#6【80年代のミニ四駆ブーム前から(1)】

スポンサーリンク

タミヤと言えばラジコン&ミニ四駆

ちょっとジャンプネタから離れまして

今回は【ミニ四駆】です。

しかもタミヤが定義したミニ四駆ブームは

1988年~が第一次ブームらしいのですが

私は1984年5月に放映開始された

「タミヤRCカーグランプリ」

に影響されてかブーム前からミニ四駆に

ハマっていました。

のでミニ四駆の卒業も早かったかも?

私と【ミニ四駆】の出会いは先ほども触れた

「タミヤRCカーグランプリ」にてラジコンが

かっこいい時代でした。

しかし当時タミヤのラジコンは子供が簡単に

買える物ではなくとてもとても高価な

物でした。

それでも将来はラジコンを買ってこの

「タミヤRCカーグランプリ」に出たいなと

思いながら、テレビにカジリついてみてい

ました。

そんな時1986年5月にタミヤが

【レーサーミニ四駆】というRCカーを意識

した小さくて電池で動いて、安くて、組み立て

も子供でも簡単に組み立てる【ミニ四駆】

を発売しました。

当時、買ったのは

赤色の車体の【ホットショットJr】


Amazon スポンサーリンク様

青色の車体の【フォックスJr】

Amazon スポンサーリンク様

【ブーメランJr】の白色の車体だったと

思います。

そして爆発的に売れた車体が・・・・

【スーパードラゴンJr】でこれがかっこ

よくみんなが欲しがっていました。

スーパードラゴンJr

Amazon スポンサーリンク様

そして当時今では考えられない商法が

各おもちゃ屋&プラモデル屋で横行してたの

【抱き合わせ販売】という悪魔の販売

流行ってました。(泣)

おこずかいの少ない子供からさらにおこずかい

を巻き上げる商法でした。のちにこの販売方法

禁止にされたようですが

(今では法律で禁止されていますがそれに近い

 販売を今もまた小売業界ではやり始めてますよね)(汗)

文字からわかるかと思いますが・・・

売れてるこの【スーパードラゴンJr】

売れてないタミヤではない偽物のミニ四駆

もどきをセットで販売してミニ四駆1個

【600円】するものを抱き合わせで

【1000円を超える】販売価格で普通に

販売してました。(笑)

もちろんこの時流行っていたファミコン

ソフトもこの【抱き合わせ販売】は平然と

行われてました。

知ってる人はあーこれの被害にあったって

思ってニヤけてる方もいると思いますが当時

これは子供のお財布には痛手でしたよね(笑)

スーパーマリオ3も抱き合わせで買わさ

れたなぁ~(泣)


楽天 スポンサーリンク様

まだまだ話す事がいっぱいなのでミニ四駆も

回数に分けて書いて行こうと思います。

ハイパー○○・・・スポン○○・・

○カ○電・・・などなど(笑)

ミニ四駆と言えばあの2つの漫画雑誌

語らないといけませんしね^^



次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする