#4【自治会の班長 初顔合わせ編(2)】

スポンサーリンク

さて【自治会の班長 初顔合わせ】

の始まりです。

まずはお偉いさん方の自己紹介が

始まりました。

相変わらず昔ながらの固い感じの

挨拶が続きます・・・

こういう雰囲気苦手です。堅苦しいので

息が詰まります。

そして、本題の班長の仕事の話に移りました。

流石に100人オーバーの班長がいると個別の

挨拶が無くて本題に入り私は

安心しました。

人前での挨拶とかも苦手ですね。

毎月の班長会

とりあえず今年度の班長の予定表に目を

通すと・・・

なんとなくはわかっていましたが、

【毎月班長会】があるのです・・

(休みの月もあります。)

しかも予定時間が開始から終わりまで

【3時間】と書いてありこの会議が

「3時間も拘束されるのか」と驚きました。

しかし話を聞いてるとあくまで3時間は

予定で、実際は30分位で終わるとの事

ここでも安心しました。

しかしこの予定表に書いていない事を説明

しだしたのです・・・

班長会での防災訓練

「この班長会の日程の何回かは防災訓練

  などがあります。なのでその時は

  1時間から1時間30分位かかります」

との事この予定表だと班長会が来年の3月

まであと【10回ありその内4回】

防災訓練などあります。防災訓練・・・

はぁ嫌だな・・・気が重いです。

その話の流れで今度は防災の担当の話になり

私の班は【避難誘導】です。

もし実践の訓練だと私は大声で

「避難なされる方はこちらに~」

みたいな誘導訓練をやるのでしょうかねぇ?

・・・気が重い。

住民からの相談、苦情、要望

次に困った事、住民から何か相談を受けたら

区長の方に連絡をしてくださいとの事つまり

問題ごとは区長に伝言すればいいのです。

班長が何かするのではなく班員から相談が

来たら区長に伝えるだけのお仕事のようです。

安心しました。

そして【集金】の話です。

細かく見ると6回も集金する項目があり6回も

多すぎるうちのエリアは20世帯前後の班長

なので年間でおおまかに計算すると・・・

6回×20世帯=120回

集金に回るのかと思った矢先・・・

「ある程度まとめて集金してもらうので

 2~3回位の集金する形になると

 思います。」

との事、だいぶ回る件数が減るので、ここ

でも少しは安心しましたが、スムーズに

行きそうもないんだろうな集金・・・(泣)

そして話は【回覧板の回し方】について

まず区長が私の家に配布してほしい回覧の

プリントを持ってきてくれます。

これが来たら私が預かった回覧板のファイル

に挟み回してくださいとの事、この時最初は

回る家順を班長が決めてその用紙を制作して

くださいとの事、封筒にはあらかじめ土台

となる表が同封されており

「これを参考に制作してください」

名前の所は空白で日付が書ける場所

あるだけの土台・・・。

手書きで書くのか・・・。

私は字がうまくないのでパソコンで班員の名前

を打ちたいので最初からエクセルで制作

しようと思います。

あと初回だから班長交代挨拶文も作らないと

いけないだろうなと、あらかじめ班長の仕事

ネットで調べておいたからこの時

役にたちました。

そして次回、質疑応答です。

「毎月仕事などで会議に出られない人は

どうしたらいいのか?」

など質問が気になる質問が出ます。

果たしてうちの地域の自治会の回答はいかに!

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする