スポンサーリンク

休日中のSNSの写真・場所報告など注意!空き巣・侵入盗リスク

スポンサーリンク

休日中のSNSに投稿は危険!

SNSに投稿は危険なのか?

最近は旅行先にて旅行中の写真をそのまま撮って、その時にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にあげるのも当たり前のような状態になっていますが…

実はこの行為は大変危険なリスクを背負っています。

ニュースなどでも喚起してる所はありますが、まだあまり多くの人に広まってないので、私の所でも注意喚起として記事にしておきます。

愛知県警などは最近こういった事例が出ていて、危険という呼びかけをおこなっています。

通常の休日はもちろん、特にGW(ゴールデンウィーク)、お盆、年末年始、のような長期の大型連休などの時は注意が必要です。

愛知県警公式 URL

https://www.pref.aichi.jp/police/index.html

犯人の目線で考えてみましょう!

普段から何気ない発信をしたとします。

「高い時計買いました。」「どこどこのカフェに毎週日曜日通ってます。」

と、1ヶ月~2ヶ月昔に投稿したとします。

そして近日報告として「明日から3日間旅行にいってきます。」「今旅行先でこんな美味しそうな料理食べます。」こんな内容を発信したとします。

いたってどこにでもある、発信ですね。

これを犯人の目線から考えてみましょう。

お金持ってそうな(高級バック買った、高級車乗ってるなど)SNSを普段からあげていいると、「この人はお金持ってそう」と目を付けられます。

そして、普段通ってるお店や、特定の日にこのお店にいくなど(住んでる地域がわかってしまう内容、行動パターンなど)発信すると、あとを付けられて最悪住所を割り出されます。

そして「どこかに旅行にいきます」とSNSで発信すれば、もうこれでお金もってる人の家は不在がわかるわけです。

こういった目線で考えるだけで、かなり危険なSNSでの発信だということがわかりますね。

休日の発信は要注意

なので「休日中に家族で5日間海外旅行に行きます。」と投稿して、実際その期間中に「海外からの旅行中の写真付き投稿」をする事により、その投稿者の家は「空き家状態になっている事を世界中に発信してる」事の危険も理解しておきましょう。

こういった投稿は普段から注意していないと、自分では何気ない投稿でもかなり危険な事を投稿してる事を自覚しましょう。

なので予防策としては、時差報告などで事後報告が安全とされてます。

確かに「今」を発信したい!気持ちはあるのもわかりますが…

その「今」を狙われてしまうので、事後発信が有効だと言われてます。

あとは普段から自分の生活圏の発信や行動パターンの発信も気をつけるようにしましょう。

近年の侵入型強盗の増加

平成30年の警察庁発表の侵入型犯罪の件数だと

侵入型犯罪件数 62.745件

と、多く非常に警戒しなくていけない時代だと思います。

昔だと住宅系の警備保証会社はお金持ちだけやるイメージですが最近の犯罪傾向からも普通の住宅でも契約している件数も多くなってます。

しかも業者によっては月額4000円以下のプランなどもあるので、安全対策としては昔の高級な契約というより、なにかの習い事の月謝などと同じくらいなので、考えてみるのもいいですね。

・警備会社に登録しているという部外者へのアピール

・ボタンを押せば外に緊急を知らせるランプの点灯

・万が一不安な時は365日24時間いつでも来てもらう

・困りごとは24時間の電話やメールでの相談

・防犯カメラでの撮影、証拠残し、玄関先の犯罪の抑止力

・不在の時の見回り

・在宅の高齢者の声掛け見回り

など、住宅犯罪の発生確率を下げる事ができて安心ですね。

今の時代新しい犯罪が多様化しており、昔ながらの安全は無い時代に突入してると思います。

特に高齢の親が遠くに離れて暮らしてる人など、大切な家族の為にも自衛対策は必ずしていきましよう。




合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!