スポンサーリンク

トヨタが定額(サブスクリプション)「KINTO」乗り換えサービス

スポンサーリンク

とうとうトヨタもサブスクリプション化で業界はどう変わる!?

前回記事でも書いたサブスクリプション化

トヨタ自動車は今年2月に試験的に都内で行われていた月額の定額サービス「KINTO」を2019年07月01日に全国展開をする事を発表した。

前回の記事で最近だと、音楽や映画などが定額サービス(サブスクリプション)に移行していて今度は、ゲーム(Googleの新定額ゲームサービス「Stadia」)などにも広がっていき、マイクロソフトやソニーなども順々に発表して話題になってました。

それと同時に、あらゆる物(タクシーや洗濯物やハウスクリーニングなど)がこれから先、サブスクリプション化していくと、お伝えしていたと思います。

そして7月1日に自動車販売で有名なトヨタ自動車が実車の定額サービス(サブスクリプション)を本格的に全国で展開すると発表しました。

トヨタのサブスクリプションとは

この定額サービス(サブスクリプション)の内容といいますと、名前は「KINTO](キント)で、実は2月にもうこのプロジェクトは都内ではじまっていて、簡単に説明すると、月額の定額制で好きな車に乗って、契約期間が過ぎたらまた違う車に乗り換えられるシステムです。

2019年2月の段階の「KINTO」は

2月の段階のシステムだと、「KINTO ONE」「KINTO SELECT」の2つのグレードを選べるようになっており、この2つとも36ヶ月の契約になり、高級路線の「KINTO SELECT」は6車種のLEXUS(レクサス)を半年ごとに新しい車に乗っていくというものでした。

「KINTO ONE」は月額4万9788円~

「KINTO ONE」の車種
プリウス・カローラ スポーツ・アルファード・ヴェルファイア・クラウン

「KINTO SELECT」は月額19万4400円

「KINTO SELECT」の車種
LEXUSの ES300h・IS300h・RC300h・UX250h・RX450h・NX300h

そしてこれらの価格には車両代や登録時の諸費用・税金やメンテナンスや任意保険や自動車税も全部コミコミで入っている。

つまり、ガソリン代と駐車場代さえあれば、利用できるといお手軽さです。

もちろんスタッドレスタイヤなどの装備は別途になるようです。

ただし、「KINTO ONE」と「KINTO SELECT」には走行距離の制限がかかっており、走行距離が月に1500kmまでと決まっていてもし、過走行になったら別途追加料金払うシステムです。

2019年7月1日全国展開の「KINTO」は

3年間トヨタの新車に乗れるというコンセプトにしてます。

「KINTO ONE」「KINTO SELECT」の2つのプランがあり

「KINTO ONE」の車種
アクア・プリウス・カローラスポーツ・クラウン・ヴェルファイア・アルファード

「KINTO SELECT」の車種
RX450h version L・ES300h version L・RC300h F SPORT・NX300h F SPORT・IS300h F SPORT・UX250h F SPORT

■ポイント1

頭金なしで月々定額制(サブスクリプション)

■ポイント2

必要な費用がコミコミで任意保険も加入済み

■ポイント3

契約満了後は新車に乗り換えてもいいし返却でもOK

■ポイント4

WEBサイトからでも、販売店でも申込みOK

■ポイント5

契約期間は3年間でなんと車検手続き不要!

「KINTO ONE」ラインナップ

■アクア

月額39,500円(税抜)〜【42,660円(税込)~】

■プリウス

月額46,100円(税抜)〜【49,788円(税込)~】

■カローラスポーツ

月額49,500円(税抜)〜【53,460円(税込)~】

■クラウン

月額90,000円(税抜)〜【97,200円(税込)~】

■ヴェルファイア

月額75,000円(税抜)〜【81,000円(税込)~】

■アルファード

月額79,000円(税抜)〜【85,320円(税込)~】

このように車種別の料金が異なっており、自分のライフスタイルに合わせて乗る事ができる。

「KINTO SELECT」のラインナップ

■車両代金:車両本体価格・KINTO所定の装備品代金

■税金・手数料等:自動車取得税、自動車税、重量税、登録手続き費用

■保険:自動車保険(自賠責保険・任意保険)料

■メンテナンス:レクサスケアメンテナンスプログラムが適用

・RX450h version L

・ES300h version L

・RC300h F SPORT

・NX300h F SPORT

・IS300h F SPORT

・UX250h F SPORT

「KINTO SELECT」ならではの気軽に乗り換えができる!

6ヶ月ごとに1台ずつ、3年間で6台を乗り換えできるサービスがあり、いろんなレクサスを楽しむ事ができる。

6ヶ月間乗った後、乗っていた車を一旦返却して、別の新車に乗り換えられる事が可能!

まとめ

とうとうトヨタ自動車もサブスクリプション化しました。

最近若者の〇〇離れの代表格の車離れが加速するなか、こういったサービスはこれからも、より便利になり拡大して行くでしょう。

特にこの先の地方は限界集落を迎えており、あと20年後にはそういった集落は消えていき、より一層、人口は都会に集中すると言われてます。

都会にいると、車の利便性はあまりなく、電車やバスで事足りるようになってきています。

そして単発的に車で旅行に行く場合はレンタカーを借りて行くほうが、維持費の観点からもお得になる。

タクシーも割高だと思うが、都内では車を維持するだけでもかなりのコストがかかる為、トータルでみればタクシーを利用した方がお得なる場合も多々ある。

この車離れの波に、なんとかしないといけないのが、自動車産業で、その中で生まれたのがこの「KINTO」のシステムです。

サブスクリプション化もシェアカーなどと、同じような新しい車との生活ですね。

この波もいろんな自動車業界に波紋を広げるでしょう。

そして今トヨタ自動車は先日にも話題になったソフトバンクとの提携の

「MONET Technologies」

2019年6月28日、いすゞ自動車・スズキ・SUBARU(スバル)・ダイハツ工業・マツダとも資本業務提携を結んだニュースが飛び込んだばかりで、自動運転などこれからもっと自動車とのあり方が変わり、新しい生活に変わっていくでしょう。

今の車のあり方が変わりまた新しい時代が生まれる時ですね。車も将来安全に事故が無くなるような未来が早く来て欲しいです。

合わせて読みたい記事!時代は今凄い速度で日々変わってきています。

トヨタ自動車「KINTO ONE」公式HP

https://kinto-jp.com/

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!