいですね。

東京都は、保健所からの報告漏れなどのミスで、これまでの感染者数が76人増えたことが明らかになった。

東京都は、保健所などから報告を受けて、感染者数を取りまとめて公表しているが、複数の保健所で新規感染者や自宅待機者の報告漏れが111人分見つかったほか、感染者の重複も35人分あり、差し引き76人増えていたことが明らかになった。

報告がファクスで行われていたり、保健所の業務が増えたことが原因とみられ、今後は都と保健所で新たなデータベースを作るなどして、再発防止につなげるとしている。

出典: Yahoo NEWS HPより

IT化する事により、正確なデータやスピードはもちろん、データの共有や管理などもより便利になりますからね。

今はビックデータで考える時代でもあります。

このデータで対策や方向性なども決められる大事なデータをいちいち手書きで書き、それをFAXで送信して、そしてそのFAXのデータを受け取った側は今度はPCに打ち込むなんて事は、時間の無駄以外何もでもありません。

でもこの文化が未だに根強く続いてるのが現状です。

なるべくこの改革は早急に対策して欲しいですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!