2022年住みたい田舎ベストランキングの本発売!地方移住を考える

スポンサーリンク
田舎暮らし移住データベース
スポンサーリンク

今テレワークなどの働き改革や人生観の変化で地方移住や田舎暮らしを考える人が増えている。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

2022年2月号宝島社「田舎暮らしの本」住みたい田舎ベストランキング

 

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

 

今年もこの時期がやってきました。

 

2022年1月宝島社から2022年2月号「田舎暮らしの本」住みたい田舎ベストランキングが発売されました。

毎年この時期に発表してる「田舎暮らしの本」の大人気企画の住みたい田舎ベストランキングです。

私も将来は静かな田舎でゆっくり静かに暮らしたいと思って人生計画を立てていますが、この本は毎年役に立っています。

 

なので今年もこの本の魅力と気になる田舎暮らし&地方移住の住みやすい土地探しを、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

 

田舎暮らしの不安

 

 

・土地、物件を探すのにどこに住むのがいいかわからない。

・興味はあるけど実際住んでみてどうなのか、先に移住して生活している方の生の声が聴きたい。

・自然の中で暮らしたいけど田舎だと仕事がなくお金の面で不安。

・子供を育てるにはいいと思うが学校などの心配もあるから躊躇してしまう。

・田舎はいいけど田舎のノウハウがまったくないので今の生活の慣れから変化に対応できるか。

・わざわざ全国各地の土地や物件を見て回るのは大変。

・出来る事ならある程度田舎暮らしにおすすめな土地に住みたい。

 

2022年も加速する2極化

 

今世の中はいろんな2極化が進んでいます。

貧富の格差の2極化はもちろんですが、衣食住の中「住」も2極化になるかもしれません。

 

未来の考え方としては今、富裕層で話題の宇宙移住かFacebookの社名変更にもなったメタバース(仮想空間移住)など未来の考え方も変化が加速していきそうです。

 

とはいえ流石にここ数年での話ではありませんが、人間の住む場所も大きく変わっていきます。

そしてこの2極化の流れは今世界中で少し違って起こっているのが、【都会暮らし】と【田舎暮らし】になります。

 

今の若い世代や私のような中高年の間ではフリーランスとして独立し、「ネット環境があれば全国どこでも仕事ができる」ような時代にもなってきています。

 

地方もそのような「移住者を受けいれる準備」をすれば、より違う地方未来になるかもしれません。

 

通信技術もこの先新しい通信システム世代の「5G」になり、よりインターネットのさらなる開発や、仕事が生まれてくるでしょう。

 

それを見越して今からインターネット関係を勉強し、ゆくゆくは田舎に暮らしながらも、仕事もしっかり安定してできるようになれば、移住者と移住先ともにWINWINの関係になりますね。

 

 

都心部1極集中から地方移住へ

 

 

今迄は都市部に人が集中していましたが、最近の感染問題や働き方改革で仕事は都市部でなくても良いという流れになってきました。

 

テレワークで出社をしなくても良い、高いテナント料を払うなら安くて広い地方で会社経営を選択する企業など増えてきましたね。

そんな中昔では出来なかった「仕事をしながら地方移住」をする方も多くなりました。

 

私はもともと地方移住をして田舎暮らしをしていたいと思っていたので、いろんな人の需要があればその地方も活性化するし私が地方移住する時により地方移住しやすい環境になるのでこの流れは嬉しいです。

 

テレワークが出来ない場合など移住先でお金を得るには現地で仕事をしなければいけません。

そこが田舎暮らしを妨げる難関だったりもします。

 

そこで昨今テレビでも紹介されている【地域おこし協力隊】もいいですね。

横のつながりも出来て困った時でも助け合う事ができる、場合によっては住む所の提供など、いろいろメリットがあります。

 

田舎暮らしする場合には情報収集が大事

 

 

そんな考えを持った私ですが、地方移住や田舎暮らしはメリットも多い分デメリットも多くあります。

 

地方移住・田舎暮らしの「メリットとデメリット」のまとめたデータベースもあります。

 

 

そこで必要なのが地方移住や田舎暮らしの情報になります。

この情報があるとないとでは地方移住や田舎暮らし特有の「理想と現実」に戸惑い引っ越し後の失敗に繋がるので、いかに情報を集めるかが重要になってきます。

 

そんな情報が詰まっている雑誌が今回紹介する株式会社 宝島社から発売されている「田舎暮らしの本」になります。

 

田舎暮らしの本とは?

