スポンサーリンク

全個体電池とは?新しい電源?脱炭素社会とカーボンニュートラル

スポンサーリンク

全個体電池とは?新しい電源?脱炭素社会とカーボンニュートラル

スポンサーリンク

蓄電池の進化がカギ

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

蓄電池がここ最近進化を遂げています。

最近だとリチウムイオン電池が普及してスマートフォンやポータブル電源など幅広く使われるようになりました。

しかしそんなリチウムイオン電池も発火や周辺の温度による電池の劣化などのデメリットも抱えており、万能では無いのが現状です。

そんな中次世代の蓄電池として「全個体リチウムイオン電池」が注目を浴びてきました。

先日のニュースで「日立造船が世界最大級の容量を持つ全固体電池を開発」と話題になりました。

今回はこの「全個体リチウムイオン電池」について私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

全個体リチウムイオン電池[AS-LiB®]とは?

「全個体電池」とは今普及率のスマートフォンやパソコンのバッテリーなどリチウムイオン電池の電解質が「液体」に対して、名の通り全個体電池は電解質が「個体」となっているので、名前も全個体リチウムイオン電池となっています。

そして従来のリチウムイオン電池に比べてエネルギーの密度が3倍蓄える事ができ、充電時間もリチウムイオン電池に比べると3分の1に短縮できるというとても優れものの次世代蓄電池です。

全固体電池は、現在のリチウムイオン電池に比べ、エネルギーの密度を3倍に増やせる見込みです。

その一方で、充電にかかる時間は3分の1に短縮でき、コストも抑えられると期待されています。

出典:NHK

ポータブル電源の未来

出典:suaoki

私はキャンピングカーや田舎移住や防災などに興味があり、過去にもいろんな記事の中でポータブル電源を取り挙げてきました。

そしてその現在のポータブル電源の中身の蓄電池は大体「リチウムイオン電池」です。

今でも昔の鉛バッテリーに比べれば容量や取り扱いに関してとても良い「リチウムイオン電池」ですが、今回紹介する「全個体電池」は次世代の蓄電池として注目を浴びています。

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!