スポンサーリンク

2020年新築リフォームなどでお得な次世代住宅ポイントとは?中高年必見

スポンサーリンク

新築リフォームなどでお得な次世代住宅ポイント

スポンサーリンク

次世代住宅ポイントとは?

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

国土交通省 HPより

次世代住宅ポイント制度とは

国土交通省が行っており、期間内に住宅の新築やリフォームをした人に対し、国から指定された中からモノ(商品)と交換できるポイントをもらう事ができます。

その条件は「一定の家事負担軽減、バリアフリー性能、省エネ性能、耐震性能など満たす事」になります。

国土交通省 HPより

交換できるものは種類も豊富で、食物(お米、肉、魚)、家電(パソコン、TV、洗濯機)スポーツ用品(ボール、アウトドア用品)介護用品(おむつ、ベット)子供用品(おもちゃ、インテリア)など豊富にあり選ぶの大変な位あります。

ふるさと納税品のラインナップなような感じです。

つまり新築やリフォームを考えてるなら、これは覚えておいた方がいい情報の一つです。

ちなみに私はこの制度を利用して、お得に高額になりがちな内窓を設置する事ができ

10万以上のポイントもゲットできました。

次世代住宅ポイント申請期限は?

更新期間は開始は2019年の6月から始まっており、終了時期は※1予算の執行状況に応じて変化するので日々その状況は変わるようですが今の所、遅くとも2020年3月31日までとなっております。

つまり2019年6月~2020年3月31日までとなっております。(変動あり)

気になる次世代住宅ポイント申請の期限になりますが、これも申請など細かい条件、申請期間の短縮などなどがあるので、詳しくは国土交通省の次世代住宅ポイントのHP(この記事の下記にURL掲載)をみてください。

※1)2018年12月21日に閣議決定して2019年3月27日に予算成立して、その内訳予算は新築に対して1,032億円、リフォームに対して268億円の予算が組まれました。 ​

次世代住宅ポイントの条件は?

YKK 次世代住宅ポイントHPより

基本的には冒頭でも述べた通り、「一定の家事負担軽減、バリアフリー性能、省エネ性能、耐震性能など満たす事」となっていて、それに該当する施工のみ対象になります。

また細かい条件、必要書類などはご自分の利用する所によって違ってきます。

一例

・キッチン(ビルトイン自動調理対応、食器洗機など)

・浴室(浴室乾燥機、高断熱浴槽、段差解消など)

・トイレ(節水型トイレ、手すりなど)

・窓(内窓、外窓など)

・ドア(玄関ドア、勝手口ドアなど)

・バリアフリー(段差解消、廊下幅等の拡張)

・宅配ボックス

これら条件に満たす施工になります。

それでも、いろんな新築、リフォームを考えてるのならぜひ詳しく調べて、利用するといいと思います。

記事の下記に次世代住宅ポイントの詳細な情報が掲載されている、各社のURLもリンクしてあります。

実際私も利用しました!

YKK 次世代住宅ポイントHPより

上記のYKKさんの内窓プラマードUを施工しました。

前回内窓の記事でも紹介した通り、家では「内窓」をリフォームで設置しました。

その時に金額が大きく設置に迷っていた所、「この制度を知りこれならかなりの割引になる!」と思いポイント制度を利用する事で内窓の施工に踏み切れました。

YKK 次世代住宅ポイントHPより

そして10万ポイント以上もらえたのでかなりの割引になりました。

そしてこのポイントを新しいブログ制作に必要な、今より編集しやすい高性能のパソコンに交換する予定となっています。

そしてこの内窓のおかげで、騒音の軽減、部屋の冷房暖房費の削減と良い事尽くめです。

今年の冬の家の中は暖かです。

なのでこの制度は知っておくと、かなり利用できます。

介護の面でもバリアフリーなど適用もあったり、家事軽減の設備なども条件にあるので、快適に暮らす為のいい制度だと思います。

しかしこの次世代住宅ポイントの期限が残りわずかなので、もし利用したいならお早めに検討してくださいね。

合わせて読みたい記事

外部リンク

国土交通省 次世代住宅ポイントHP URL

https://www.jisedai-points.jp/

YKK 次世代住宅ポイントHP URL

https://www.ykkap.co.jp/info/jisedaijutakupoint/

LIXIL 次世代住宅ポイントHP URL

https://www.lixil.co.jp/next/

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!