スポンサーリンク

中高年でもわかるオンライン診療とは便利だが未だ進まぬ現状と課題

スポンサーリンク

オンライン診療は大変便利

スポンサーリンク

厚生労働省がすすめるオンライン診療

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近「オンライン○○化」が広がっていて、新しい生活様式にも対応するようなオンライン〇〇が増えています。

当ブログでも「会議」「飲み会」「帰省」「授業」などオンライン化する事で、相当なメリットがある事をお伝えしてきました。

そして今回取り上げるのが「オンライン診療」になります。

この「オンライン診療」は厚生労働省がすすめる、今後の医療のあり方の一つでした。

患者から電話等により診療等の求めを受けた場合において、診療等の求めを受けた医療機関の医師は、当該医師が電話や情報通信機器を用いた診療により診断や処方が当該医師の責任の下で医学的に可能であると判断した範囲において、初診から電話や情報通信機器を用いた診療により診断や処方をして差し支えないこと。

出典:厚生労働省 HPより

現状のオンライン診療とは

出典:厚生労働省 HPより

従来のオンライン診療は通院中の患者に対しては認められていた、電話や情報通信機器を用いた通信での「オンライン診療」が行われていました。

そして2020年4月10日からは感染リスクの軽減も図れる事から、初診でも「オンライン診療」が認められました。

今回の感染騒動に伴い、より一層の「オンライン診療」を推し進めている状況です。

従来の通院は病院に直接行って、お医者さんと会って、薬を処方してもらう流れでしたが、「オンライン診療」は、自宅の電話や情報通信機器で映像と音声のみで、お医者と話して通常の受診をする事ができるという事です。

会計もクレジット決済などの可能な所もあり、支払いも便利になる。

そして薬が必要なら処方箋も出してもらえて、その受け取りも自宅の最寄りの薬屋さんで受け取れるという大変便利なシステムになっています。

オンライン診療のメリット

・通院の必要性が無いので、それまでの移動が無くなり、受診がしやすくなる。

・感染リスクが移動しない事により、大幅な感染拡大の軽減になる。

・病院に行ってからの長い待ち時間が無くなる。

・薬も最寄りの薬屋・ドラックストアで受け取れる。

・乳幼児や高齢者は通院するだけでも大変。

軽い症状の受診の場合、病院に行くと受診までに1時間以上待ち、受診は患部も見る事なく数分で問診のみ終わって、また会計も長い待ち時間があり、そのまま継続する薬をもらう事もしばしばあります。

この状態ならオンライン診療には最適だと思います。

軽い症状の方はオンライン診察をする事により、より重症化してる方が病院に行った時に早急に診察をしてもらいたい際にも、病院内での待ち時間が早く回ってくる事で、スピードアップにつながります。

そんな便利でもオンライン化が進まぬ現状

こんなに双方に便利な「オンライン診療」ですが、現在はそこまで浸透してはいません。

その理由は多岐にわたりますが、多くはやはり電話や情報通信機器のビデオ映像だと、診療の限界があるという。

もちろん映像の解像度などは患者さんの機器や通信環境よって変わるので、映像が粗かったりすると患部がよく診れない為に、ちゃんとした診断ができないという。

そうなると、万が一誤診した場合はお医者の責任になってしまう事があるので、気軽に初診でしっかりと診れる訳ではないので、なかなかオンライン診療に取り組めない要因の一つになっています。

そしてシステムの構築もまだ整っていないので、今手探り状態なのでプライバシーなどのセキュリティー問題や、支払いの決済の仕方、人員の配置などある程度の病院内での大きな改革が必要でもある事も進まぬ要因の一つです。

また診療報酬もオンライン診療だと少ない為、その報酬にも国の補助で高くして、利用者と病院がもっと快適な関係になるように、事業をすすめてほしいものです。

こういう所に税金をしっかりと、あててもらいたいですね。

今後はより一層のオンライン診療は重要

これからは、超高齢化社会に突入する事で病院に通う人数はどんどん多くなります。

現状の病院でさえかなりの人数が押しかけていて、場合によっては2時間待ちなんて事もあります。

これ以上通院患者が、増えたらと考えるとゾッとします。

そして地方は限界集落も出てきて、病院自体が遠くになり通うまでが相当大変になります。

このような不安要素もあるので、このオンライン診療は今の内から、課題を見つけそれをクリアしていき、もっと便利で診療しやすい自宅で出来る「オンライン診療」になっていって欲しいですね。

この現状でつまづくのではなく、つまづいたら改変してく強い改革が欲しいですね。

その為には、民間の病院では限界があるので、国レベルでの補助や改革をよりすすめてほしい所です。

病院や国側だけではなく、利用する私達側もIT化の知識の向上や、パソコンなど最低限扱える能力の向上も必要ですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!