スポンサーリンク

2019田舎暮らし・移住の相談件数が増えてるそうです。

スポンサーリンク

2019年のニュースから田舎暮らし・移住の相談件数

私が気になった田舎暮らしのニュース

最近のニュースで見たのですが近年特に若者(20代~30代)を中心に移住に関する興味が高まっており相談が増えてるそうです。

このグラフの様に2014年辺りから急激に相談数が増えており、みなさん田舎暮らし、移住を考える人が増えてるみたいです。

私もそうですが田舎暮らし・移住に興味を持ち始めたのは30代半ば位でした。

この年代(30代~40代)というのは昔と違って転職に失敗したり、職場での人間関係が嫌になったり、時間に追われるのが嫌になったり、自分の人生について今のままでいいのか?と考える時期だと思いますね。

周りは結婚、子育て、正社員とステップを踏んで行く中自分はこのまま社会に取り残された存在になるのではないかという不安を感じるのだと思います。

昔なら田舎暮らしは定年退職してからの60代~とか早期退職した50代が多かったのですが年々その考えが早まり私の様な30代~40代…

そして自分のこの先の人生について「田舎でゆっくり生活する」考えの年代が20代~30代と早まってるのではないでしょうか。

今と昔での雇用が大きく変わり、考え方も変わってます。

昔なら終身雇用や世間の目があり一度や二度転職に失敗してもまた次の仕事を探して転職が当たり前だったのですが、就職や転職の考え方が昔の考えと今の考え方で大きく変わってきてて一旦正社員からのレールから外れるとリカバリーは難しくなります。

もちろん雇用の変化も大きく変わったのも一つの要因だと思います。

最近は中途採用だとかなりの経験が無いと中途採用は難しくなりましたね。

昔なら多少未経験の業種の転職でもある程度働く事ができたのですが今は即戦力が求められてる状況です。

求人を見れば企業自体の求人が多かったのですが、今だと期間労働の派遣方が多く感じます。

それでも人材不足と言われてるのは飲食業、運送業、介護業、建築業と選択が絞れらており昔の様な多種にわたった求人が少なくなったと肌で感じます。

またAIやロボットの技術向上で人間の労働力の低下や海外からの労働者の増加などもこの先の労働変化は進みそうです。

また普通に正社員で働いていてもこの先このまま今のストレスを抱えたまま人生の大半を過ごすなら若いうちに田舎へ行きのんびりとした生活をした方が自分にとってもいいではないかと考えるのもこの時期ですね。

自分らしく生きたい!

だったら「人生一度きりなんだから自分に合った生活」に憧れたり、今とは違う人生について興味を持つ年代だと思います。

youtubeの方でも地方の田舎の古民家や別荘を格安で購入して自分でDIY・リノベーションをして荒れ果てた住宅を今流行りの住宅に変えていったりしてる動画が人気になってますね。

まさにリアルマインクラフトですね。

今は昔のバブルの時期に多く作られたリゾート地などに空き別荘が多くあり価格も激安で売られており、土地も物件も安く立地もリゾート地なので海が近かったり、静かな山の中だったり、スキー場が近かったり、観光地の近くだったりと、良い事づくしです。

地方には限界集落になり人がどんどん離れていき空き家が多くなり問題にもなってます。そういう所の中古物件は価格も安くひと手間かければ十分住める物件もあるのが現状です。

人里離れていてもインターネット回線があれば仕事が出来たり、買い物が出来たりと、これも昔とは違った便利さが出来る様になった為、田舎で生活するハードルはだいぶ下がりました。

各地域の【地域おこし協力隊】の求人情報をわかりやすく探せるサイトも載せておきますので暇つぶしがてら覗いてみてください。↓

この先の若者の間での2極化

今は高齢者が地方で若者が都会の2極化が話題ですが・・・

今若者の中は一方はタワーマンションや一軒家に住み結婚をして、子供を育てていく人生

独身で自分の時間を自分だけに使って、静かに田舎で過ごす人生

20年後AIや海外からの労働者で働く口も減っていくと、高齢者が居なくなった地方に若者の一部が移住して生活をする、この生き方の2極化も進む気がします。

どちらの生き方が良いとか悪いとかではなくそれぞれ自分の生き方だからいいと思います。田舎暮らしを考えてる私としたら気になる所ですね。

幸せのものさしは他人ではなく結局自分のものさしで幸せかどうかは決まると思います。

それでも自分のものさしも短く見るのではなく長くしてみる事も大事だと思います。

今回の移住相談の若者の相談件数が増えてるの見るとそう感じるニュースでした。

田舎暮らし・移住に興味がある方はこちらの私の記事も見てみてくださいね↓

【2019田舎暮らし&移住ランキング上位まとめ住みやすさデータベース 】記事へ

<<TOPへ戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!