スポンサーリンク

2020~2021の年末年始のスーパーやファミレスの休みが変わる

スポンサーリンク

2020~2021の年末年始のスーパーやファミレスの休みが変わる

スポンサーリンク

年末年始の休み

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

昔のスーパーは年末年始に長期にわたり休業する店舗が殆どでした。

時代が変わり365日・24時間営業のコンビニエンスストアの店舗が増加していき、スーパーやファミリーレストランなども365日・24時間営業へと変化していきました。

そしてここ数年の時代の流れが、大きく変わり始めたきっかけの「働き方改革」の影響によりコンビニエンスストアやファミリーレストランの深夜営業などが大きな問題になり話題になりました。

2020年の年末年始

そんな中2020年は世界的な感染問題により、人々の行動の自粛が求められるようになりました。

また感染リスクからも従業員の安全確保もしていかないと、安心して働く事さえできなくなりました。

そこで2020年は従業員の休みの確保と、混雑が予想される年末年始を目的として休業する企業が増えるそうです。

年末も営業時間の短縮や休業を行い、年始の三が日は休むといった状況になります。

消費者側の買い物の仕方も変える

店舗営業の変化に伴い私達消費者側も、年末年始の行動も変えていかないといけません。

年末にある程度まとめ買いをするような状況になります。

とはいえ全部のスーパーが休むわけではないので、焦らず自分のライフスタイルに合わせて、ある程度のまとめ買いをしておく事が大事になりますね。

昔では当たり前だった年始の休業に備えての、年末のまとめ買いがこの時代になってまた来るとは思いませんでした。

これも日本の人口減少にも関わってきてる要因の一つですね。

2021年始の初売り

そしてここ数年の初売りも、なるべく混雑を避ける対策が店舗に求められます。

初売りとなると本来なら盛り上がる、初売りセールや福袋もなるべく「密」にならないようにしないと、初売りクラスターになるかもしれないので要注意です。

従業員の安全の確保と、来店客の安全の確保を両立しての営業になりますね。

少し前にも人気の商品を購入する為に、大人数の客が押し寄せて問題になり、ニュースにもなっているので、なるべくこういった状況にならないような対策と、消費者側も落ち着いた行動を取る必要がありますね。

飲食業界も変化

スーパーと同じように、飲食店も時間の短縮や休業する所も多くなるので、いつもなら開店してる店も行ってみたら休みだったっていう事もあるので、事前に調べておく事も必要ですね。

会食もリスクがある場所としてニュースにもなっているで、わざわざ混雑した中でご飯を食べないようにして感染リスクを下げるのもいいですね。

今はテイクアウトのお店も増えてきてるので、場合によってはテイクアウトをして、早めに家に帰ってゆっくり食べるような行動もいいかもしれません。

今は通常とは違う生活や行動をしていますが、いつかは普通の生活ができるように今は耐える時期だと思います。

とはいえ経済は感染リスクを抑えながら回して行く事も大事ですね。

年始の初詣も「ずらし参拝」や「分散参拝」や「幸先詣(さいさきもうで)」などして、混雑を避けていきましょう。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!