スポンサーリンク

中高年でもわかる宅配・出前・デリバリーの意味とこれからの経営形態

スポンサーリンク

巣ごもり需要で最近人気のデリバリー業界

スポンサーリンク

巣ごもりで注目のデリバリー

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

現状の新しい生活様式により人の外出する機会が減り、巣ごもりする人が多くなりましたね。

実際私も外出する機会は激減いたしました。(とはいえ元々引きこもり体質)

その中で今注目を浴びてるのが、デリバリー業界になります。

そして以前からいろんな意味でも、話題に事欠かない「UberEATS」が代表ですよね。

ひと昔前なら聞いた事が無い「UberEATS」もデリバリー業界の一つで、今回はなぜこんなに急激にデリバリー業界が躍進したのかを、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

デリバリーの意味

そもそも【デリバリー(Delivery)とは?】何かと言いますと、意味合いが似たような別名もあり、宅配・出前・配達などの言葉がありますが、意味的には同じに近いです。

昔は近所のお蕎麦屋さんやラーメン屋さが出前という名で電話を受け付けて、自宅や会社などに直接配達してくれました。

これも今ではデリバリーの行動の一つになります。

今はデリバリーもスマートフォンとも連携し、リアルタイムで注文・決済もできて、昔のデリバリーという形も少しずつ新しい変化を見せています。

出前の懐かしい思い出

昔はお蕎麦屋さんやラーメン屋さがオカモチという銀色の箱を持って、出前専用のオカモチが水平を保てる装具を付けたバイクに乗り、家庭までデリバリーしてくれましたね。

しかし!あの当時は主にお蕎麦屋さんやなど個人経営のお店が多かったので、料理作るのも店主、出前で届けるのも店主なんて所もありました。

なので電話で注文してから数時間来ない時もざらで、店によっては奥さんが小さい子供を背中に抱えながら家まで配達してくれたりもしていました。

そして食べ終わったお店の食器は洗って玄関に出しておくと、後日お店の人が食器を回収するシステムでしたね。

配達で30分超えたら無料!?

そしてピザ配達も昔の日本デビュー当時は「配達に30分以上かかったら無料」なんて広告を出し注目も浴びましたが、あらゆる問題(スピードの出し過ぎなどの交通違反・交通事故・配達時間によるクレームなど)が起き、間もなくこのサービスは終了しました。

今でもこのようなデリバリーの交通違反や、交通事故など問題も起こっていますね。

これもある程度デリバリーでの問題が大きく、多くなったりしたらまた規制みたいな状況になるリスクもありますね。

デリバリーをする人は、システム上件数を稼げば稼ぐ程、自分の収益に関わりますからね、ある程度スピードの出し過ぎや無茶な行動にも移してしまいます。

デリバリー業界の今後

感染問題が解決しない限りは、デリバリー業界の躍進は続くでしょうが、やはり交通違反関係の問題が大きくなれば一気に終息していくかもしれませんが、世の中の社会はテレワークなので在宅での仕事をする人も増加傾向にあるので、デリバリーの需要は一定層あります。

ただしこのデリバリーまだ、郊外の街では配達の圏外で利用したくても出来なかったり、そもそもデリバリーをやってない飲食店しかない場合もありますね。

この先超高齢化社会が山場に向かう中で、今もこのシステムはありますが、まだまだ選択肢が少ない状態で、孤立してる高齢者のお家に直接配達してくれて、安否確認してくれるシステムが拡大すればとても良い事ですよね。

デリバリー業界の新システムの構築

また今もありますが、そこまで波に乗れてないコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの配達業務も、より本格的に乗り出し盛り上がる可能性もある業界です。

今のままでは手間がかかったり、配達先の不在や配送スピードや人員の問題なども抱えてるので、これからの「より効率のいいシステムを構築」する事が大事ですね。

このより良いシステムの構築で、「AI」「ロボット」「自動運転」「ドローン」などが、大きな鍵になりそうです。

そうすればもっと楽しい未来で便利なデリバリーになり、有望な投資先などが待ち構えてそうでワクワクしますね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!