スポンサーリンク

中高年でもわかるニューノーマルとは?今後どう生きるか雇用と老後

スポンサーリンク

ニューノーマルと新しい生活様式

スポンサーリンク

新しい横文字の言葉

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近よく聞く、新しい横文字・略語言葉の解説シリーズです。(いつシリーズ化したのだ(笑))

「新しい横文字・略語言葉」は、ニュースなどで当たり前のように、新しい言葉が出てきて聞き慣れないまま、横文字を「右から聞いて、左にに流してしまっては」ないでしょうか?

実際私も未だによく意味がわからないまま聞く事も多く、この意味ってどんな意味なんだろうって、思いながらもその時のニュアンスだけで聞いてる時もあります。

しかしそこにこれから先、生きていくうえで重要な言葉だったりもします。

なのでこういう言葉をなるべくスルーせず、意味を理解して人生の役に立てたいと思います。

今回紹介する言葉は「ニューノーマル」で、この言葉を私なりに解説・深掘りをして記事にしていきたいと思います。

ニューノーマルとは?

英字だと「New・normal」になり、読み方は「ニュー・ノーマル」になります。

このニュー・ノーマルは、主にビジネスや経済学なので使われてる言葉になり、2007年から2012年の世界的金融危機の後の、大景気後退における金融上の状態を示す言葉でした。

(もとは2003年のITバブルが終わった際に、ロジャー・マクナミーが使いだしたと言われています。)

その中での「新たな常態・常識」が、今回紹介する「ニュー・ノーマル」という言葉になります。

そんな言葉が日本では最近の感染問題にて、「withコロナ」「コロナ後の生活」「新しい生活様式」などコロナと共存して生活をしていくうえで、新しい日常という意味合いを含めて「ニューノーマル」という言葉で使われ始めました。

ニューノーマルで日本の先を見る

今の日本の経済はかなりの大打撃を受けています。

しかし新しい言葉が生まれる時は、必ず何かしらの新しい経済の歯車が回ります。

今回のこの「ニューノーマル」はかなり大きい歯車になっています。

そこが今後の日本経済の一つの鍵でもありますね。

雇用はこれからどんどん厳しくなるでしょう。

テレワークなどが進めばテレワーク関連の商品などは売れ、人口の都市部一極集中も減少されます。

そうなると都市部のテナントなどの家賃での収入を得ていた経営者はきつくなり、新しい何かを生み出さないと生き残れなくなりますね。

学業もオンライン講義・オンライン学習・オンライン授業などや、医療のオンライン医療もオンライン旅行など新しい時代の流れになります。

従来の業務が「通用しなくなる経済」に、移行しつつあるのも「ニューノーマル」ですね。

このように、いろんな可能性が秘めた未来になります。

アイデアと開発力で打ち勝つ

これからの経済は低迷する未来が見えていますが、そこで指をくわえて待っていては駄目です。

個人から大企業までいろんなアイデアを出し、そこに何かを生み出す開発をし、そこにチャンスを見つける事が、これからの低迷する経済で生き残るカギになります。

感染リスクからの脱却でテレワークが主流になっていけば、都会から地方移住の流れが広まればその市場は大きくなりますね。

地方移住が流行りそうなら地方の不動産はすでに動き出し、いろんな空き家物件など情報を集めて管理しておくと、もしかしたら商売は盛り上がるかもしれませんね。

地方での仕事探しを助ける人材派遣なども、チャンスかもしれません。

また玄関に手洗いを設置する新しい玄関造りも、リノベーションや新築など手掛ける建築業者も、もう動きだしていますからね。

そして私も含めて、今だからこそ何かしら生み出せるモノを見つける事が、これから先の生き方「ニューノーマル」になると思います。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!