スポンサーリンク

ミニマリスト車一括買取金額公開!廃車し手放した手続き方法必要な物

スポンサーリンク

こんな日が来るとは思わなかった…車離れの波は私にも

スポンサーリンク

昔は車が大好きでした。

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

私は若い時から車は好きで、必ず何かしらのこだわり持って接していました。

ガソリンスタンドでアルバイトなどもして、車にも少し詳しくなったりもしました。

当時のガソリンスタンドは、まだセルフでは無く有人のフルセルフ式ガソリンスタンドがメインで、今は少なくなったあの天井にぶら下がって、ホースからガソリンを給油するタイプでした。

今はもうほぼ見なくなってきましたよね、あのタイプのガソリンスタンド(笑)

多分30代~50代の人では、同じように昔車が好きだった人も多いのではないでしょうか?

VIPカー系・アメ車のローライダー系・ワゴン系・走り屋系などなど、個性を持ちながら車イジリをして、いろんな車が個性的をもって走っていた時代ですね。

今は普通に街中を走っていても車を持つ人、いじる人がかなり減りましたよね。

その中で私も若い時はスノーボードメインに活動していたので、人数も乗れてなおかつスノーボード用品も載せられるような、大きな車を少しイジって常に乗っていました。

大きな車も必要無くなった

そんな車好きの昔の自分だったら「自分の車が無い!」なんて絶対に考えられませんでした。

しかし今の生活をしてるとそこまで、大きな車に乗る機会もさほど無く、車を持ってるだけでもお金がかかっていました。

あまり乗ってなくても車にかかっていた費用

■車検代

■自動車税

■車の保険代

家の駐車場に置いておいて、全然乗ってなくても最低限この費用はかかります。

そして現状は全然乗っていないので、バッテリーは上がっていて、車検は切っていて、それに合わせて自動車の保険も、この車にはかけるのを止めています。

なので現在乗らず動かしてないのに、駐車場の置いて維持してるだけでも、このお金が毎年〇万円かかっていました。

■自動車税

自動車税は「車検税」ではなく、車検を受ける受けないにかかわらず納税義務が生じる。

「道路運行税」でもないため、たとえ駐車場に置いたまま走行していない状態であっても納税義務を免れることはできない。

自動車税は「公道での走行が可能な車」すなわちナンバープレートの付いた車に対して発生する税金であるため、ナンバープレートのない車に対して自動車税は発生しない。

自動車税 wikiより

全然乗る事が無くなっているので、この費用はかなり無駄になっています。

そうです私にも車離れの波がとうとう訪れました…

なので手放す事にしました。

不動車を廃車・買取にするには

今は不動車でも多少はお金になる所はあります。

もちろん今でも廃車する時に、廃車費用を取る所もありますね。

昔なら廃車にすると、廃車費用としてお金を取られていました。

しかし今は動かない車でも、車を解体し使えるパーツを取り、そのパーツを国内はもちろん海外へも輸出して利益を得て経営する所が増えてきました。

なのでもし廃車にするのであれば、少しでもお金になるなら、そういう所を探すのもおすすめします。

そこで今回私が利用したのが、廃車・買取一括比較してくれる所を利用してトータルでみて一番良いと思う所で廃車・買取する事にしました。

そのおかげで不動車で公道を走れない車でも、少しのお金に換える事ができました。

廃車・買取業者は星の数ほど

「車 買取」で検索するありとあらゆる所がヒットして、いったいどこの業者を選んでいいのかわかりません。

あまり良くわからない所で近所だからとか、なんとなくで車の取引するのも不安ですよね。

廃車・売った後に、なにかしらのトラブルに巻き込まれるの嫌ですからね。

それなら有名所が運営してて、安心して取引ができる車買取一括比較サイトを利用しました。

この方がなにかと後々のトラブルなく、スムーズの廃車・買取手続きが進みますからね。

これで何社か見積もりに来てもらい、一番いい所にお願いしました。

【おすすめの大手の一括買取所】

■楽天でポイントもお得な楽天オート




楽天の愛車一括査定!もれなくポイントプレゼント!

■中古車市場でも老舗のカーセンサー




無料で一括診断!あなたの愛車査定

私の場合の廃車・買取に必要な物

・印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)

・印鑑証明書に登録してある印鑑

・リサイクル券

・車体(ナンバープレート前後の2枚含む)

必要なのはこれだけで、後は委任状など書類関係は親切な業者さんが用意してくれて、その場で書類を書いて印鑑を押すだけでした。

なので私の場合これだけ廃車手続きは終わりです。

あとは業者さんが、陸運局などの事務作業も全部やってくれるので凄く楽です。

業者さんが来てから車の引き取りまで、20分位で終わりました。

思った以上にスムーズに進みました。

まとめと不動車の買取金額

気になる廃車にした「車の買取金額は3万円」になりました。

昔なら廃車費用で逆に3万円取られていましたが、「プラス3万円」になりました!






今度買う車の手付金として持っておくか、それとも美味しいご飯を食べに行って、残りを手付金としておいておきましょう。

今度私が買う車は軽の商業車でいわいる軽バンです。

その軽バンを車中泊仕様に変えて全国を旅しながら、将来田舎に住む為の土地探しをするつもりです。

なのでそれまでは、自分の車というのは無い状態になりました。

免許取って以来初めての自分の車が無い日常も少し寂しい感じですね。

もちろん親を病院に連れて行ったり、買い物する用の家の車はあるので、まったく運転しなくなるわけではありません。

しかし、大きな車をいつかは処分しないと…と、思っていたストレスからは完全に解き放たれて、今度買う車の為にも前向きな思考になりました。

合わせて読みたい記事

ミニマリスト記事一覧へ

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!