スポンサーリンク

代替え肉とは?原料?未来の日本の食文化に大きな変化になるか?

スポンサーリンク

代替え肉とは?原料?未来の日本の食文化に大きな変化になるか?

スポンサーリンク

食料危機問題

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

世界では爆発的な人口増加により食料危機問題と言われていますが、私の過去の記事でも紹介した通り、現在日本では人口減少と少子化問題でむしろ食品ロスの方が問題になっていますね。

世界的観点からすると、人口の激増や異常気象や温暖化現象による野作物の不作などいろんな問題が起こっていて、食料不足を懸念する声がいろんな所から挙がっています。

そこで出てくる話題が、昆虫食や微生物や今回紹介する代替食のひとつの代替肉になります。

今回はいろんなニュースでも話題にあがる、「代替肉」について私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

代替肉とは?

代替肉(だいたいにく)とは読んで字のごとく、通常の牛や豚のようなお肉では無い、そのお肉に替わるお肉の事を指します。

その原材料は主に植物性原料を使用した【大豆】になります。

代替肉は一般に大豆など植物由来の肉と、培養技術を用いた培養肉に分けられるが、培養肉は試験段階なのでまだ市場に出回っていない。

植物由来の肉の原材料は、大豆のほか小麦、エンドウマメ、ソラマメ(フィンランド産)というものもあるが量は少なく、大豆が多くを占める。

呼称も大豆ミートと呼ばれることが多いが、小麦の場合もあるのでその場合はグルテンミートと呼ばれる。

出典:農林水産省 PDF

昔から豆腐ハンバーグなどでも知られる調理方法ですが、最近ではいろんな企業でもこの代替肉を使用した製品の開発・販売が目立つようになってきました。

代替肉の呼び名も、フェイクミート・植物性タンパク・ソイミート・大豆ミート・大豆肉などいろんな呼び方もありますね。

ソイミートのソイっていう単語もよく聞くようになりましたね。

ソイプロテイン・ソイラテなどこの「ソイ」も魚のメバル科のソイでは無く「Soy=大豆」を指します。

動物の肉は環境による畜産負荷

最近では動物による環境負荷も問題になっているので、この代替肉が広まればその解決策の一つになるとも言われています。

もちろん全ての動物性のお肉が無くなるとか、お肉を食べないとかではなく、その量を減らす事によって問題が緩和する事になります。

一部では動物性のお肉は駄目という方も居ますが、これも個人の考えの一つだと思っています。

ちなみに私はお肉は大好きです。

とはいえお肉を食べるという事はそのお肉のもとの牛や豚や鳥の命を頂く事になるし、その飼育の過程での排出される二酸化炭素も温暖化の問題の一つにもなっています。

ダイエットや健康面から考える代替肉

この前ニュースで、代替肉の大豆を使用した焼き肉風に食べているニュースが放送されていましたが、その味わいも普通のお肉に近いとの事でした。

この代替肉の焼き肉は私も食べてみたいです。

ダイエットや健康面からみても私も興味のある食材になっているで、できればいろんな代替肉を食べてどんな味なのか試したいです。

そして大豆の生産も大々的に国もチカラを入れて、国産の自給率も上がっていけばいいのですが、なかなかうまくいかないようです。

できれば将来自分自身が食べる分だけでも、大豆を作り自給自足をしたい位です。

投資の観点からも代替肉関連企業に注目

世界的にもこの代替肉の流れは大きくなっていて、2040年には代替肉の割合が肉全体60%なるだろうと予想している学者もいるので、日本でもこの代替肉関連の企業も勢いが出てきそうですね。

農林水産省も2020年4月に立ち上げた「フードテック研究会」について

今後世界的にタンパク質の需要が増加していくと見込まれる中で、「おいしさ」といった消費者ニーズ・食の豊かさを確保しつつ、その安定的供給を確保するためには、国内の畜産業等の生産基盤を強化することはもちろんのこと、食に関する最先端技術(フードテック)を活用したタンパク質の供給源の多様化を図るなどの方策により、食料安全保障上のリスク低減を模索することが重要です。

出典:農林水産省

出典:農林水産省 PDF

とある調べでは2030年には、この代替肉市場も1兆円市場になるかもしれないと、予想している所もありますね。

それに関連した企業の投資を今から考えてみていいかもしれませんね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!