スポンサーリンク

2019東京キャンピングカーショー車中泊人気のインディ軽キャン

スポンサーリンク

軽キャンのINDY727とINDY108

INDY108とINDY727の違いは?

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

キャンピングカーでもいろんな種類がある中、その中でも軽キャンもいろんあ種類があります。

そして今回のこの「インディ」シリーズは、軽キャンのオーナーの方達にも人気で、この車両の創りも、あらゆるノウハウを追求している軽キャンになります。

でもINDYってINDY108INDY727があるけどその違いは?

そうです2種類ありますが、基本ベースは同じで、兄弟車ですね。

ただ販売元が違います。

INDY108は【TOWA MOTORS】販売です。

INDY727は【INDIANA RV】販売です。

最初はなんで似たような名前・車両ベースなんだろう?って思っていましたが、販売元の違いがこの名前の違いになります。

インディ

こちらはTOWAさんのINDY108ですね!108=トーワですね!

この迷彩柄は可愛く、女性の方がよく見ていました。

このデザインは目立つ上に可愛い色合いになってるので、街中でも目を引くこと間違えなしです!

こちらはINDY727ですね。ナンバーをよく見ると727…こだわりですね~(笑)

販売元は違いますが、INDYシリーズはどちらも人気の車種でお客さんも絶えず並んで見学していました。(なかなか撮影チャンスがありません)

内装を見るだけでもかなりの細部まで凝った創りになってます。

インディの内装

内装はとてもシンプルであり機能的でもあります。あらゆる隠し機能があるのも、人気の理由の一つでもあります。

この対面ダイネットもいい空間を創っていますよね。ぱっと見「豪華列車の車窓」のような風景ですね。

このダイネットテーブルも取り外しができて、テーブルを取り外してこの空間をフルフラットのベットにも展開できる所がポイントです。(ベッドサイズ:1900×1130/1000mm)

もちろん中にはギャレーも設置してあるので、料理もできます。

サブバッテリーの電気関係もしっかり構築されています。

居住空間の広がりボアアップ

このボアアップシステムにとり停車時には居住空間の拡大になります。

このボアアップの中は「ポップアップルーフベッド」と呼ばれ、大人が2名就寝できる大きさの面積を確保できるサイズです。(ベッドサイズ:2100×1170mm)

このポップアップルーフベッドのシステムもINDYの人気の理由のポイントの一つですね!

INDYスペック

※2WD・オートマチックの場合

ベース車両:ダイハツ(ハイゼットトラック)

タイプ:軽キャブコンバージョン

エンジン:ガソリン(2WD/4WD) 660cc

乗車定員:4名

就寝定員:4名

全長:3390mm

全幅:1470mm

全高:1990mm

~ハイゼットの場合~

排気量:658cc

最高出力:39kW(53ps)/7200rpm

最大トルク:60N・m(6.1kgf・m)/4000rpm

INDY販売元

詳しい詳細はこちらの販売元のURLを載せておきますね!

■INDY727 インディアナ・RV 公式HP

https://www.indiana-rv.net/

■INDY108 TOWA/東和モータース 公式HP

https://towa-motors.com/

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!