スポンサーリンク

2021年新500円硬貨延期!?150周年記念貨幣の申し込み方法

スポンサーリンク

2021年新500円硬貨延期!?郵便制度150周年記念貨幣&150周年記念貨幣発行記念メダルの申し込み方法

スポンサーリンク

2021年度上半期発行予定新500硬貨

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

財務省は平成31年4月9日の発表した新500円硬貨です。

しかしこの新500円硬貨の発行の新しいニュースが入ってきたので、内容をまとめてみました。

新500円硬貨の発行を当初2021年上半期発行予定をしていましたが、発行延期の情報とそして気になる郵便制度150周年/近代通貨制度150周年の記念貨幣の申し込みなどを今回は紹介していきます。

新500硬貨発行延期

出典:財務省

財務省は2021年上半期発行予定で新500円硬貨の発行と発表していましたが、2021年1月22日(金)にこの新500円硬貨の発行を延期するとい発表をしました。

その理由は感染問題でいろいろな作業の大幅な遅れで、金銭機器の改修作業への影響により発行延期をすると決めたようです。

発行時期については、新型コロナウイルス感染症による金銭機器の改修作業への影響を踏まえ、上記平成31年4月9日の発表で目途としていた2021(令和3)年度上期を延期する方向で検討し、今後、状況を見極めた上であらためて公表いたします。

出典:財務省

今後の発行詳細も状況により変化があるとの事です。

新500円硬貨の詳細

・直径 :26.5mm
・量目 :7.1g
・素材:ニッケル黄銅、白銅及び銅
・品位 :千分中銅750/ニッケル125/亜鉛125

そこで気になるのは、新500円硬貨が発行された場合に今の現行の500円貨幣使えるのか?という疑問ですが、こちらは新500円貨幣が発行されても引き続き使用できるとの事です。

2021年6月21日(月)新500円硬貨の打ち初め式と新硬貨のデザイン&特徴

新しい500円硬貨の製造が2021年6月21日から始まり、埼玉県のさいたま市にある造幣局の支局にて新500円硬貨の打ち初め式が行われました。

これにより2021年11月から発行する新500円硬貨の流通がいよいよ動き出しました。

■新500円硬貨の特徴

1. 側面の溝の一部の幅や形を等間隔でない変化したデザインに変更

出典:造幣局

2.バイカラー・クラッド3種類の金属素材を使った「二色三層構造」

出典:造幣局

3. 硬貨の縁に微細な「500YEN」と「JAPAN」の文字入れ

出典:造幣局

4. 「500」の数字の中に「500YEN」と「JAPAN」の文字が鮮明に見える加工が施されます。

出典:造幣局

そもそも500円硬貨というのは、元からあった「500円紙幣」に代わって1982年に初めて発行されました。

今回の新500円硬貨は21年ぶりの変更です。

郵便制度150周年の記念貨幣

出典:財務省

■郵便制度150周年記念貨幣について

我が国の郵便制度が令和3年4月に150周年を迎えることを記念する「郵便制度150周年記念貨幣」

出典:財務省

郵便制度150周年記念貨幣の詳細

貨幣の種類:一万円金貨幣(一万円)/千円銀貨幣(千円)
素材:金 / 銀 (品位:純金 / 純銀)
量目:15.6g / 31.1g
直径:26mm / 40mm
発行枚数:2万枚 / 5万枚
申込受付期間:(商品発送予定時期) 2021年4月21日から3週間程度(2021年8月下旬頃から)
販売価格:145, 000円 /11, 700円(税込)

