スポンサーリンク

2022年住みたい田舎ベストランキングの本発売!地方移住を考える

スポンサーリンク

今テレワークなどの働き改革や人生観の変化で地方移住や田舎暮らしを考える人が増えている。

スポンサーリンク

2022年2月号宝島社「田舎暮らしの本」住みたい田舎ベストランキング

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今年もこの時期がやってきました。

2022年1月宝島社から2022年2月号「田舎暮らしの本」住みたい田舎ベストランキングが発売されました。

毎年この時期に発表してる「田舎暮らしの本」の大人気企画の住みたい田舎ベストランキングです。

私も将来は静かな田舎でゆっくり静かに暮らしたいと思って人生計画を立てていますが、この本は毎年役に立っています。

なので今年もこの本の魅力と気になる田舎暮らし&地方移住の住みやすい土地探しを、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

2022年も加速する2極化

今世の中はいろんな2極化が進んでいます。

貧富の格差の2極化はもちろんですが、衣食住の中「住」も2極化になるかもしれません。

未来の考え方としては今、富裕層で話題の宇宙移住かFacebookの社名変更にもなったメタバース(仮想空間移住)など未来の考え方も変化が加速していきそうです。

とはいえ流石にここ数年での話ではありませんが、人間の住む場所も大きく変わっていきます。

そしてこの2極化の流れは今世界中で少し違って起こっているのが、【都会暮らし】と【田舎暮らし】になります。

都心部1極集中から地方移住へ

今迄は都市部に人が集中していましたが、最近の感染問題や働き方改革で仕事は都市部でなくても良いという流れになってきました。

テレワークで出社をしなくても良い、高いテナント料を払うなら安くて広い地方で会社経営を選択する企業など増えてきましたね。

そんな中昔では出来なかった「仕事をしながら地方移住」をする方も多くなりました。

私はもともと地方移住をして田舎暮らしをしていたいと思っていたので、いろんな人の需要があればその地方も活性化するし私が地方移住する時により地方移住しやすい環境になるのでこの流れは嬉しいです。

田舎暮らしする場合には情報収集が大事

そんな考えを持った私ですが、地方移住や田舎暮らしはメリットも多い分デメリットも多くあります。

地方移住・田舎暮らしの「メリットとデメリット」のまとめたデータベースもあります。

そこで必要なのが地方移住や田舎暮らしの情報になります。

この情報があるとないとでは地方移住や田舎暮らし特有の「理想と現実」に戸惑い引っ越し後の失敗に繋がるので、いかに情報を集めるかが重要になってきます。

そんな情報が詰まっている雑誌が今回紹介する株式会社 宝島社から発売されている「田舎暮らしの本」になります。

そして毎年年始発売される号は「住みたい田舎ベストランキング」が特集されているので、このランキング上位の土地は地方移住や田舎暮らしの参考になる情報が満載でとても勉強になる一冊になっているので、私も毎年楽しみにしている1冊です。

「田舎暮らしの本」2022年2月号の詳細

出典:田舎暮らしの本 2022年2月号 宝島社

タイトル 『田舎暮らしの本』2月号

出版社 株式会社 宝島社

発売日 2022年1月4日(火)発売

価格 850円(税込)

発売場所 全国の書店やオンラインショップ

全国751市町村が回答。「旬の移住適地」がきっと見つかる!

2022年版 第10回「住みたい田舎」ベストランキング 編集部が作成した独自アンケートに、定住促進に取り組む市町村が回答。

住んでみたくなる魅力的なまちを、ランキング形式で発表します。

今年は回答市町村を人口別に5グループに分け、それぞれを「若者世代・単身者」「子育て世代」「シニア世代」の3世代別にランキング。

全国12エリア別のランキングも発表します!

出典:田舎暮らしの本 2022年2月号 宝島社

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!