スポンサーリンク

#18【東京キャンピングカーショー 車中泊暑さ対策編】

スポンサーリンク

最新車中泊の暑さ対策紹介

昨今の夏の車内は地獄です。

これからの日本は40℃超えが当たり前!?

ここ最近の日本の気温が大変な事になってますね。

まさに異常気象です。

この先夏は40℃超えが当たり前となっていくのでしょうか?

昔は夏に家の中でゲームをしようものなら

「夏なんだから外に行って遊んできなさい!」

なんて母に言われたもんです。

今ではTVのニュースなどで「危険な暑さだから出るな!」なんて言われる時代です。

そんな昨今、車中泊も夏の暑さ対策はしっかりしていかないと、熱中症になってしまいます。

命の危機になるかもしれないので注意が必要不可欠です。

今みなさんも、車中泊に対していろいろ暑さ対策されてると思いますが、私がいろいろなサイトや現物を見てきた対策を少しあげてみます。

基本車のエンジン停止での対策の為、車のエアコンは停止してる状況下です。電気製品使用の場合は外部電源を使用しての対策です。

エアコン、扇風機、網戸、内貼り剥がして断熱材を入れる、DIYペルチェ式クーラー、DIY氷を使っての簡易クーラー、窓部分のカーテン、サンシェード、高地に行く、日陰に停めるなどいろいろな対策があるなか、一番いいのはやはりエアコンではないでしょうか?

今回の展示会でも何社かは最新のエアコンを展示していました。

これからこの暑さ対策市場は大きくなりそうですね。

最新の車中泊エアコン事情

このように車内で普通に家庭であるようなエアコンが、使える装備も出てきてます。

もちろんクーラー暖房、除湿もできます。

価格もそれなりですが(汗)

このエアコンの仕様は室外機は天井に付け、車中泊しながらエアコンが使えるようになっております。

もちろん電源はAC100Vなので、それなりの外部電源を構築しなくてはいけません。

しかし車内で通常のエアコンが使えるなら、昨今の異常気象を考えると、お財布と相談してもいいかもしれません。

実際会場で試運転をしていたので、クーラーにあたってみましたが涼しく快適そのものです。

こんなエアコンが車に付いてると安心ですね。

やはり軽キャンはポータブルクーラー

いろんなメーカーさんの暑さ対策をこの日見てきましが、私がおすすめするクーラーはこれ!

この青い機械も実はちゃんとしたクーラーです。

吹き出しは小さいものの意外とパワー溢れる風量で涼しいです。

しかも結構みなさん注目していて、なかなかの賑わいで写真を撮るのも大変でした。(汗)

メーカー様の商品説明はこんな感じです。

本体6.3kg、専用バッテリー4kgと言う軽さのポータブルエアコンが、この夏日本に初上陸します!環境およびオゾンに優しいデュポンR-134a冷媒を使用したDCロータリーコンプレッサー搭載。これがある場所は、どこでも快適な避暑地に!またゼロブリーズは、冷房だけではなくLED照明や、スマホ・タブレットが充電できるUSB端子、Bluetoothスピーカーを内蔵。夏のアウトドアを楽しく快適なものにします。ゼロブリーズは、専用バッテリーでおよそ4時間から5時間稼働します。(※)バッテリーを取り外して、AC電源で使用することも可能です。※風量を「ミディアム」で使用した場合。使用状態・環境によって稼働時間は変動します。

コイズミダイレクト様HPより

リチウムバッテリー付属なので、持ち運べてなおかつ本体での電力は120w~150wサブバッテリーで運用も可能となってます。

単体で3~4時間バッテリーで稼働するらしいですよ。

(メーカーの表示時間より実際の稼働時間は減るそうです。他の方の商品レビューみるとこれ位の時間らしいです。)
使用状態・環境によって稼働時間は変動します。とメーカーさんも言っているので、時間は個人差ある感じですね。

本体のバッテリーが切れたら、ポータブル大型バッテリーに繋いで運用すれば、一晩は快適にすごせますね。

ポータブル電源でおすすめ

suaokiさんのG500です。

車中泊されてるyoutuberもこれを使用してる方が多くその感想もみなさん満足そうです。

クーラーなので熱い排気も考える

ちなみにクーラーなので排気の事も考えなくていけません。

もちろんこのクーラーも後ろの部分から熱い排気が出ます。

この排気は蛇腹のホースが出ているで、これを外に逃がす事によって空気循環ができます。

窓から排気する事を考えて運用する事になります。

そしてクーラー特有のあの、クーラーから出てくるお水の処理です。

そもそもあのエアコンから出るお水とは?

圧縮機等冷凍サイクル系に付く結露水という結露した水です。

これも後部にホースが付いてるのでこの、ホースをペットボトルにでも挿しておけば水が溜まっていき、翌朝その水を処理すれば問題ないです。

これなら万が一の災害時にもあると安心ですね。

価格もかなりしますが・・・

これは最近の異常気象の暑さ対策はこれで対応できそうですね。

この他にも違った商品もありました。

こちらの会社さんはこういう低価格の商品も出しており、こちらも結構涼しい風が出てましたよ。

冷媒が無くても水だけで爽やかな冷風を作り出します。シガー電源(12V/24V共通)で使えるコンパクトなポータブルクーラーです。特殊なエヴァボレーターが水を吸い上げてバリアブルスピードファンで涼しいミスト風が吹き出します。

コイズミダイレクト様HPより

これなら価格も抑え目でいいですね。

あとの暑さ対策はポータブル扇風機併用とか網戸、今はDIYでパソコンでも使用されてるUSBファンを窓枠にはめ込んで換気兼扇風機にしたり、みなさん工夫されてますね。

それでは!くれぐれも無理しないで、楽しい車中泊ライフを満喫しましょうね。

あわせて読みたい記事

次回・・・DIYでやる暑さ対策&換気システム



次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!