※本記念貨幣は、独立行政法人造幣局から通信販売で金融機関の窓口での引換えは行わない。

近代通貨制度150周年の記念貨幣

出典:財務省

■近代通貨制度150周年記念貨幣について

我が国の近代通貨制度が令和3年6月に150周年を迎えることを記念する「近代通貨制度150周年記念貨幣」

出典:財務省

近代通貨制度150周年記念貨幣の詳細

貨幣の種類:一万円金貨幣(一万円)/ 五千円金貨幣 (五千円 )/ 千円銀貨幣(千円)
素材:金 / 金 / 銀(品位:純金 / 純金 / 純銀)
量目:15.6g / 7.8g / 31.1g
直径:26mm / 20mm / 40mm
発行枚数 2万枚 / 2万枚 / 5万枚
申込受付期間:(商品発送予定時期) 2021年6月16日から3週間程度(2021年9月下旬頃から)
販売価格: 145, 000円 /76, 000円 /11, 700円(税込)

※2021年9月頃目途、商品発送予定時期を含む詳細は、独立行政法人造幣局より2021年6月頃公表予定
※本記念貨幣は、独立行政法人造幣局から通信販売で金融機関の窓口での引換えは行わない。

郵便制度150周年/近代通貨制度150周年の販売・申込方法と問い合わせ先まとめ

■郵便制度150周年/近代通貨制度150周年の販売・申込方法と問い合わせ先

郵便制度150周年記念一万円金貨幣及び千円銀貨幣は、金融機関等の窓口における引換えは行わず、独立行政法人造幣局からの通信販売となります。

近代通貨制度150周年記念一万円金貨幣、五千円金貨幣及び千円銀貨幣は、金融機関等の窓口における引換えは行わず、独立行政法人造幣局からの通信販売となります。

出典:財務省

郵便制度150周年記念一万円金貨幣及び千円銀貨幣

出典:造幣局

出典:造幣局

■申込方法の詳細
・2021年4月20日(火)17時以降から

造幣局のウェブサイトにて公表しました!

我が国の郵便制度が明治4年(1871年)に始まって、本年(2021年)4月に150周年を迎えることを記念して「郵便制度150周年記念貨幣」が発行されることになりました。

造幣局では、この記念貨幣を組み込んだ貨幣セットに係る通信販売の受付を明日4月21日(水)より開始します。

出典:造幣局

造幣局オンラインショップは4月21日(水)午前10時受付開始

出典:造幣局

詳しくはこちらの造幣局のホームページへ↓

https://www.mint.go.jp/

■販売・申込方法に関する問い合わせ先

・2021年4月20日(火)17時以降から

・造幣局ハローダイヤル
問い合わせ先:050-5548-8686

受付時間:午前8時~午後9時/年中無休

近代通貨制度150周年記念一万円金貨幣、五千円金貨幣及び千円銀貨幣

■申込方法の詳細

2021年6月15日(火)17時以降から

造幣局のウェブサイトにて公表しました!

https://www.mint.go.jp/

■販売・申込方法に関する問い合わせ先

2021年6月15日(火)17時以降から

・造幣局ハローダイヤル:050-5548-8686

・受付時間:午前8時~午後9時/年中無休

商品発送予定時期を含む申込方法等の詳細
・2021年6月頃に独立行政法人造幣局より公表予定。

※五千円金貨幣・千円銀貨幣の申込受付期間は2021年9月頃を予定です。

郵便制度150周年記念貨幣発行記念メダルの通信販売

出典:造幣局

我が国の郵便制度が明治4年(1871年)に始まって、本年(2021年)4月に150周年を迎えることを記念して「郵便制度150周年記念貨幣」が発行されることになりました。

造幣局では、この記念貨幣の発行を記念したメダルに係る通信販売の受付を明日4月21日(水)より開始します。

このメダルは、郵便制度150周年記念貨幣の発行を記念した純銀製(銀いぶし仕上げ)のメダル1枚を特製ケースに収納したものです。

メダルの表面は、一万円金貨幣及び千円銀貨幣の表面の図柄を配し、千円銀貨幣の図柄部分にはカラー印刷を施しています。

裏面には両方の記念貨幣の裏面のデザイン「旧東京中央郵便局入口」をレリーフ(浮き彫り)で表現しています。

出典:造幣局

詳しくはこちらの造幣局のホームページへ↓

https://www.mint.go.jp/

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!