スポンサーリンク

ヨガマットの売れ行きが好調な理由とおすすめのヨガマットと素材

スポンサーリンク

ヨガマットの売れ行きが好調な理由とおすすめのヨガマットと素材

スポンサーリンク

最近の流行りのヨガマット

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近家に居て運動不足と思っている人も多いと多いと思います。

そして私もその内の一人です。

どうしても外に出る機会が減ると自然と運動不足を感じる事があります。

特に体力面で、階段をたまに使う時でも、以前は息切れしないのに今は息切れしたり、身体が固くなり動くの億劫(おっくう)になってしまったりします。

そんな今の世の中にはニーズが出てきた頃に、今回紹介したいもはや知名度もある「ヨガマット」の存在になります。

しかし今ヨガマットや素材には種類がいっぱいあり、何がいいのかわからないので今回は私がおすすめするマットの素材の情報とヨガマットと紹介したいと思います。

ヨガをやらなくてもヨガマットはおすすめ!?

実際ヨガマットはヨガをやらなくてもいいんです。

当たり前のような事を言っていますが(笑)

ヨガマットは普通の柔軟体操やストレッチにも最適で今の住宅環境はフローリングの家も多く、その固いフローリングの床で柔軟体操をするよりも、素材が柔らかいので身体が痛くなりません。

私は以前スノーボードしている時は必ずケガ防止の為に、柔軟体操・ストレッチを念入りにしていましたが、身体が柔らかいと身体の調子は良かったです。

なので柔軟体操・ストレッチの大切や有効性は確かに実感しています。

厚生労働省の説明もこのように説明しています。

ストレッチあるいは柔軟運動(体操)とも呼ばれる筋肉の柔軟性を高め怪我の予防やリハビリ・疲労回復のための運動。

筋肉や関節の柔軟性を高めることを目的にした運動をストレッチングといいます。

ウォーミングアップ(準備運動)として怪我の予防をしたり、クーリングダウン(整理運動)として疲労回復の手助けをしたり、筋肉や関節などの疾患の治療やリハビリに利用されたりします。

また、仕事で同じ姿勢を取り続けていることが多い現代人には、緊張したままの筋肉を緩めることによるストレス解消効果が注目されています。

出典:厚生労働省 HP

ヨガマットのおすすめの素材

ヨガマットの厚さは大きく分けて3パターン

■薄めの1~2mm

■標準の3mm~5mm

■厚め6mm~12mm

ヨガマットは厚みサイズや種類が多くありますが、厚みは自宅でやるか外出先でやるかによってもおすすめサイズは変わるので、外出先なら重みや大きさからも持ち運びが楽な薄めの「1~2mm位」がおすすめです。

そしてゆっくり自宅でやるのであれば、「6mm~12mm」の厚さがおすすめです。

厚さがある分重くて大きいのですが、身体との接点にはクッション性が高まり優しい厚みになっています。

ヨガマットおすすめの素材

■天然ゴム

ヨガをやられる方に人気なのはやはり「天然ゴム」タイプのヨガマットになります。

■PVC(ポリ塩化ビニール)

PVCの素材はヨガ流行りだした時から出回っている、ヨガマットの素材の中では一番市場に出ていて、皆さんもよく目にする多い素材ですね。

■TPE(熱可塑性エラストマー)←おすすめ素材!

最近の人気のヨガマットの素材はこちらのTPEになります。

環境も配慮された素材であり従来のPVCのような柔軟性もあり、マット特有のにおいも少なく今のヨガマットはTPEが主流になりつつあります。

おすすめのヨガマット

まとめ

ヨガマットで自宅で柔軟体操やストレッチをするだけでも、日々の運動不足になって身体が固まってしまった時に、身体をほぐしてくれてとてもいい運動だと思います。

けして辛い運動ではなく、自分の好きな柔軟体操やストレッチをする事で長く続けられるし、身体やストレス解消にもなるので、ぜひ習慣にして日々の家での生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!