スポンサーリンク

中高年でもわかる過去のブログのリライトの重要性やSEO対策

スポンサーリンク

SEO対策でも重要とされるリライト

スポンサーリンク

ブログでのリライトとは

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

「リライト」=「書き換える」などの意味合いをもちますが、ブログ運営での「リライト」とは既存の記事を、閲覧してもらう方への利便性やSEOの効果を高める行為であり、記事構成や文章・画像の手直しなどをする事を「リライト」としています。

今回の記事でこのSEO効果を高める効果もある「リライト」を解説していきます。

リライトする意味

ブログ運営をしてると、日々の記事はどんどんたまっていきます。

その記事が全部が全部多くPV(ページビュー)を稼いでる人はまず居ないのではないでしょうか?

多く記事の中には自分でも忘れがちな人気の無い記事もあるわけです。

実際今現在私は550記事以上を書いていますが、最初の方の記事などは恥ずかしい位、SEO対策など何も意識していない記事となっている為、PV(ページビュー)も全然無い記事もあります。

そこで必要なのがブログ記事の「リライト」になるわけです。

人気の無いPV(ページビュー)の少ない記事を「リライト」する事により、結果「リライト」した記事はもちろん、他の記事の検索結果の底上げにもなり、より高品質なサイトになり全体のサイトとしての価値も上がるので、ぜひ「リライト」していきましょう。

全部の記事をリライトするの?

記事の「リライト」数は人それぞれだと思いますが、全部の記事をやる必要はありません。

全部の記事を「リライト」していたら時間がいくらあっても足りません。

例えば、検索順位で若干中途半端な順位で、あと少し手を加えれば検索順位があがるかもしれない記事や、この記事人気ないけどちゃんとSEO対策やキーワードを意識して「リライト」すればもっといい記事になりそうなどの、「リライト」して伸びそうな記事だけでもいいと思います。

その時は「Googleのサーチコンソール」をみて、数ある中の過去の記事の特性をみて「リライト」する記事をピックアップするといいでしょう。

収益が0の記事よりも、多少収益があるが伸び悩んでそうな記事を修正した方が、断然時間効率や「リライト」のやる効果も大きく変わっていきます。

リライトの目標

記事も手を掛ければ正直終わりはありません。

なので最初にどこまでこの修正する記事を「リライト」するかを始めの段階である程度決めておくと、大量にある「リライト」しようと思ってる記事も次から次へとやる事ができます。

・画像の差し替え
・文章の修正
・記事全体の構成
・内部リンクの見直し
・最新のSEO対策する

などやる事はいっぱいありますね。

なので例えば、最近の記事のベースの書き方と、最初の方に書いた記事のベースでは、記事のベースが大きく変わっている事がありますね。

なので今の記事のベースに過去記事を「リライト」していくだけでも、全然記事の良さは上がりますね。

こういった感じで、決めておくと作業は進みます。

これ付けくわえて画像いじったり、文章を大きく書き替えたりしていくと、一つの記事に大きく時間を取られてしまいます。

もし文章を「リライト」したくなったら、また次の「リライト」の時に記事内容の大幅な修正をする目標を立ててもいいと思います。

また1記事を徹底的に「リライト」するのでもいいと思います。

1日に新規記事を書いて、そのあと過去の1記事を「リライト」するといったルーティンにしてもいいと思いますよ。

リライトのSEO対策向上

「リライト」する事によりSEOの効果ぐーんと上がります。

SEOを意識したタイトル再選定、内部リンクの見直しによる滞在時間の向上、文章の校正からのより内容の濃い文章への修正、画像の差し替え見直し、記事の鮮度の向上など良い事尽くめな事ばかりです。

また過去何年も経ってる記事でも、最新の体験談や関連する最近のニュースなど付け加えるだけでも、とてもいい「リライト」となっています。

なので今ご自身のサイトが伸び悩んでる場合は、こういった「リライト」をする事で、記事やサイトのSEOを向上させる事ができるのでおすすめの方法です。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!