 

出典:宝島社

宝島社さんから1987年に創刊。

他ではみない【田舎暮らしを紹介】する月刊の雑誌となっております。

・田舎暮らしのノウハウ情報。

・気になる仕事、就労支援情報。

・全国の田舎におすすめの物件情報。

・すでに田舎に移住してる方のお話。

・2013年2月号からは今回紹介している

「住みたい田舎ベストランキング」

を制作、販売している雑誌となっております。

 

毎年年始発売される号は「住みたい田舎ベストランキング」が特集されているので、このランキング上位の土地は地方移住や田舎暮らしの参考になる情報が満載でとても勉強になる一冊になっているので、私も毎年楽しみにしている1冊です。

 

■小さなまちランキング■

【若者世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【子育て世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【シニア世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇 (シニア世代部門2年連続1位!仕事・婚活などの200の支援制度がある)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【総合部門】
第1位〇〇〇 (総合部門2年連続1位!子育て支援も充実し、手厚い支援の移住先進地。)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

 

■大きなまちランキング■

【若者世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇 (若手移住者も起業)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【子育て世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇  (官民と地域のワンチーム体制で支援)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【シニア世代が住みたい田舎部門】
第1位〇〇〇  (「生涯活躍のまち」の構想も推進)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

【総合部門】
第1位〇〇〇 (全国で上位の医療環境)
第2位〇〇〇
第3位〇〇〇

など興味あるカテゴリーになっており、より自分のライフスタイルに合わせた場所のランキングを見る事が出来るのも田舎暮らしや移住についての人気の雑誌になっている理由でもありますね。

 

「田舎暮らしの本」2022年2月号の詳細

 

出典:田舎暮らしの本 2022年2月号 宝島社

 

タイトル 『田舎暮らしの本』2月号

出版社 株式会社 宝島社

発売日 2022年1月4日(火)発売

価格 850円(税込)

発売場所 全国の書店やオンラインショップ

 

 

 

全国751市町村が回答。「旬の移住適地」がきっと見つかる!

2022年版 第10回「住みたい田舎」ベストランキング 編集部が作成した独自アンケートに、定住促進に取り組む市町村が回答。

住んでみたくなる魅力的なまちを、ランキング形式で発表します。

今年は回答市町村を人口別に5グループに分け、それぞれを「若者世代・単身者」「子育て世代」「シニア世代」の3世代別にランキング。

全国12エリア別のランキングも発表します!

出典:田舎暮らしの本 2022年2月号 宝島社

 

田舎暮らしや地方移住をするには日々勉強?

 

 

そもそも私は昔から地方移住・田舎暮らしを予定していろいろ勉強をしていました。

その中で地方移住・田舎暮らしはハードルが高い事もわかってきました。

 

しかし去年のからの流れでテレワークとい働き方改革が急激に進み、企業の考え方も徐々にシフトし始めています。

そうなると地方移住・田舎暮らしをしても、仕事が出来るというハードルは大きく下がりました。

流石に少しでも収入の道が無いと、地方移住・田舎暮らしは難しいですからね。

 

 

そして今地方移住の大きな波が起きれば、受け入れする地方自治体もいろんな準備や体制を整えてくれます。

そうなる事でも移住するにあたってのハードルは下がります。

なので、この流れが続いていけば私も移住する時に行きやすい体制が整う事も期待しています。

どうしても人口が少なければインフラ面で相当きつくなりますが、移住者が増えてる所ならインフラ面でもテコ入れになり、住みやすい環境に変わっていき暮らしやすい場所も増えて行くと思います。

 

 

自然いっぱいの中で静かに暮らす事を夢みて、今は現状のやるべき事をコツコツとやるのみです。

 

まとめ

 

月刊誌となっている為最新の土地、物件、業界の情報が新鮮に得られる。

とくに田舎暮らしの情報はあまり出回ってなくインターネットの記事も古いのでこういった情報を得られるのは貴重ですね。

 

そしてこの本で情報を得て実際にその土地にいってみて情報と自分の良し悪しを感じてみて土地や物件を探す事ができるいい点ですね。

 

なかなか田舎暮らしとはいえ膨大な情報から自分に合った物を見つけるのは大変ですからね、ある程度目安的な物が欲しくなります。

この本から得られる情報一つで田舎暮らしの第一歩がかなり大きな一歩となる事でしょう。

 

この本の紹介記事も過去に書いてますのそちら覗いてみてください。

【車中泊!汗をかいたら温泉でのんびりマップ】記事へ

 

私のまとめた田舎暮らしのまとめたデータの記事も見てみてください。

【2019田舎暮らし&移住ランキング上位まとめ住みやすさデータベース 】

 

みなさんに良い田舎暮らしの目安になれれば幸いです。

 

田舎移住を目指している私も楽しみのある人生を迎える為に、日々勉強の毎日です。

 

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

 

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

 

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

 

合わせて読みたい記事

 

 

タイトルとURLをコピーしました