スポンサーリンク

中高年でもわかるニューノーマル時に収入の柱を増やす事のメリット

スポンサーリンク

書籍「金持ち父さん貧乏父さん」で学ぶ収入の柱

スポンサーリンク

自分の収入について考える

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

皆さんは普段生活していて、自分の収入について深く考えた事がありますか?

私は昔会社勤めしていた時は、「月収少ないな」「もう少し給料増えないかな」「残業を多くすれば給料もっと上がるのに」など考えてはいましたが、その考えは1つの会社から得る収入の事だけを考えていました。

しかし最近の資産運用・副業・お金関係の書籍やサイトや動画など見ていると、共通点として「収入の柱」というキーワードが出てきます。

「収入を得る所は1つではない、2つ3つと得る事が大切」という事が将来の安定につながるという。

私の現在は親の在宅介護をしながら、ブログ運営を40代から知識が無い状態で独学で学び運営し、その他の収入も立てながら生活しております。

なので私も実体験から、収入源は複数持つ事の大事さは身に染みています。

今回は今の世界情勢の中、ニューノーマル時代に突入する中で自分の収入について深く考える事の重要性について、私なりの解説と深掘りをしていきたいと思います。

現状の収入リスクを考える

冒頭でもお話しましたが、普通に働いていて現状の収入は所属してる会社1つだけです。

しかし、最近の社会情勢は「終身雇用の崩壊」「45歳以上早期退職」「年功序列の崩壊」「デジタルトランスフォーメーション」「年金問題」など数多くの雇用に対しての不安が高まる中での今回の感染問題です。

これで一気に、「自分の会社は大丈夫だろうか?」「ボーナスが無くなった、給料が減ったら」「会社からリストラされたら…」など考える人も増えていると思います。

これは決して他人事では無い状態になっています。

もし、この1本だけの収入の柱が折れたら…

収入の柱

そこで考える事は、複数の収入の柱になります。

収入得るのは、決して所属してる会社1つだけでは無いという事です。

収入というのは今はいろんな選択肢があります。

例に挙げると、2019年から話題にもなっていた「副業」という1つの収入源です。

これも一言で「副業」といっても、今やいろんな種類があり、この副業も細かく広げる事で収入の柱を2つ、3つと増やす事ができます。

(例:ブログ・動画編集・イラスト・プログラマー・ライターなど)

もう一つは資産運用になりますが、こちらもいろんな種類があります。

(例:株・投資信託・仮想通貨・FX・不動産など)

今の世の中「本業だけでも大変なのに、その他の収入源を増やすなんて無理だよ」と思わず、知識を付ける事で短時間でも収入の柱は増やす事は可能です。

間違った方法の例えとしては本業を午前8:00~午後5:00迄働き、その後にまた時間に縛られる仕事をする事は、逆に体力面、精神面、で身体を壊してしまい逆効果になります。

「金持ち父さん貧乏父さん」から学ぶ

この収入の柱も、お金の考え方でも有名な書籍「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ)の中での考え方

■収入を得る得る4つの区分け

・従業員(employee)
・自営業者(self employee)
・ビジネスオーナー(business owner)
・投資家(investor)

上記の2つは収入は得られますが、自分自身が働いて得る収入になります。(労働所得)

下記の2つは他の人やお金に働いてもらって、収入を得る事ができますね。(権利所得)

これでもわかるように下の2つ(権利所得)は、自身の身体の負担は相当楽になります。

最終的には一番下の投資家(investor)で、お金に働いてもらって、収入の柱を増やす事がベストです。

とはいえ、従業員として働きながら投資家のように資産運用する事も可能ですし、従業員として働きながら本業とは違う空いた時間に出来る「副業」で収入を得る事もできます。

まずは知識付ける事

収入の柱を多く持つ事で、万が一の本業の柱が無くなった時でも慌てずに、安心して生活できる状態もっていく事がこれからのニューノーマルの生き方、働き方になると思います。

収入の柱を増やすとはいっても、いきなり仮想通貨やFXなどやっても、収入の柱を増やすどころか、資産が減少してしまいます。

まずは自身の方向性を決めて、貯金があるなら資産運用の知識をつけ、なにか絵が得意、文章を書くの得意などあるなら、その特技をどうやって収入を得る事ができるか?知識を付けないと先に進めません。

なのでまずは、収入の柱を2つ3つ得るには「知識をつけるという行動を起こす」事をおすすめします。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!