スポンサーリンク

マイバックのマナー万引きが増加する理由とは?小売り経験者の見方

スポンサーリンク

マイバック利用者の増加の裏で万引きも増加

スポンサーリンク

マイバック利用者の増加

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

経済産業省は2020年7月1日(水)に、全国でプラスチック製のレジ袋、買物袋の有料化を行いました。

これにより皆さんはマイバックを用意し、今ではマイバックに購入した商品を入れて家に帰るようになってきました。

これはこれで、環境問題からの観点でもプラスチックが減るので、良い事だと思います。

このレジ袋有料化についても、当ブログの過去の記事でも紹介しました。

しかし先日のニュースで「マイバックの万引きが増加中」というニュースが話題になっていたので、元小売り経験者の観点からこの問題を、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

マイバックでのマナー

どうしてもマイバックの口が開いてると、そこに安易に商品を入れる事が出来る為、万引き商品の隠し場所になっているようです。

確かに小売業を経験した私としても、大きなバックの口が開いてると、「あれでは商品入れてもわかりにくいな」と思います。

なのでマイバックを持ち込む場合は、会計が終わるまでは畳んでおく事がいいと思います。

出典:イオン HP

またマイバスケットなども誤解にもなるので、イオンのような正確な使い方をしていった方がいいですね。

そして店内なら店舗専用の買い物カゴを使用し、しっかりとした区別をつけるようにしないと、変な誤解を生む事にもなりますね。

出典:福島県警察

各スーパーでも、このような注意を促すポスターなどでアナウンスしています。

最近の防犯カメラは高性能

最近の防犯カメラは高性能で、万引きの決定的瞬間など鮮明に録画できるので、後々カメラ映像を見ると良い訳が出来ません。

なので今の時代万引きの捕まる確率は数段に上がっています。

昔は長時間録画できなかった時代もありますが、最近の防犯カメラの録画データは何時間でも保存できますからね。

レジ袋有料化に伴い消費者も困る

いくら地球環境問題とはいえレジ袋が無いと、使いまわしできるマイバックだと食品を入れる際に衛生的にも気にしないといけません。

例えば生活用品と生鮮食品を扱っている所で、スリッパと刺身を買った場合も、1つの同じマイバックに入れないといけないので、今回はどっちかを買うのを諦めるか、その場でレジ袋を買うか、車に積んでるもう一つのマイバックを取りに行くか?などの手間が生まれますね。

店側もそれで売り上げが下がる場合もあります。

■コンビニなどでマイバックを持ってくるのを忘れた場合

一気に手に持てない程の商品を買う事が出来ないので、店側は売り上げ減少にもなります。

アイスも買って帰ろうかと思ったが、マイバックが無いからやめておこうって思った事もあります。

■マイバックを1つしか持ってこなかった場合

A店で買い物をしてマイバックに商品を入れて、違うB店で買い物しようと思ったが、マイバックの中に最初のA店舗で買った商品が入ってると、次のB店舗にA店舗で購入したままのマイバックを持ち込むには気が引けるので、今回はB店舗には寄らずに次回にしようと思ったりする事もあります。

消費意欲の低下と機会損失

このレジ袋有料化に伴い、1円でも切り詰めて家計を考えてる人にとっては、いろんな不便さがありますよね。

その為に消費意欲の低下になり、消費者物価指数の低下の要因の一つにもなりますね。

また店側も売り上げ点数が減ったり、機会損失にも繋がってしまうので、良くない状態でもありますよね。

このままでは消費者側・経営側にも良い事が無いので、なにかしらいい打開策が無いかと思います。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!