スポンサーリンク

#22【車中泊の基本マナーまとめ 道の駅・SA・PAの違い 】

スポンサーリンク

このまま行くと車中泊が禁止になっちゃう?

流行りとマナー

最近車中泊をする人が増えちょっとしたブームになっています。

ブームになって業界が盛んになる事は良いのですがそこで問われるマナーの問題です。

一部の利用者のマナー違反が目立ち始めて、各メディアでも取り上げられる様になってしまいました。

道の駅でも場所によっては「車中泊禁止」なんて入口に看板を建ててる所も出始めました。

このままでは車中泊という行動さえ周りから白い目で見られるようになってしまいます。

最悪どこも車中泊が原則禁止になってしまうかもしれません。

そこでマナーとはいったいなんだろう?

という疑問が出てきます。

基本一般常識内なのでそこの線引きは難しいですがいろんなサイトのこれはマナー違反だっていうのを私なりにまとめました。

まずは施設の概要です。

そもそも道の駅とは?

道の駅の管轄と禁止事項を調べてみましょう。

道の駅の管轄は国土交通省です。

道の駅とは?

・道路利用者への安全で快適な道路交通環境の提供

・地域の振興に寄与

道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の方々のための「情報発信機能」、そして「道の駅」をきっかけに町と町とが手を結び活力ある地域づくりを共に行うための「地域の連携機能」、の3つの機能を併せ持つ休憩施設「道の駅」が誕生しました。国土交通省HPより

休憩機能 24時間無料で利用できる駐車場、トイレ

情報発信 道路情報、地域の観光情報など提供

地域連携機能 地域振興施設

というコンセプトの元作られた施設になります。

禁止事項は各道の駅によって決まっているので利用する道の駅に明記されてるのでそちら確認してください。

サービスエリアSAパーキングエリアPAの違いって何?

高速道路を運転するにあたって運転手の疲れや緊張をとったり、トイレ休憩をしたり車の給油、動物の休憩などを行うための施設が必要です。

その役割を果たしているのが、SAPAの役割になります。

SAは約50km間隔で設置

PAは約15km間隔で設置

することになっています。

・SAは人と車が必要としているサービスを提供できる休憩施設です。

人が必要としているサービスとしてはトイレや休憩所、車が必要としているサービスとしては駐車場やガソリンスタンド等があげられますね。ただし、全てのSAでそういった施設があるのかといえばそうではなく、利用状況に応じて、レストランが無いSAやガソリンスタンドが無いSAもあります。

NEXCOより

・PAは運転手の疲れや緊張をとるためのサービスを提供している休憩施設です。

トイレは全てのPAにありますが、売店やガソリンスタンド等は、利用状況などを検討したうえで設けるかどうか判断することになりますので、必ずしもあるわけではありません。

NEXCOより

という区分けになります。

利用状況に合わせて、売店が充実していたり、ガソリンスタンドが設置されているPAもあるので、サービスの内容で、SAPAを区別する事はないそうです。

つまり違いはあまりないとの事でした。

私なりの違いの目安は

SAは賑やかでいろいろ充実している

PAはトイレ休憩する場所と認識してますね。

SA・PAの禁止事項は公式に明記されてます。

禁止行為
SAPAでは次の各号の行為を禁止します。なお、この禁止行為をされたお客さまへは弊社から是正を求めることがあります。

・1 駐車禁止場所、車路又は所定の区分
(小型車、大型車、特殊大型車及び障がい者等)
以外の駐車ますに駐車すること。
(なお、混雑時には係員の指示に従ってください。)
・2 空ぶかしや不必要にエンジンを作動させること。
・3 みだりに火気の使用をすること。また、キャンプ、バーベキューなどを行うこと。
・4 許可なく物品の販売、陳列、文書の配布又は掲示等を行うこと。
・5 許可なく募金、署名活動、演説又は集会等を行うこと。
・6 施設、設備、器物、備品、車両、樹木等を滅失し、毀損し、又は汚損すること。
・7 前項に規定の目的に反し長時間にわたる駐車を行うこと。
・8 車両を放置したままSA・PAから立ち去ること。
・9 所定のゴミ箱以外に物を捨てること。
(なお、高速道路外からの持ち込みゴミを捨てることはご遠慮ください。)
・10 前各号に掲げるもののほか、弊社の業務の支障又は他のお客さまの迷惑、危険又は
利用上の妨げとなるような行為をすること。

 NEXCO HPより

これらによってある程度のマナーのガイドラインは見えてきますね。

次回は車中泊においてのマナー違反のまとめになります。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!