スポンサーリンク

家でもできるベランダ栽培・水耕栽培野菜をつくる自給自足の生活

スポンサーリンク

自分の家の庭でもベランダでもできる自給自足

スポンサーリンク

省スペースを活かせる

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今の時代、多少でも自給自足ができるだけでも心強いですよね。

自分で栽培するのですから、まず安心・安全な食品になります。

そして自分で育てれば、買いに行く手間やお金の節約にもなります。

これからは各家庭もいろいろな野菜の菜園の知識をつける事も、今後の時代に必要なのではないでしょうか?

私も将来田舎へ移住する予定で、そこの土地で野菜を育て、半自給自足の生活を送る予定です。

やはり自分で野菜を作れるというのは、生きていく中で重要な事だと思っています。

なので私は今から野菜の育て方の勉強もしています。

今回紹介するのはそんな省スペースでもできる、最近話題の簡単な家庭菜園・水耕栽培できるモノを紹介します。

大規模でなくても出来るモノはある

野菜作りだと、広大な庭や敷地がないと思いがちですが、今は省スペースでもできる野菜キットなども売られてるので、家でちょっとした野菜を育てる事は簡単になりました。

これからの時代は大きく変わっていきます。

安定した食もこの先どうなるか、わからないかもしれません。

それなら自分で出来るのであれば「自分で育てて、それを食べる」といった従来の当たり前の事が話題になってきています。

家庭菜園にはいろいろな栽培方法もあります。

ベランダ菜園とは

最近ではアパートやマンションや団地などで生活してる方も多いと思います。

そうなると野菜を育てるのにスペースや庭なんて無い!

という人も多いと思いますが、ベランダでも自分の菜園を持ち、半自給自足ができる物もあります。

これから説明するの水耕栽培はもちろん、従来の土を使った菜園もベランダでもできます。

水耕栽培とは

最近この「水耕栽培」という言葉を聞く事も、多くなってきたと思います。

またハイドロカルチャーや溶液栽培なんて言われ方もします。

この水耕栽培とは、従来野菜など何かを育てる時は土が必要でしたが、この水耕栽培は読んで字のごとく土は必要とせず、水と液体肥料のみで育てるという方法です。

これにより、菜園に必要な土に肥料を与えて土の状態を長年育てたり、管理する事が無くなります。

もちろん土の管理などは必要としませんが、その分大きく育たなかったり、根腐れの心配もありうます。

水耕栽培に適した野菜もいろいろあります。

リーフレタス

ベビーリーフ

ほうれん草 <アーリージャイアントリーフ>

ルッコラ

トマト

ナス

など他にもハーブ関係などあります。

ベランダで出来る自分の菜園

ベランダでやる時は、小さな棚などを用意していろんな野菜えお置けるようにすると、より育てる種類だったり、雰囲気など楽しめるのでおすすめです。

簡単に育てられるように

ベランダ菜園用に簡単なキッドもあるので、初めての人でもベランダ菜園デビューはできます。

野菜を育てるとストレス解消と食育

緑を見たり、野菜が育っていく過程を見たりするだけでも、気分転換になりいいストレス解消になります。

そしてちゃんと育てあげれば、自分の食卓に並べて食べる事ができるという、最大の喜びもあります。

またお子様と一緒に育てていくと、お子様の食育にもいい影響を与えて、野菜嫌いな子も食べるようになるかもしれませんね。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!