スポンサーリンク

テレワークにおすすめ見直し買い替えた私のおすすめルーターNEC

スポンサーリンク

テレワークにおすすめ見直し買い替えた私のおすすめルーターNEC

スポンサーリンク

家庭内のWi-Fi環境を良くする方法

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

私は現在、在宅にて仕事をしているので、一日中パソコンに向かって作業をしています。

そうなるといろいろとパソコン周りの周辺機器も良くしていかないと、時間のロスや小さいストレスなどがたまり、在宅での環境は悪くなり自身のモチベーションが下がりその結果、仕事の効率も落ちてしまいます。

過去にもマウスのトラブルや、長時間座っている為に仕事用の良い椅子パソコンデスク、テレワーク・web会議で使えるヘッドセットwebカメラや、家の中のBGM改善などなるべく家の中でも集中できるような環境を整えきました。

そして今回在宅での環境変化に取り組んだのは、家庭内のWi-Fiルーターの改善になります。

接続台数が増えた為かWi-Fiが途切れる

現在使ってるルーターは5年前に購入したモノです。

電化製品(特にパソコン関係)では、5年という歳月が流れると古い機種になると思います。

そして最近家の中のWi-Fiを使用する端末台数も増えてきました。

「ノートパソコン」「スマートフォン」「スマートリモコン」「Google home」「プリンター」「タブレット」などここ数年で増えてきました。

そして最近では「SwitchBot」のような外出先でも家電の操作が行えるコンセントプラグなども出ているので、これからもWi-Fiを必要とする端末台数は増えていきそうです。

現状のWi-Fiルーターでも通常は使える事は使えているですが、YouTubeなどのBGMの動画再生を長時間していると、たまに通信が一瞬途切れる事がありました。

そんなプチストレスを無くす為と、より快適に仕事をしやすくする為にも通信速度が上がれば効率も自然と上がるので、今回最新のWi-Fiルーターの買い替えをする事にしました。

私の現在のWi-FiルーターPA-WG1200HP

現在私が利用しているのが、NECのAtermStationシリーズの「PA-WG1200HP」になります。

上記のような性能になっています。

Wi-Fiルーター買い替え PA-WG2600HS2

今回私が購入したモデルは、このNECのAtermStationシリーズの「PA-WG2600HS2」になります。

大きさは前回の「PA-WG1200HP」よりも一回り位大きい感じです。

接続方法もいたって簡単で、私の場合はこういったルータは「簡単接続」などありますが、全て手入力で端末(スマートフォン・ノートPC・Google home・chrome castなど)にパスワードを入れるだけですぐに使えました。

「PA-WG2600HS2」の内容物はこのようになっていました。

これでより安定した無線LANでの環境は良くなり、長時間の動画再生やパソコンで行う仕事の効率も上がりそうです。

ただ「Google home」の再設定の時に、いつの間にかYouTube premiumに無料トライアルに加入して状態になり解約する項目がどこにもなく、インターネットで検索をしましたが同じような状態の解決策が無く(インターネットで解決できる例の「解約」という項目が無い)、困っていましたが、「note」などを参考にしてなんとか解決しました。

「Google home」の再設定をする際は気を付けてください。

電化製品はなるべく数年ごとに買い替え

家電はやはり日々進化をしているので、数年経ったら買い替えをする事で、節電や時間効率やプチストレスなども減りおすすめです。

とはいえ「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」と、思う方もいらっしゃると思います。

そこは処分ではなくリサイクルショップに持っていく事で、必要な人にまた使ってもらえるので、私は家電を手放す時は必ずリサイクルショップを利用しています。

例えその買取金額が10円だとしても、捨てるよりは良いと考えます。

そして家電の買取も10年を超えると買い取ってもらえない場合があるので、10年経つ家電は買い替えのタイミングでもあると思います。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!