#1【盲腸(急性虫垂炎)(1)】

スポンサーリンク

盲腸(急性虫垂炎)(1)

今から○○年前にいきなりその日に

【盲腸】と診断され【手術】

になった時の症状などお話をしますね。

まず【盲腸】と診断されたのは20代前半

の頃でした、あの日は夕飯にキムチ鍋

を食べ終えてTVを見ている時でした。

この時にもう【症状】は出ているのでこの

時に病院に行ってれば手術しないで薬で

飛ばせたかも・・・

しかしこの症状で病院に行く人はなかなか

いないだろうっていう位最初の自覚症状

軽い物でした。

夕食後、TV観ていると背中の方から

痛み出しました。

そして腰が痛み、胃の辺りが気持ち悪く

なりました。

元々腰痛持ちでもあるし、胃もキムチ鍋

(辛いもの)を食べた後だったので、腰痛

仕事、胃痛は辛い物が原因だと思った私は

胃腸薬を飲んで腰は湿布を貼って寝ました。

まだ全然耐えられる痛みだったので

そのまま寝たのですが・・・

夜中に激痛で飛び起きました。

人生であんな【お腹の痛み】で起きた

のは初めてでした。

そして夜中一睡も出来ず

一晩中痛みとの戦いでした。

のた打ち回るとはあの事であまりの痛さで柱に

拳をぶつけたりして紛らわせたりと

朝まで耐えてました。

相変わらず私は【病院嫌い】の為それでも

病院には行かず市販薬で治そうと、正露丸

飲んだり、鎮痛剤飲んだりしてごまかして

いました。

それから数時間・・・

冷や汗痛み手の震えまで、きてしまい

さすがに病院に行く決意をしました。

この時は常に一人だったのでどうする事も

出来ず、スマホもない時代、確かiモード

なるネットで、しかも当時はネットつなぎ放題

ではなくパケット量に応じて料金が発生する

システムで【パケ死】なんてキーワードが

流行る位の時代の時でこの症状がなんなのか

大病なのか?

単なる食あたりなのか?

あまり詳しく調べられなかった時代でした。

まったく見当もつかなくめちゃめちゃ

正体不明の腹痛に怯えていました。

しかも一人で車を運転していきました。

この時よく一人で病院行けたなって

思いましたね。

火事場のクソ力ってやつだったのかなぁ~

病院に行った時間は多分午後2時~

午後3時頃だったと思います。

(相当前の出来事なので)

次へ>





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする