スポンサーリンク

2021年国税庁発表の確定申告の期限を一ヶ月延長いつまで?

スポンサーリンク

2021年国税庁発表の確定申告の期限を一ヶ月延長いつまで?

スポンサーリンク

確定申告の時期

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今年もこの時期がきました確定申告のスタートです。

当サイトでも確定申告の話題は過去にも記事にて取り挙げていました。

そして今年も前年同様に確定申告の期限を延長をする事を先日国税庁が発表しました。

なのでその2021年の確定申告の期限を延長情報をまとめてみました。

いつもこの時期になると時が過ぎるのが早いと感じてしまいますが、春がそろそろ来るお知らせでもありますね。

去年は満足に梅を見に行けませんでしたが、きっと今年も梅を見に行く事は満足には行けないと思いますが、それでも季節はいつも通りやってくる安心感がありますね。

来年こそはゆっくりと梅を見に行ければと、思いながら今年もなるべく行動に関しては、控えめにしようと思っています。

2020年に税務署に訪れた人数

2020年に全国で各税務署に訪れた人数は合計で360万人も訪れたそうです。

こちらも、ハンコ・FAX・テレワーク同様になかなかオンラインでの申告などは浸透していないのが現状ですね。

一応確定申告は税務署に直接行かなくても、今はオンラインで手続きができる「e−Tax」もありますからね。

もっとわかりやすく申告できるような抜本的な改革が必要なのかもしれませんね。

大半の人がオンラインに対応できるようになれば、あらゆる事がいい方向に向かいますね。

しかし少し前に何か所かの自治体は未だに、とても重要な感染リストの個人を「ホームページ上で誰でも閲覧できる状況に数時間なっていた」というニュースでも話題になっていましたね。

まだまだこういったデジタル化の改革も、個人情報などのセキュリティ面の弱さは各場所で出ているので、こういった事が頻繁に起こるとやはりデジタル化にブレーキがかかりますね。

しかし大切な個人の感染リストのデータが普通のデータの管理と一緒に管理され、それを誤ってホームページに掲載するというのは、デジタル化以前の問題でもあるような気がします。

2021年の確定申告の延長期日

2021年国税庁は3月15日(月)贈与税・所得税、3月31日(水)個人事業者の消費税の期限えお決めていましたが、こちらも期限を延長する事を発表しました。

今般、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の期間が令和2年分所得税の確定申告期間(令和3年2月 16 日~3月 15 日)と重なることを踏まえ、十分な申告期間を確保して確定申告会場の混雑回避の徹底を図る観点から、申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限について、全国一律で令和3年4月 15 日(木)まで延長することといたしました。

出典:国税庁

2021年4月15日(木)まで延長するようです。

全国一律での延長は去年同様で2回目の措置になりますね。

どうしても各税務署は未だに混雑して、3密気を付けるどころでは無い位人で溢れかえってますからね。

この延長は初詣の分散参拝やずらし参拝などと同じように、分散されるようになり混雑緩和になってとてもいい事ですよね。

むしろこれからは毎年これくらいの確定申告の期限にしてもらいたいです。

申告会場の感染対策は消毒や換気をしてくれて、混雑を緩和するために時間を指定した入場整理券を配布する事になっているようですね。

直接税務署に行かれる方は申告会場の対策の確認をしておくといいですね。

●国税庁

http://www.nta.go.jp/taxes/

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!