スポンサーリンク

ミニマリストにもおすすめ一人用こたつはこれです!電気代節約

スポンサーリンク

部屋全体を温めますか?

スポンサーリンク

最近の暖房に対する考え

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近の暖房に対する考え方も年々変化してきます。

ひと昔前なら部屋全体をエアコンや石油ストーブなどで、全体を温めて快適に過ごすのが、大半でした。

しかしこのミニマリストの考え方でもある「ミニマルな生活」を考えた時に、果たして部屋全体を温める事が必要か?

という考えの元、「自分の居る周りだけ暖かければ良い」という考えに変わってきてますね。

しかもミニマリストの居住スペースも年々小さくなっているので、そこまで部屋の隅まで温める必要もなくなっています。

そこでおすすめなのが、一人用こたつになります。

今回はこの快適の良さを、お伝えしようと思い今回紹介します。

遠赤外線とは?

そもそも遠赤外線っていう言葉はよく聞きますが、実際なんとなく暖かいもの、身体の芯から温まる、身体にいい、などの知識位でしか認識していませんでした。

なのであらためて、遠赤外線について調べてみました。

まず遠赤外線っていうのは、紫外線などの太陽光の中の一つになります。

太陽の光はそれぞれ波長があり、普段よく見る可視光線の赤よりも波長がさらに長い波が、赤外線になります。

赤外線の可視光線の波長ではおよそ0.7 μm – 1 mm (=1000 μm)になります。

そして赤外線にも種類があります。

「近赤外線(0.7 – 2.5 μm)」と「中赤外線(2.5 – 4 μm)」と「遠赤外線(4 – 1000 μm)」があり、その中の「遠赤外線」が今回紹介するこたつになります。

「遠赤外線」はいろんな物質から出ており、物質の温度が高いほど「遠赤外線」を強く放射します。

遠赤外線の効果とは?

遠赤外線は太陽光でもわかる通り、物を温める効果があります。

この遠赤外線は水にも大きく作用し、水にこの遠赤外線が当たる事により、水の分子が活発になると言われております。

水と聞いてピンっときた人もいると思いますが、人間の体内の水分量は約70%を占めていると言われてますよね。

なのでこの私たちの体内の水分が遠赤外線に当たる事で、血液関係の効果が向上します。

血管が拡張する事により血流循環がよくなり、そのおかげで体の代謝もよくなります。

そのおかげで体の芯から温まると言われている理由になります。

そこでおすすめの一人用こたつ

こたつからは遠赤外線が出ている事で、温まる事ができます。

こたつに入って下半身だけ温めていると、身体の代謝が上がり身体全体が温まるのは、この遠赤外線のおかげでもあります。

なので部屋全体が温まらなくても、そもそも身体が暖かければいいという事になります。

朝とかは逆に部屋全体をエアコンなどで温めて、行動しやすくするのも大事ですが、夜や休日の昼間なんかはそこまで部屋を暖めなくても、こたつで身体の芯から温めるだけでもいいと思います。

これにより電気代も節約にもなるので、おすすめの冬の暖房に関する考え方の一つでもあります。

ひとり用こたつは夏場は普通のデスクに使用できるので、一年通して自分デスクとしてもおすすめです。

この冬「一人用こたつ」の気になる方はチェックしてみてくださいね!

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!