スポンサーリンク

田舎暮らしデータベース 移住 中部地方(4県)新潟県 niigata

スポンサーリンク

田舎移住&田舎暮らしのデータベース

詳細情報はwikiより参照しております。

新潟県

中部地方の日本海側に位置する。県庁所在地は新潟市。県名は県庁所在地である新潟市に由来する。

新潟は有名な特産物がいっぱいあります。「米」「酒」は有名ですね。

魚沼地方で有名なコシヒカリは「魚沼産コシヒカリ」と、言う名で 日本一のお米のトップブランドである。

新潟には米と水が美味しいので有名な酒蔵がある沢山あります。有名どころは「越の寒中梅」や「八海山」などお酒を飲まない人でも一度は聞いた事ある銘柄です。

人口:2,245,057人(2018年10月)

地理情報

日本海に面し、中部地方、北陸地方、関東甲信越地方に属する。

地理的要素の違いから上越市を中心とする上越地方、長岡市を中心とする中越地方、新潟市を中心とする下越地方、佐渡市からなる佐渡地方4地方からなる。

地形は低地、丘陵地、山地となる。

丘陵地:信濃川中流域に東頸城丘陵・魚沼丘陵などが分布。

山地:福島、群馬、山形、長野、富山各県界にまたがる朝日山地。飛騨山脈、飯豊山地、越後山脈の山により形成されている。

気候情報

日照時間が少ないために放射冷却が起こりにくく、朝晩はあまり冷え込まない。

全域に日本海側気候豪雪地帯で、山間部は豪雪地帯となっている。

日本海の暖流の影響で経度位置にしては冬の割に気温が高い。

新潟市などの沿岸部の積雪は多くはない、近年は温暖化の影響で積雪量は減っている。

夏はフェーン現象の影響で、湿度も高く蒸し暑い。気温も上がりやすい。

熱帯夜が非常に多い地域です。

離島の佐渡島は、海洋性気候である冬は暖かいので、雪よりも雨の日が多い。

県庁所在地の新潟市の過去10年の気候

あくまで県庁所在地の数値なので田舎の方や山奥の方はまた違う数値になります。

水系情報

山地部では小河川や降雨浸食の為、多くの谷を成形されてます。

平地は関川・姫川・信濃川・阿賀野川などの河川がある。

その中でも信濃川・阿賀野川流域に広がる越後平野は日本最大の面積の平野だが、軟弱地盤地帯を形成する。その恩恵として多くの田んぼがあり米の生産が有名になっている。

新潟県の田舎暮らしメリット・デメリット考察

夏は海水浴でき、冬はスノーボード、スキーとスキー場が多くあり県内はもちろん関東の人や県外から訪れる有名なスキー場多くある県として知られてる。

もちろんそれに伴う空き家、別荘のおすすめ物件が豊富と様々なレジャーができるほど海に山に自然が豊か。

各山脈にはキャンプ地も多く楽しめる。山脈からの澄んだおいしい水が平地に流れておりその恩恵で「米」、「酒」が有名。
新鮮で美味しい野菜や魚介類が豊富で食べ物が豊富。

ここも田舎暮らしには上位に入る県ですが、田舎方面は車がないと不便でやはり豪雪地帯、寒いといった面がある。その為寒さ対策が必要で寒さ用のお金がかかってしまう。

雪が降ったら雪かきをしなくてならず、スタッドレスタイヤ、暖房にあたる光熱費も考えなくてはいけない。

上越市、湯沢町、十日町、糸魚川市、妙高市ここら辺りも空き家や良い物件がありそうなエリアですね。

田舎暮らしにも最低限のお金は必要になります。お金を得るには仕事をしなければいけません。そこが田舎暮らしを妨げる難関だったりもします。ただ住みたい田舎が見つかっても仕事がなければ暮らしていけません。そこで昨今テレビでも紹介されている【地域おこし協力隊】もいいですね。

お金の面でも安心できて横のつながりも出来て困った時でも助け合う事ができる、場合によっては住む所の提供など、いろいろメリットがあります。

地域おこし協力隊とは、2009年度から総務省によって制度化された呼び名、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。WIKIより

自然、歴史、文化など各地の魅力を知ることが出来る無料説明会多様なライフスタイルを体験出来るツアー移住(就職・暮らし)の個別相談、就農相談地方での起業をお考えの方向けに起業セミナーの開催情報地域おこし協力隊募集等様々な情報をメルマガにて得る事もできます。

登録は無料で田舎暮らし、移住に役立つ情報満載のおすすめサイトです。

各地域の【地域おこし協力隊】の求人情報をわかりやすく探せるサイトも載せておきますので暇つぶしがてら覗いてみてください。↓

国土交通省ハザードマップポータルサイト

https://disaportal.gsi.go.jp/

こちらで各市町村のハザードマップが探せますので調べてみてください。

新潟県おすすめ観光スポット・名所5選

苗場スキー場

有名なスキー場でプリンススノーリゾートとして運営しておりホテルが併設されておりホテルの正面がスキー場という好立地で広大な面積と豊富な雪がある。

夏は毎年7月下旬頃、スキー場一帯を利用した有名な野外音楽フェスティバルが開催されている。

http://www2.princehotels.co.jp/ski/naeba/

GALA湯沢スキー場

JR東日本のグループ会社で、株式会社ガーラ湯沢が運営するスキー場。

JRが関係してるので最寄駅のガーラ湯沢駅の目の前にスキー場が直結してるので、アクセスのよさから首都圏からのスキー客に人気のスキー場である。つまり車いらずで電車のみでスキー場に行ける。

https://gala.co.jp/winter/

にぎわい市場 ピアBandai

テーマが「かもめ舞う 湊の賑わい にいがた食市場」

米・酒・魚・肉・野菜・果実・生花といった新潟県のお土産品などが豊富に揃う観光拠点施設。

農産物・海産物・畜産物の調理・加工品をはじめ、高級食材を扱う店舗や、佐渡沖て穫れた新鮮な魚が味わえる「廻り鮨」、同施設の万代島鮮魚センター直営の海鮮丼屋も出店。

観光客だけなく地元の人も利用するほど人気で、テーマ通りいつも多くの人々で賑わっている。

http://www.bandai-nigiwai.jp/

スノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールド

ストアと併設したスノーピーク本社のキャンプフィールド。

場内の5万坪の自然地形を生かしたフリーサイトのキャンプ場が有名で、開放感あふれる雄大な自然の中で天気のいい日には満点の星空が最高です。

充実のレンタル品やスタッフのサポート、スノーピークならではのサービスも魅力。

https://sbs.snowpeak.co.jp/headquarters/camp/

清津峡 ★パワースポット

川を挟んで切り立つ巨大な岩壁の大峡谷があり、国の名勝天然記念物に指定されている。

日本三大峡谷の一つ、エメラルドグリーンの清流と雄大な柱状節理の岩肌は一度見たら忘れられない景色となってます。

http://nakasato-kiyotsu.com/

田舎暮らしや移住に便利な補助サイト

新潟県市町村公式移住支援サイトの紹介

新潟県公式 空き家バンク、移住者のお仕事情報紹介。

首都圏からの交通も高速道路や電車の交通もよく豊かな自然や文化遺産にも恵まれ、居住にも商業に適した土地です。

http://www.pref.niigata.lg.jp/u-turn.html

新潟県公式ページ



最大97%OFF!通販アイテムも充実のクーポンサイト「くまポン」

田舎移住データベースTOP>

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!