スポンサーリンク

ミニマリストの卒業アルバムを思い出は残して処分の仕方や方法

スポンサーリンク

どう処分していいかわかりづらい卒業アルバムを簡単に処分する!

スポンサーリンク

最近卒業アルバムって見ましたか?

ミニマリストの処分や手放す時にはそのモノに対しての難易度があります。

普通のゴミから、使わないゲームソフト、もう読まない本など、どんどん捨てにくくなってきます。

その中でも難易度が高いモノと言えば、想い出のモノになります。

例を挙げると

・写真

「思い出の写真を1000枚手放した」過去記事はこちら>

・洋服

「思い出の洋服を手放した」過去記事はこちら>

・卒業アルバム

・貰い物

・手紙

・記念品

・長年使っていたモノ

など、いろいろ想いのこもったモノがあると思います。

この中には家族や友人や恋人のモノも多く含まれていまよね。

今回処分するのは…想い出いっぱいの「卒業アルバム」になります。

最近「卒業アルバムを見ましたか?」と、お聞きすると殆どの方が

「ここ数年全然見ていない」

「ずっと物置にホコリを被って置いたまま」

「そういば卒業アルバムどこにしまったのか覚えていない」

などのお声を耳にし、利用機会は少ないけど捨てていないモノの一つですね。

そして、できればこの「卒業アルバム」も手放したいと思う人も多く、しかしなかなか手放す事ができないモノの一つです。

この記事を読む事で、今回私が「卒業アルバム」を処分できたように、皆さんも手放したいランキング上位の「卒業アルバム」も踏ん切りをつけて、処分できるようになると幸いです。

ちなみに処分するタイミングは、引っ越しや年末の大掃除などがいいとされていますが、いつでも大丈夫です。

「もういらいない」と思った時がそのタイミングです。

手放す時に腰が重い理由の箇条書き

過去記事でも説明した大切なモノを手放す時におすすめな方法

「手放す時に腰が重い理由の箇条書き」

になります。

この「手放す時に腰が重くなる理由」を箇条書きにして、その理由を一つ一つ解決する事で、簡単に思い出の品も手放す事ができます。

卒業アルバムを手放す時に腰が重い理由

・思い出の品なので決心がつかず手放す事ができない
・どう手放していいのかわからない
・処分の仕方がわからない&難しい

手放す決心

基本この卒業アルバムの存在は、あまり利用するといった面では回数も価値も全然なく、ただ「自分の成長過程」や「当時のお友達との想い出」や「自分の想い出をいつでもふり返られる」モノというだけです。

しかも1年を通して見る機会が全然なかった場合は、もうモノとしておいてい置いても意味がないという事です。

この状態だと「部屋を綺麗にシンプルにしたい」と思った時に現物として、卒業アルバムを家においてい置いてもスッキリはしませんね。

なので、「卒業アルバムを手放したい」と思った時が、実は手放すタイミングであり、決心した時でもあります。

どう手放していいかわからない

最適な方法はデータ化になります。

この時に卒業アルバムの存在が「振り返って見る」だけなら、写真もデータ化をすればいつでも見れるし、しっかりとバックアップも取れば、長年保管する事も可能になります。

また現物の写真にしたい場合は、そのデータを写真屋さんに持っていけば現物となって復活するので、このデータ化をする事でなんの躊躇もなく手放す事ができます。

データ化の仕方も簡単で、以下の方法があります。

・デジカメやスマホなどで写真を撮る。

・プリンターの複合機のスキャン機能があれば、スキャンする。

・撮った写真データはパソコンやバックアップ用のHDD(外付ハードディスク)に保存しておく。

より詳しいデータ化する保存方法は、前回の当サイトの記事でも実践した、「思い出の写真を1000枚以上手放した」過去記事を参考にするとより詳しい方法が書かれています。

卒業アルバムは大きいいから処分の仕方が困る

卒業アルバムを処分するときに、一番困るのが「プライバシーを守りながら処分する」方法だと思います。

昔の卒業アルバムは、他の人の住所なども載っていて個人情報も満載ですからね。

卒業アルバムは通常の写真などと違って厚みがあり、サイズも大きいです。

なので普通のシュレッターでは厚みがあり細かくできない。

ハサミも刃がたたないなどで細かくする事が難しいですね。

しかし処分する方法はいっぱいあります。

・水に浸からせて、乾かすと台紙と写真部分が剥がれやすくなり、台紙部分と写真が剥がれたら写真部分だけシュレーターやハサミなどで細かくする。

・火で燃やしてしまう。(直接可「燃ごみ」として住んでる所のゴミ焼却場所に直接もっていく要電話確認)

・神社などの写真やお札などのお焚き上げにもっていく。

・個人情報のある部分をマジックやペンキやスプレーなどで塗りつぶしてから、住んでる所の指定方法でゴミとしてだす。(燃えるゴミ・古書など)

・業者を利用して卒業アルバム自体を特別な薬品を使って溶かして処分する。

などいろいろあります。

私は何で処分したか

私が処分した方法は、まずハサミやカッターなどで、表紙や裏表紙など分解していく。

個人情報が載ってない所はこのまま燃えるゴミとして出します。

この時100均に売ってる「小さいのこぎり」でやるのも簡単に卒業アルバムの解体はできます。

写真部分や住所などもこの時に、細かくできそうなら細かく刻んでいく。

個人情報部分が厚めで切れない場合は、水に浸して乾かすと紙の資材がもろくなくるので、乾いたあとに切り刻む。

乾かした時に、個人情報の部分だけ台紙と剥がれそうなら剥がして、シュレッターにかけました。

これらの方法で一番やりやすい物を選んで、処分してください。

自分でハサミなどでやる場合、短期間で処分するのは大変なのでゆっくり時間を設けて、何日間がかけてやるのも卒業アルバムの処分のコツでもあります。

シュレッターを持っておくと何かと便利です。

今回のような「写真」や「郵便物の個人情報の処分」、最近のキャッシュレス決済で多くなった「クレジットカード決済後のレシート」など幅広く処分できます。

まとめ

想い出が詰まっていて、サイズも独特のその大きさや厚みから、なかなか手放す事が難しい「卒業アルバム」ですが、やはり手放し後は心もスペースもスッキリしました。

データ化する事で、いつでも手軽にパソコンから見る事もできて、わざわざあの大きなアルバムを手にする事もないのがデータ化のいい所ですね。

部屋のモノがどんどん無くなっていくのは、気持ちの整理や掃除のしやすさに最適ですね。

次は思い出の書類(車の購入書類やいつか見返すかな?っていう書類など)関係を手放していきたいと思っています。

合わせて読みたい記事

ミニマリストの記事一覧へ>

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!