車中泊オートバックスでETC工賃込みを図解付きネット購入し取り付けの流れ

スポンサーリンク
車中泊キャンプの準備編
スポンサーリンク

オートバックスのETC取り付け工賃コミコミセットの利用の仕方

 

 

スポンサーリンク

 

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!
 

全国を旅するならやはり付けたいETC

 

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

 

前回楽天の「ETCカード」を申し込んで楽天ポイントが付いてよりお得になるという記事をかいたのですが、「ETCカード」を申し込んでカードが手元に届いたので今度はETC本体の購入した記事になります。

 

楽天ETCカード発行の記事

 

ETCカードを申し込んで約1週間で自宅に届きました。

 

そしてまずETC本体を買うにあたっていろいろ悩んだのがまず「ETC2.0」「ETC」です。

確かにいろんな恩恵が高い「ETC2.0」なんですが、なんせ本体が高い!

なのでとりあえず通常の「ETC」にしておきました。

 

今度購入予定の「N-VANの購入時」やもう少し価格状況をみて、お買い得+利便性がよくなったら「ETC2.0」は付けようと思います。

5Gの行方もありますからね5Gになったら情報量は桁違いになると思うのでこれ以上に快適になっていくでしょう。なので、これからの情報のやりとりも近い未来だいぶ変わるでしょう。

 

合わせて読みたい記事

 

軽くETC2.0の恩恵に触れておきます。

 

高速道路とETC2.0付きの自動車がリアルタイムで道路状況などの連携をして、道路の交通渋滞の迂回ルートを案内したり、運転を安全にできるようにサポートしたり、万が一の災害時に上手く誘導をする事が可能となる。

 

通信アンテナ「ITSスポット」という装置が全国高速道路の約1,700ヵ所に設置されており、この「ITSスポット」はあらゆる道路の交通情報をETC2.0と連携をして多彩な情報を得ることができます。

●約1,000km分の道路交通情報の取得(今までのビーコンだと200km位)

●道の駅利用時の一時退出が追加料金なし

●簡易図形情報も複数提供

●前方状況のカメラ画像が静止画で配信(積雪時などの前方の道路状況などの情報)

●音声による情報提供(前方の道路状況、落下物・事故・事故の多発する場所・災害発生の情報)

●カーナビ(ETC2.0対応)・スマホとの連携も可能

●圏央道割引の恩恵

 

ETCネット購入の流れ

 

出典:オートバックス

 

ETC取り付けにはクレジットカードとの連携もしなくてはいけないので、結局ETC情報を登録できる対応店舗にて登録作業に行かないといけないので、ついでに取り付けもやってもらおうと、このオートバックスのコミコミプランにしました。

このETC登録がなければ、自分で取り付けをチャレンジしてもよかったですがね。

 

出典:オートバックス

そして購入したのがこちら

ETC取付工賃コミコミセット【carrozzeria ND-ETC20 アンテナ分離型ETC】~国産車限定~

ETC本体・セットアップ費用・取付工賃のお得な3点セット

単独で使えるスタンドアローンタイプ。

利用料金やETCカードの有効期限、カードの抜き差しを音声でガイド

 

【オートバックス】 ETC取付工賃コミコミセット URL

おすすめETC・ETC2.0車載器 通販!ETC取り付け工賃コミコミセット| オートバックス公式通販サイト
ETC・ETC2.0車載器を買うなら設置の取り付けから&#12475...

 

出典:オートバックス

購入に進むをクリックすると右の図のように「ETCポータルサイト」にも飛べるのでそちらでETCの事がわかるようになってるので参考までに目を通しておくのもいいでしょう。

 

もし「車検証の名義が自分でなくて家族の場合」などは委任状も必要になるので、こちらの「ETCポータルサイト」にPDF形式でプリントアウトできるので、そちらを記入したうえで登録する場所に持っていき登録をしてもらうようにしましょう。

 

「ETCポータルサイト」URL

ETC総合情報ポータルサイト
便利でおトクで、そして快適なドライブ体験をもたらすサービスとして、ETCは生まれ変わりました。渋滞迂回ルート表示、安全運転サポート、災害時の適切な誘導など、高速道路と自動車が情報連携。ETC2.0の多彩な情報サービス紹介のほか、お得な割引・ETCマイレージサービス情報から料金検索、スマートICなど、便利で快適なドライブ...

 

出典:オートバックス

まずオートバックスの会員web登録をしなくてはいけません。

登録する際に車情報を入れなくてはいけないので(型式、車検の日時など)手元に「車検証」があるとサクサク進みます。

web登録をして最寄りの店舗受け取りをすると、送料、手数料無料で支払いも店舗で出来るようになります。

 

私の場合過去にオートバックスにてスタッドレスタイヤを購入した際にオートバックスの会員になっているのでweb登録だけ行えば大丈夫でした。

 

出典:オートバックス

オートバックスの会員に登録したあと、web登録をするのは簡単で必要事項を入れていくだけでOKです。

 

web登録する時に仮登録で連絡先にメールがオートバックスから来るのでそこからの本登録になりますのでメールが受信できる用意もしておきましょう。

 

出典:オートバックス

登録が終われば後は商品購入画面に戻りカートに入れて、「購入手続き」に進みます。

商品を受取る店舗や取り付ける時間など必要事項を入れていき、「注文確認」に進みます。

 

出典:オートバックス

最後に必要事項など確認して大丈夫なら「注文する」をクリックしてネット購入は終わりです。

右の「注文番号」などは、登録したメールアドレスにメールが来るのでいつでも確認できます。

 

あとは商品が指定店舗に届いたら連絡来るようになってます。連絡が来たら取り付けの日時の予定を決めて、実店舗に来店して取り付け&登録してもらいます。

 

商品が店舗に届いたので取り付けに行ってきました。

 

 

そして待つこと約5日後に、最寄りの店舗に商品が届いたとの事で連絡が入ったので、取り付けの予約をしました。

 

当初は週明けの午前中に予約を入れたかったのですが、なんと時期が悪いのか予約が取れるのが2週間先しか空いてないとの事です。

 

一旦は2週間先の予定で取り付けの予約をしたのですが、正直日にちが空きすぎると取り付けにいくのが面倒くなるので、どうせならということで「商品到着した当日に取り付け出来るか?」とダメもとで聞いてみました。

 

もちろん、こちらからの「時間指定なし」です。

 

オートバックスさんの「都合のいい空いてる時間帯は無いか?」と尋ねると「〇〇時間なら大丈夫」との事だったので、その時間に合わせて当日取り付けの予約をしました。

取り付けまでの流れ

 

持っていくもの

車検証

車体本体

ETCカード(取り付け後、ちゃんと可動するかで必要)

支払料金

必要であれば委任状(過去記事に委任状のプリントアウトできるURL参照)

 

指定時間に受け取りの店舗に行き、レジで「〇〇時にETC取り付けの予約をした、〇〇(名前)です。」と言うと、店員さんが案内してくれます。

 

レジにて取り付けの必要書類を書き(住所など)、ETCの本体の取り付け位置を指示して、(私は運転席の左下です。左の膝辺りですね赤い四角部分↓)料金を払い車の鍵を渡して、後は呼ばれるまで待つだけです。

 

待つこと約50分完了したと店内放送とモニター画面にてお知らせが来て、車の所に行きETCカードを入れてちゃんと作動するか確認して、大丈夫なら作業完了書類にサインをして終わりです。

 

トータルで「1時間」で、支払い、登録、取り付けまで終わりました。

後はゆっくり家に帰ってこの「取扱説明書」を読んでおきましょう。

 

これからの高速道路の支払い

 

 

 

これからは、いちいち一般レーンに行って支払いをして、合流をするにも端だった為、大きな料金所だと酷い時は端から端まで横切って進行しないと大変でしたが、料金所後にスムーズに進路を選んで進む事ができます。

そして「早朝割引」などのETC割引や「楽天ETCカード」なので楽天ポイントを貰えたりと、高速走路を使うにあたってメリットも生まれてくるので大満足です。

 

三菱電機 EP-6319EX

 

 

ケンウッド ETC-S1000

 

 

 

パナソニック CY-ET925KD

 

 

日立オートパーツ&サービス HF-EV715

 

 

 

合わせて読みたい記事

 

次へ>

 

<前に戻る

 

<<最初に戻る

error: warning!Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました