#17【東京キャンピングカーショー 車中泊トイレ編】

スポンサーリンク

車中泊で気になるトイレの情報です。

いきなりトイレのお話です。(笑)

ここに載ってるトイレはすべて未使用です。

車中泊をしているとどうしてもトイレ

どうするか考えますよね?

短期なら道の駅や買い物ついでのコンビニ

スーパーとか高速のSAとか簡易トイレで

済ませられますが・・・

長期だとトイレを探すよりも中に置いた

方が効率的ですよね。

特に観光で山奥にいったり人の少ない所に

行くとトイレが無い場合もあります。

キャンピングカーのトイレ事情

そこでキャンピングカーの展示場にあるのが

こういうタイプの移動設置型のトイレです。

ポータブルトイレとも言われてます。

これは単体構造になっており持ち運び可能

です。しかもちゃんと水洗になってます。

排水タンク給水タンク一体型です。

上記の左の棚に見える薬剤を入れる事に

よって臭いなど抑えられる事ができます。

こういう薬剤はコンサート海の家

花火大会工事現場などで見られる

仮設トイレもこういう薬剤を入れてます。

これにより臭いの低下ができます。

基本は外でする。しかし一大事の時はこの

ポータブル式トイレ精神面の安心

万が一のトイレとして役にたちます。

便座の左のプッシュを押して圧力を高めて

水を流すという仕組みになってるので便利

ですね。

流す水の方もこういう汚れが便器に着きにくく

なる薬剤もあるので水と混ぜて使うとよさそう

です。特に真水のみだと冬氷点下にまで下がる

所では真水も凍ってしまうので冬場氷点下

の所に行くときは凍らない水にした方が

いいですね。(不凍液という液体)

車のウォッシャー液なんかもこの

不凍液類です。

排泄部分も上記の右の写真で見てもらうと

独立するため処理もしやすくなってます。

大型のキャンピングカーでしたらこの様に

トイレを置き外から処理しやすくしたり

工夫された置き場所など提案されてます。

そこで私が惹かれたトイレはこのタイプです。

もちろん大型の車です。

キャンピングカーの後ろの場所に個室のトイレ

スペースをちゃんと作ってプライバシーから

臭いまで考えられてる所です。

大型だからできるこの仕様ですがいいですね。

清潔感もありリアハッチを開けると処理も

しやすくこういうトイレなら抵抗なく使え

そうですね。

ちゃんと横にトイレットペーパーの収納棚

ありしっかりとした作りです。

もちろん車内からここにアクセスする時は

ドアも設置されてます。

サイズもありますの用途に合わせて使えそう

ですね。

キャンピングカーでトイレで悩んでる方

調べてみてはいかがでしょうか。

軽キャンパーとしてはもう少し簡易的

トイレが現実味ありそうですね。↓

なかなか聞けないトイレ事情でした。

次回・・・車内の空調・エアコンのお話

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする